satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ピカ・ポチャのトーク~過去ネタ紹介~

ピカ「………さて、なにから話す?」
ポチャ「特にないよね?」
ピカ「ない……かな」
ポチャ「うーん……どうしようか……」
ピカ「ギルドにいた頃はなんかあったっけ?」
ポチャ「……あー……皆で色々やったね。怖い話とか、お花見とか」
ピカ「だねー……楽しかったな。んまあ、だからといって面白い話ではないね」
ポチャ「………そうだね」
ピカ「卒業後は……あ、ポチャにお見合い話なかった?」
ポチャ「あったな……それ。“こだいのいせき”の探検が終わった後の話だね」
ピカ「ビックリしたよ……ポチャを探しに行った海岸で私になんて言ったよ、君」
ポチャ「あれは……必死で!」
ピカ「必死でもあれは……恥ずかしいでしょ」
ポチャ「結婚なんてしたくないもん……知らない相手だよ!? 『結婚前提にお願いいたします』……だよ!? 頭おかしいでしょ」
ピカ「ま、頭おかしいかは知らんけど……否定するのはわかるよ」
ポチャ「ピカがきてくれてよかったよ……言い訳できたし」
ピカ「んー……でもさ、あの言い訳はないね。私を指して……『ぼくはこの人と結婚してるから!』って」
ポチャ「忘れてよぉ!!////」
ピカ「無理言うなっての! 面白い話ではあるし、恥ずかしいけど楽しかったし」
ポチャ「うぅぅ~/////」
ピカ「いやぁ……ポチャのこと、『あなた♪』って呼んだんだよね……あははっ( ´∀`)」
ポチャ「笑わないでよ!」
ピカ「だって……あれは……笑える……自分で言っといてあれだけど、心の中は爆笑もんだよ」
ポチャ「っ!!!Σ( ̄□ ̄;)」
ピカ「ポチャ、いつも以上に顔赤くなってさぁ……」
ポチャ「だっ……そこまでやるとは……」
ピカ「そこまでやらないと騙せなくない?」
ポチャ「それは……そうかもだけどさ」
ピカ「あなたっ!……とか言って抱きついてみればよかった?」
ポチャ「!!!Σ(///□///)」
ピカ「ポチャ、なに赤くなってんの? するわけないじゃん。恥ずかしい」
ポチャ「ですよね……」
ピカ「仮にポチャと結婚したとしても、呼ばないから安心しろ」
ポチャ「ぼくはなんて呼べば……」
ピカ「今まで通りでよくね?……ってか、しないからね」
ポチャ「それはそれで悲しい……」
ピカ「今のままじゃって意味だよ」
ポチャ「か、可能性はあるの?」
ピカ「…………なくはない」
ポチャ「!!!Σ( ̄□ ̄;)」
ピカ「ポチャ、固まっちゃった……」
ポチャ「……だっ…だって、ピカ……その……えっ?!」
ピカ「私がポチャのこと、嫌いだと思ってた?」
ポチャ「そ……そんなこと……」
ピカ「ポチャのこと、嫌いじゃないよ。てか、好きだよ?」
ポチャ「っ!!!Σ(//□///)」
ピカ「あ、恋愛感情とかじゃないからね? 友達としてね」
ポチャ「あ………そういうこと……」
ピカ「なにホッとしてんの?……ポチャは私のこと、嫌い?」
ポチャ「嫌いなわけないよ!! てか……」
ピカ「?」
ポチャ「好き……だよ」ボソッ
ピカ「え? なんか言った? もっかい言って?」
ポチャ「と……友達として、好きって言ったんだよ!!」
ピカ「そっか♪」
ポチャ「うん……(;´∀`)」
ピカ「……? ポチャ?」
ポチャ「なんでもないよ」
ピカ「そう?……まぁ、話戻すけど。多分、ポチャのお父さんにはバレてるよ」
ポチャ「父さんに?……ピカと……その、アレだってこと?」
ピカ「うん。夫婦じゃないって知ってると思うよ。お父さん」
ポチャ「ピカ……さらっと言わないでよ……」
ピカ「えー? いいじゃん」
ポチャ「よくないよ……じゃなくて、なんで父さんが知ってるのさ」
ピカ「言われたもん。夫婦じゃないだろう……ってさ。いやー……大人って鋭いのかな? バレバレだったみたいよ?」
ポチャ「うぇ……でも、なんで見逃したのかな」
ピカ「さぁ? 知らない。ポチャの方が詳しくない?」
ポチャ「ぼくに干渉しない人だったからね。特に思い出もないし……」
ピカ「ふうん?」
ポチャ「えっと……他にはあったっけ?」
ピカ「うーん……あ、フィっくんの“ハートスワップ”じゃん?」
