読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

初めての人

ポケダン 過去編

ごめんなさい! だから、もうやめ…
―謝ってすむ話じゃない……なんでお前が……―
いたいよぉ……やめて。
―“強き力”の能力者なんだろ?……痛くないだろうが―
…………うっ。
―泣くなよ? バレるだろ?―
…………はい。


ふにゅ………う。
ゆめか………まだ、朝はやいかな。
となりにはすーくんがねてるけど、たいせいは座ったまま。少しはなれたところにエレルさん。
「ふぅ………だいじょうぶだった」
「…………? なに……」
あ、おきた……
「なんだよ……まだ早いじゃん……すぅ?」
………すーくんのとなりいい?
「いいけど……どうした?」
「ゆめ見た」
「夢?………怖かったのか?」
………うん。
「………そっか………ま、しゃーないな。まだ日が浅いし、ゆっくり忘れてけ」
うん。
「………すぅ。おれさ……お前のこと護るから。絶対に……だから、もう泣くな」
すーくん……?
「もう、やめにしてやるよ。今だけ……逃げ回ってるけど、それもやめるから」
…………?
「ま、要するに心配すんなってことだよ」
うん。
ねぇ、すーくん。
「なんだ?」
エレルさんがね、すーくんのこと……なんだっけ……あい……あいら……?
「……I love you?」
それ! どういう意味?
「ちびっこの前でなに言ってんの……意味……は、“私はあなたのことが好き”って意味だよ……友達感覚で言うもんじゃねぇな……これ」
そーなの? 私もすーくんのこと、好きだよ? 大好きっ♪
「…………!!」
「だから……あい…らぶゆー?」
「すぅ、あのな……簡単に言う台詞じゃないんだよ……むやみに使うなよ? 絶対に! 特に異性に!」
いせー?
「でも、すーくんのことはほんとだよ?」
「わかった! わかったから……うん、ありがとう……使うなよ?」
えー? どして?
「じゃあ、意味がわかるまでおれに言え! その方がましだ」
うん♪
「………あれ、なんかおれ、馬鹿みたいなことしてないか?」
すーくん、好きぃ!
「ありがとう……だから、もういい! 言わんでいい」
えー?
「うぅ……あさぁ……?」
あ、エレルさん。
「まだだ」
「あ……そぉ……おやすみぃ……」
「はい、おやすみ」
エレルさん………?
「おまえも寝とけ。おれが傍にいてやるからさ」
うん……わかった。
すーくんのとなりにいるとなんだか、安心してイヤなゆめもみなかった。

