satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

☆第2回 ゆるゆるトーク☆

ピカ「なにすんのー? 特にないんだけど」
イブ「同感でーす」
フォース「以下同文」
ポチャ「三人とも、やる気みせてよ~!」
チコ「ゆるゆるトークなんでいいのでは?」
ポチャ「そうだね……そうなんだけどね。今回は違うんだ!!」
ピカ「は? 何が?」
ポチャ「ゲストを呼んでるんだ♪ ピカたちが知ってる、彼らだよっ!」
ピカ「なんで、テンション高いの?」
フォース「知らね」
イブ「ゲスト……? お客さんですか? うわっ……なにもないですよ?」
ピカ「えぇ? いいんじゃね?」
イブ「ダメですよ! こういうときは、しっかり、おもてなししなくっちゃ!」
ピカ「……それ、遠回しに何か作れってこと?」
イブ「さすが、ピカさん♪」
ピカ「はぁぁぁ……何がいい?」
ポチャ「なんでもいいんじゃない?」
ピカ「じゃあ、作りかけのやつがあるから、それを完成させてくる……」

ポチャ「じゃあ、ピカがいないから、紹介しよう」
フォース「それ、いいのか?」
ポチャ「彼にとっては」
イブ、チコ「???」
ポチャ「じゃ、入ってきて!」
ツバサ「どうも!! 今回はお招きありがとうございます♪」
アラシ「はぁ……どーも……」
ポチャ「アラシ、とりあえずピカはいないから安心して」
フォース「そういうことかっ!!」
アラシ「よかったぁ……」
ツバサ「ピカさん、いないんですか? えぇ……残念です……」
イブ「後で来るから大丈夫だよ、ツバサちゃん!」
ツバサ「そうなの? やったぁ(*^▽^*)」
チコ「ピカさん、今、おもてなし用の物の準備中なんだ♪ きっと、お菓子だよ!」
ツバサ「わぁぁ! 楽しみっ!」
アラシ「っ!!………また、爆弾的なアレじゃないだろうなぁ……」
フォース「それはないはずだ。ラル自身、誰が来るかは知らないから……でも」
ポチャ「察しはついてるかも……(;・ω・)」
アラシ「っ~~!! 嫌だぁ!!(´д`|||)」
ツバサ「アラシ、何が嫌なの?」
アラシ「な、なんでもない……」
ツバサ「??」
ポチャ「じゃ、なにしよっか?」
ツバサ「はいはーい! 私、皆さんのこと知りたいです♪」
フォース「ネタバレがない程度なら……な?」
ツバサ「わぁい! じゃあ、ピカさんって探検隊のリーダーなんですよね? リーダーって、なにするんですか?」
一同「……………………」
ポチャ「イ…イブ? リーダーだよね?」
イブ「そうですが、全然……経験不足です。第一、チームでまだ探検してません」
チコ「ポチャさん、ピカさんの仕事ぶり見てますよね? どうなんですか?」
ポチャ「…………知らない(´▽`;)ゞ」
アラシ「直接、ピカに聞いてみれば? 後でくるんだろ?」
フォース「そうだな……」
ツバサ「じゃ、フォースさんって、いくつですか? この前……コメ欄の話の中で……」
フォース「えーっと……あぁ……ババァに小僧って言われたときか。……いくつにみえる?」
ツバサ「十五、六歳?」
フォース「じゃあ、それでいいや」
イブ「よくないでしょ、それ!!」
フォース「だって引くって、絶対……」
アラシ「言ってみなきゃ、わかんねぇよ」
フォース「……ネタバレだからハッキリはいえないけど、軽く千は越えてる」
ポチャ「本当に小僧って歳じゃない!! なんで? 実体がないから……?」
ツバサ「フォースさんって……何者ですか?」
フォース「本編読め」
イブ「適当すぎでしょ……( ̄▽ ̄;)」
チコ「あ、ピカさんだ」
アラシ「うぇぇっ!?」
ポチャ「驚きすぎでしょ、アラシ……」
ピカ「あー……アラシ君、ツバサちゃん、いらっしゃい。できたよ、プリン」
ツバサ「プリンですか! わぁ! 美味しそうです(*´∀`)♪」
アラシ「変なもの入ってないだろうな……」
ピカ「じゃあ、食べなくていいよ? つか、食わんでよろしい」
アラシ「ごめんなさい、嘘です」
ピカ「じゃ、後はよろしくね。ポチャ」
ポチャ「え、なんで?」
ピカ「仕事入ったんだよ……私だけでいいから、ポチャは皆のことよろしく」
ポチャ「あ、うん。………行っちゃった……仕事ってなんだろう? てか、誰に言われたのさ」
フォース「さぁ?」
ツバサ「ピカさん、忙しそおでふね?」
イブ「うぅぅん♪ おいひいです♪………なんだかんだ言って、リーダーさんですね。ピカさん」
アラシ「……あいつの後、追ったら弱味握れっかな……?」
ポチャ「仕事ぶりがうかがえると思うよ? 皆がいいなら、ついていこうか?」
アラシ「行くっ!!」
ツバサ「プリン、美味しいよ?」
イブ「私、パスです。行きたい人で行ってください」
チコ「イブ、冷たいんだけど(;・ω・)」
フォース「男性陣で行くか。すぅ達は、ガールズトークでもしとけ」
ツバサ、チコ、イブ「はーい!」



~あとがき~
次回はイブ達三人娘のガールズトーク☆ か男性陣のピカ(の弱味を見つけるため)尾行大作戦♪ のどちらかです。
最終的には、どちらも書きますが……
イクミ、どっちを先に見たい?
ピカ「ネタがないからって、これはどうよ?」
いいじゃないか、番外編なんだから(*´ω`*)
ピカ「……あっそう。ごめんなさい、イクミさん。こんな馬鹿の企画に付き合うことはないですからね?」
なんで、敬語? てか、この前は長々と付き合って……って、言ってだじゃん。
ピカ「それはそれ。今回は巻き込んだでしょ? 大切な閲覧者なのに……」
イブ「ピカさんも、そこは気にしますよね」
ピカ「まあねー。じゃ、次回は十五話突破か、区切りのいいところでやりまーす」
イブ「では!(*≧∀≦*)」
……あれ、イブちゃんにしめられた( ̄▽ ̄;)