ポチャ「あっ! 入れ替わった……あれ? 確か、ピカとぼくが入れ替わったんだよね」
ピカ「そう。びっくりしたぁ……」
ポチャ「ほんとだよね……まぁ、時間がたったら戻ったけど……」
ピカ「もういいや。やりたくない」
ポチャ「わかるよ。……あとは……風邪ひいたね。お互いに」
ピカ「私が先だったっけ……いやぁ……ポチャ、焦ってたねぇ……?」
ポチャ「誰だって焦るよ! あの状況は! そういうピカだって……ぼくのこと、看病してくれてたじゃん」
ピカ「げっ! 覚えてたの?」
ポチャ「当たり前だよ。心配そうに見てたでしょ?」
ピカ「み……見てないもん……」
ポチャ「後で聞いたよ。一日中、看病してくれてたって」
ピカ「………っ! 誰から聞いた?」
ポチャ「内緒!」
ピカ「……リムか……」
ポチャ「……!Σ( ̄□ ̄;)」
ピカ「わかりやすいな……ポチャ」
ポチャ「なんでわかったの?」
ピカ「ポチャだから……かな」
ポチャ「ぼくって、そんなにわかりやすい?」
ピカ「うん、ものすごく」
ポチャ「………( ̄~ ̄;)」
ピカ「他はなんかあったかなぁ……?」
ポチャ「特には……もう、いっか。帰ろう……なんか、色々思い出して……恥ずかしくなってきた……」
ピカ「そだねー……また、思い出したらでいっか!……またなんてあるの?」
ポチャ「なくていっかな!」
ピカ「だよねっ! よし、帰ろう♪」
ポチャ「おー!……あー疲れた……」
ピカ「ほんとだよ……あ、ここまでありがとうございます♪ 今後もよろしくお願いしますねっ!」
ポチャ「では! 本編、番外編で会いましょう♪」
ピカ、ポチャ「ばいばーい!(*・∀・*)ノ」



~反省会(あとがき)~
ピカ「終わったのに……飲み会?」
ポチャ「作者のおごりだよ……ジュースだけど」
ピカ「せっかくちゃんとしめたのにね」
ポチャ「それは同感。ピカらしくない感じで頑張ってたのに」
ピカ「らしくないは余計だ」
ポチャ「ねえ……帰ってもバレないよね」
ピカ「あら、らしくないね?」
ポチャ「だって、恥ずかしいんだもん……逃げたい」
ピカ「確かに。よし、帰ろu…」
おらおらぁ! 帰ろうとすんな! そして、勝手にしめるでないわ!
ピカ「あー……いたんだ。気づかなかった♪」
うぐぅ……そんな笑顔で言わなくても……
ポチャ「ピカ! それは、ちょっとひどいよ」
ちょっとか……( ̄▽ ̄;)
ポチャ「あ……!Σ( ̄□ ̄;)」
ピカ「ポチャが言うと、聞こえ方が違ってくるよね……普通より、ひどく聞こえる」
普段はそんなことを言わない人が、言うと何倍にもひどく聞こえる法則だ。
ポチャ「そんな法則、ないよ!!」
ピカ「あれだよ。ド〇えもんの映画版ジャ〇アンの法則の応用編だ」
ポチャ「なにそれ!? 初めて聞くよ」
普段はひどいことするヤツが、いいことするとそれがどんなに小さな事でも、いいヤツに見えるという……あれだ。
ポチャ「説明ありがとう! でもここでその話しないでよ!! 言いたくないけど、ポケモンだからね!? ここは!」
そんなのどうでもいいのだよ。ポチャ君(´▽`*)
ポチャ「よくないよ!! ピカもド〇えもんとか言わないの」
ピカ「えー? いいじゃん。ド〇えもんのポケットほしくない?」
ポチャ「あったら便利だよねー……じゃなくって、ピカ!! ダメだって!」
ピカ「むー……( ・ε・)」
あー……今回はありがとうね~
ピカ「うわっ……素直な作者、キモい」
そんなこと、言わないでよ!!
ピカ「ほんとのことだし?」
あう!Σ(T▽T;)
ポチャ「もう、帰っていい?」
えー?
ポチャ「ぼくら暇じゃないから」
ピカ「ポチャがなんかひどいヤツに見えてきたww」
ポチャ「えっ!?」
ピカが言えば、普通なのかもね。あ、でも……仕事したがらないピカが言っても変か。
ピカ「なにそれ、ケンカ売ってんの? 買ってあげようか? 私、負けないけど」
ごめんなさい……なんでもないです。
ポチャ「あ、そうだ。勝手にしめようよ、ピカ!」
ピカ「はいはーい♪」
えっ……!? ちょっ…まって!
ポチャ「では、ここまで見てくださりありがとうございます♪」
ピカ「これからもよろしくお願いしますねっ!」
あの……すいませーん……?
ピカ、ポチャ「ばいばーい(*・∀・*)ノ」
あぁぁぁ!! またやられたぁ!!Σ( ̄□ ̄;)