「…………違う」
「なにが?」
「丸見え……隙だらけ」
ふぎゃぁ……とエレルがうなる。フォースは、片手に剣を持っていた。一方のエレルは双剣を。
二人は今、剣での手合わせをしていた。しかし、エレルが押されまくり、フォースの圧勝が続いていた。
一方ステラは起きる気配がなく、寝ている。
「うぅ……フォース、普段から使ってるんじゃないの? 剣術」
「危ないから使わない。てか、エレルの剣術さ、単純なんだよなぁ……どこに撃つかわかる」
「ええっ?! うっそ!!」
「直したら方がいい。ま、エレルの剣術は速さしか取り柄がないが」
「きゃうぅぅ……」
「もうやめるか?」
うぐっ……と詰まる。
「や……やる……」
「じゃ、もう一回……こい」
キッ、と構え走り出した。フォースは構えることなく、立ち向かう。真正面に突っ込んだ、エレルは剣を振り上げた。
「おりゃあ!」
「甘い! 横があいてんだよ!!」
「え……あぁぁぁ!!」
フォースは、エレルの脇腹に当たらないギリギリのところで止める。
そして、フォースは持っていた剣を消す。
「はい、アウト」
「ま……参りました……フォース、落ちてないね? 私、いつも使ってるのに……フォースに勝てない」
ぐーっと背伸びをしていたフォースは、ぴたりと動きを止める。そして、ふぅーと息を吐きながらエレルの方を向いた。
「エルにやられたら、おれはマスターにどつかれるな。勝たせないよ」
「ぶー……手加減してよ」
「してるさ……手加減。大体な、お前の得意分野だろ? 頑張れよ」
「手加減しててあれなのぉ……うぅ……心折れるよ」
ははっと笑うフォースを横目にふくれるエレル。
「ま、よくなった方だよ?……多分な」
「フォースって、優しいけど……ひどい」
「意味わかんね。さて、まだやるか?」
「もう、参った!……今度やるよ」
「またの挑戦お待ちしています♪」
にっこりと笑い、そう返したフォース。エレルはひどい、と一言もらす。
「ははっ! いや、悪い。わざとじゃないんだよ?」
「………ほんとぉ?」
「本当だよ」
「信じられないよ……フォース、嘘つくもん。くだらない嘘が上手だよね?」
なんとも言えない表情のフォース。エレルは、えへへ♪……と勝ち誇った笑顔。
「……くだらない……ねぇ」
「ここぞ!……というときには嘘つけないじゃん? ま、フォースがある意味、正直者ってことだよ♪」
「嬉しくないな……それ」
少しだけ不機嫌そうな顔になったフォースを見て、クスクスと笑っていたエレル。そこに、フォースが不意打ちを仕掛け、仕返しをくらった。
フォースは、不意打ちをくらい倒れているエレルに冷めた目を向ける。
「フォースさん、ごめんなさいでした……もうしないです……はい。なので、そんな目をしないで頂きたいです」
「そう思うなら、態度で示せよ?」
「はぁい………いえ! 了解でありますよ! はい!」
「すぅ、朝だぞ。起きろ」
エレルの返事を聞きながらステラを起こしに行く。
「ふにゅ~……う? あ、すーくん、おはよー」
「おはよう。寝れた?」
「うん! ありがとー♪」
エレルは首をかしげる
なにかあったのだろうか……と考えたが、考えたところでわかるはずもなく。
「すーくん、だい…」
「あぁぁぁ! わかった! 知ってるから、朝から言うな!……言えと言ったのはおれだけど……言うな」
不思議そうに首をかしげる。エレルも同じような反応を示した。
「でもでも、ほんとだよ?」
「エルいるから……ダメ」
「そーなの??」
「二人のときにしろ……いいな」
「わかった!」
話がつかめないエレルに対して、ステラはニコニコしている。フォースは朝から疲れた表情を浮かべていた。
「今日で終わりにするぞ、エル! すぅ!」
「はーい」
「すーくん、なにを??」
「……すぅはいいよ」
ハテナマークを浮かべ、少しだけ首をかしげる。そんなステラを見てエレルは、かわいいなぁ……と場違いなことを考えていたら、フォースに後頭部を叩かれた。
「いったぁ……フォース、ひどい」
「いらんこと考えるからだ」
「フォースだって、かわいいなぁ……とか思わないの?」
「思わねえよ……別に」
この反応…照れてる……とフォースに聞こえないように言ったが、バッチリ聞こえていたようで、先程より強く叩かれた。
「いっ……いったい!! もう、正直者って言ったの、撤回!」
「好きにしろ」
「ふたりとも、どうしたの?」
「なんでもない。気にするな」
エレルは、なんとなくフォースの変化を感じた。あのことがあってから、フォースはかなりヤバかった。精神的にも、性格的にも。
その変化が嬉しくなり、ニコッと笑いながらステラとフォースに向かった。
「さてさて! 今日は飛ばすよっ!」



~あとがき~
あ、更新早いと思った方。
これ、ためてるんですよw
次の次で完結かな!

イブ、衝撃発言その1w
これからどんどん増えていくことは、明白ですね♪ そして、あの発言に続く……w
フォース「ネタバレメモ見た人はわかるよな?」
イブ「いやぁぁぁ!!」
無邪気♪
フォース「無邪気と言えばなんでも許されるのか……」
さぁ??

イブの夢に出てきたのは、多分お父さん?
お母さんは……見てるだけかしらね。
イブ「…………そうだけど」
虐待はダメよ!……書くなって話だけど。ま、細かくやってないし……したくないので、書きません。だって、イブがかわいそうだもの。
フォース「なら、そんな設定にすんなよ」
…………仕方ないじゃないか!
イブ「!?Σ( ;∀;)」
フォース「…………(¬_¬)」
う……Σ( ̄ロ ̄lll)

次回、ちょっとだけイブの両親だして……
台詞はないです。種族だけ出しますね。
では!

追記
ブログのアクセス数が2000越えてました。
ほとんど私だ←
あと、記事がこれで50個目でした。
これからも頑張ります(。・ω・。)ゞ
………全然、気づかなかったな(´・ω・`)
それでは!