satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第14話

「マジですか?」

「オーシャン、いいチーム名だね! じゃあ、これで登録しちゃうねっ!」
は、はい!
って、なんでピカさん達、耳を塞ぐんですか?……平然と、当たり前のように……え、なにが起こるの?
「ったぁぁぁぁぁああああ!!!」
うわぁぁ!! おっきい声っ!! 耳が、痛いよー……あー……だから、あの三人は耳を塞いだんだぁ……知ってたから……うぅ……まだ、キーンってなってる。
隣を見ると、チコちゃんも同じようになっていた。ふるふると頭を振っているし……
「はい、登録完了っ! じゃあ、これをあげるね♪」
プクリン親方様は、私達の前に宝箱のような箱を出してきた。
なんだろ……これ?
「開けてみて♪ きっと、役立つような道具が入ってるから☆」
は、はぁ……
言われた通りに開けてみた。すると、中から道具がいくつか出てきた。
親方様はひとつひとつ説明していく。
「このバッグは“トレジャーバッグ”! 道具を入れるためのバッグだよ。キミ達の頑張りで大きくなっていくんだ」
どんなシステム……?
「で、これは“探検隊バッジ”。探検隊という証だよ。ランクに合わせて変わっていくからね」
へぇ……
「最後にこれ! “ふしぎな地図”……説明しなくても、いいかな。地図なんだ。でも、普通の地図とは違うからね」
なにが違うのかな? そこの説明は、ないんですね……
「これは、ボクからのせんべつ!」
そう言って取り出したのは、スカーフとリボン。
「それじゃあ、頑張ろうね!」
は、はい!!
親方様は厳しい人かと思っていたけれど全然、そんなことなかったなぁ……むしろ優しそうだし……
厳しいって言ったら、ピカさんとケンカ?……していた、ペラップさんがそうかもしれないな。まだ、話してないけど。
「ピカ、何か話があるんだよね? 昨日言ってたよ、ジバコイルさん」
「あぁ……そうだった。ポチャ、イブちゃん達に施設案内してきたら? 私と親方様の話なんてつまらないし……」
そうなんですか?
「そっか。じゃあ、行こうか? イブ、チコ」
「はーい!」
私達は声を揃えて返事をした。
親方様はペラップさんの方を見る。
ペラップ、席外して?」
「わかりました。では」
あ、礼儀正しい。ピカさんに対しては上からだったのに……
私達はピカさんと親方様を残して、部屋を出てきた。そして、ペラップさんとも別れた。

ペラップ? ぼくらの先輩だよ……自称、一番弟子なんだってさ。まぁ……皆気にしてないけどね。ぼくらも呼び捨てだし」
トレジャータウンへ向かう道中で、ポチャさんに聞いてみたのは、ペラップさんのことだ。
理由は単純。ピカさんが“鳥”と呼んでいたから。
でも先輩なら、なぜ鳥呼ばわりなんですか?
「ぼくらがギルドに入って……一ヵ月くらいかな。重要な仕事だっ!……って言われて、食料調達に行ったんだ」
重要……なんですか? それ……
「うーん……まぁ、重要なんだよ。で、仲の悪い奴らに邪魔されて失敗」
えぇっ!?
ペラップったら、理由も聞かずにご飯抜きっ!……ってぼくらに言ってさ。いやぁ……食べ物の恨みって怖いよねー? ピカったら、敵意識しちゃって……まぁ、仕方ないんだけど」
食べ物の恨みは怖いですよね……わかります。でも、ペラップさんもちょっと、ひどいです……理由くらい聞いてくれたっていいのに……
「失敗したのは事実だしね。罰を受けるのは、当然なんだけど。でも、こたえたなぁ……一日一回のご飯だったし……」
一回……ですか?
「うん、一回。まぁ、朝から仕事行くから、その途中で食べてたけど……」
あらら……でも、バレません?
ポチャさんは、ふるふると首を振った。
「全然。ぼくらは依頼ばっかりやっていたから、外が多かったし……てか、先輩から教えてもらったしね」
あ、そうなんですか……
私達も依頼こなすのかな? だとしたら、怖いし、危ないんだけど。
そんなこと話しているうちに、何やらにぎわっているようなところに着いた。
「ここが、トレジャータウンだよ!」
おぉ! ここですかぁ……
いろんな人達でにぎわっているなぁ……なんだか、楽しそう。
「二人とも、こっちだよ」
あ、はーい!
私達はポチャさんの後に続いた。

「……………」
「…………ってことです。……親方様?」
「…………ぐぅ」
プクリンはいつからだったのか、寝ていたようだ。その様子を見たピカは、小さくため息をつく。
「こういう人だからなぁ……仕方ないんだけど……でも、いつからよ……どこから聞いてないんだ、この人は」
「…………はっ!」
「あ、起きた。親方……どこから聞いてませんか?」
たった今起きたプクリンに、とりあえず聞いてみた。すると、予想通りの答えが返ってきた。
「全部」
「もう一度……言いますね……今回のお尋ね者の件ですが」
ピカは最初から説明し直そうとしたのだが。
「うんうん! いいよ、こっちでなんとかするよ♪ 書類だけ頼んでいい?」
聞いてんじゃん……と小さく呟いた。やはり、読めない相手だな、と思ったピカ。
「あとあと、今回の春祭り、頼んでいい?」
「マジですか? 嫌です……と言っても無駄ですね……はい、了解しました。今回は誰でいくんです?」
うーん……と少しだけ、本当に少しだけ考え込み、ニッコリと笑いかけた。
「わかんない♪ 決まったら、知らせるね? じゃ、頼んだよ♪」
「は、はぁ……わかりました……失礼します」
ピカは、くるりと後ろを向き出ていこうとした。そんなピカをちょいちょい、とプクリンが止める。
ピカは、少しだけプクリンの方を向いた。
「オーシャンのこと頼んでいいかな? ピカ達の後輩だしね♪ 色々、教えてあげてよ」
「了解です。明日は“リンゴのもり”へいく予定ですが……どうします?」
リンゴのもり、という言葉を聞き、ピーンと耳をたてるプクリン
セカイイチ、よろしくね♪ オーシャンも連れっててさっ! セカイイチ♪ セカイイチ♪」
親方……セカイイチしか頭にねぇな。と思ったピカ。実際、そうなのだが。
「わかりました……では」
今度こそ、出ていく。後ろではやはりプクリンの「セカイイチ♪」と言っている声がしていた。ピカは苦笑しながら、部屋を出たのだった。



~あとがき~
予想以上に長くなりそうだったので、ここで切りました。ってことで、トレジャータウンの施設案内は次回!……この前も行く……と言っていましたね……ほんと、あてにならないな……書いてる私が言うのもなんだけど。
プクリンのキャラはここでも健在です。
時、闇、空の探検隊の世界がモチーフなので。まぁ、結構変えてるよね……

では、本当に次回はトレジャータウンへ!
ではでは!( *・ω・)ノ