読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン 過去編

初めての人

すーくん……? 「いくぞ?……まずは……“ソード”」 そう言うのと同時に一人の方に走り出した。すぐ目の前にとうちゃくすると、持っていた剣で、いっきにきりつけた。 「次。……あ、武器使いじゃん。長槍ねぇ……ちと、おれの方が不利かな? あ、関係ないか」 「っ!…

初めての人

……………うりゅうぅ………? 「……おはよう……すぅ」 すーくん、つかれてる? 「そう見える?」 見えるよ。 「はぁ……やっぱり? いや、大丈夫」 だいじょーぶに見えません。すーくん、なんかあったの?? そう言うと、すーくんはだまったままで力なく、くびをふる。…

初めての人

………すーくん。 「なんだ?」 どこまでいくのー? ずっと歩いてるよ? 「………まだ、二、三十分くらいなんだが。あー……飽きたよな、子供だもん」 つかれたよー…… 「あー……もう」 すーくんはそう言うとわたしのことをだきあげた。 ……だっこだ。 「すーくん……?」…

初めての人

うー……朝ぁ……? 「おはよう、すぅ。早速だけど水浴びするぞ」 水浴び……? あ、わたし、泳げない。それにお水こわいもん…… 「大丈夫、支えるから。てか、結構汚れてるから……綺麗にしないとな」 そんなこと……気にしたことなかった。気にするじかんなんてなかっ…

初めての人

―いなくなれ!― ―そーだ! 鬼の子!! 消えた方がいいんだよ!― ―こんな子……いなければよかったのに!― ―産むんじゃなかった……あなたを……産むんじゃなかった!―……う……また、この夢…… 「うぅ……いらない子……なの?」 わたしだってほしくてもってるチカラじゃな…

遠い記憶

「っ~!! あぁ!! ウザい……なんで、こっちがセーブかけなきゃならんのだ……別に構わないだろう? あちらだって本気できているのだから……」 ダメ、ダメなの!! だって……その…… い、痛いじゃん!! 「当たり前だろ。それが、バトルなんだから……というか、お…

遠い記憶

「しばらくはここにいても構わないだろう。少ししたらここを出よう」 うん、わかったよ。 ここは広い野原みたいだ。緑がとてもきれい。 「ふぅ……さて、どうするかな……お前はどうする? どうしたい」 え、どうしたいって……フォースと一緒に…… 「そうじゃない…

遠い記憶

なんで、こんなことになったんだろう? 私、何にもしていないのに…… どうして皆……争いあうの? 「フォース、フォース! ねぇ、起きてよー!」 「むぅ……まだ眠い……なんだよ?」 うっすらと目を開けた、一人のピカチュウ。その瞳は赤く、そして眠そう。 「もー…

ぼくのキモチ

君は覚えているかな。 夕日が綺麗でしゃぼんが飛んでいたあの海岸。 初めて出会った場所でぼくは約束をしたんだ。「君のことはぼくが守るよ!」正直、恥ずかしかったけど…… 君には笑われるかなって……それでも伝えたかったんだ。 いつもみたいに、変なの、っ…