satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第24話

「手伝うよ」


「へ……後ろ?……!」
ラルに言われ後ろを振り向くが、少し遅かったようで、ドンッと突き飛ばされた後だった。ドサッとラルの前に倒れる。ラルはティールが目の前に倒れたのも気にせず、相手の方を睨む。
「……誰、貴方達」
「おー……これこれ♪ 貰っとくぜ。弱虫クン♪」
そう言いながらティールの物であろうものをヒョイと拾ったのはズバット。その近くにドガース
ズバットが拾ったのはおそらく石のようなものだが、ラルにはよく見えなかった。
「質問に答えて」
短く、相手に投げつける。なぜ、ここまでズバット達に突っかかるのかラル自身わからなかったが、多分、怒っているのだ。
ピカチュウ……? 珍しいな……でも、お前に関係ないぜ? じゃーな、弱虫クン」
ピューっと海岸近くの洞窟に入っていたのを黙って見送るとティールを目線を戻した。ユサユサと体を揺らす。
「ティール……? 大丈夫?」
「う、うん……どうしよう……盗られた……あれは…」
ラルは小さく首をかしげた。そんなに大切なものだったのだろうか、と思いながらティールを見た。そして、ズバットたちが行った方を見る。
「……あいつらは……あっちだよ」
すっと先程の洞窟を指す。ティールはそれを見るなりビクッと体を震わせた。
「あそこは…………ラル、ほんとにあそこに入っていったの?」
「うん……そうだけど」
「ラル、手伝って! ぼく一人じゃ……お願い! 手伝って」
「手伝う……? え、でも、私」
人間だったのに……とは続けなかった。
「お願い。戦えばわかるから!」
そんなものだろうか、と不思議に思ったが納得するわけにもいかない。
「無理……無理だよ」
「……お願い。ラル……あれ、ぼくの大切なものなんだ」
「…………わかった。手伝うよ」
真剣に頼まれたために嫌だ、とは否定出来ずに承諾した。戦い方も技の出し方もわからないままで大丈夫なのか、という疑問は考えないように。
「ありがとう! ラル!」
ティールの笑顔を見たラルはなんとかなるか、となぜか思ってしまう。
「ティール……行こう、こっちだよ」

―かいがんのどうくつ―
「ここは……?」
「ここはダンジョンだよ。入る度に地形が変わるんだ。あ、敵も襲ってくるから気を付けて」
敵、という言葉に少しだけ反応を示したラル。何か理由があるのかは本人にもわからなかった。
「敵……?」
「最近、おかしいんだよね……ま、この話は後でね。とにかく、敵はあいつらだけじゃないってことだよ」
「わかった」
それだけ知れればいい、とでも言うようにティールから目線を外した。
バッと、ラルたちの前に出てきたのはサニーゴ二匹。
「うわぁぁ! ビックリした!」
「……………ほんとに出た」
二人の温度差はともかく……
グッと攻撃体制のサニーゴに先制をしかけたのはティールではなく、ラルだった。
「……ってあ!」
バチン、と尻尾で叩きつけ一体を倒した。ティールもその後に続くように一体を倒す。
「……ラル、ほんとにニンゲンだったの? 凄くなれてるみたいだったけど」
「体が勝手に反応した」
さらり、とティールの疑問に返答した。感情のこもっていなかった声だが、一番驚いているのはラル自身だろう。
「……これがポケモンというものか。うん、悪くない……かも」
「ラル、どうしたの?」
「……ポケモンというものに感激してた」
「そ、そっか……なれたのかもね。めちゃくちゃ早いけど。でも、それならよかったね!」
うん、とうなずき、さらに奥に進んでいった。



~あとがき~
まだまだ、続く!
前回の予告通り…ラルこと、ピカの性格ですけども……
過去は冷静沈着で余計な感情を表に出さない。しかも、周りのことはあまり興味なく、協調性に欠けるピカ。対して今は明るくドSな部分を持ち、悪く言って嫌な性格。それでも、周りのことを絶えず気にしていて、優しいところもあるピカ……
皆さんのお好みはどちらですか((殴
私は今のピカが好きですよ。だって、一番乙女…
ピカ「作者ぁぁぁぁ(*`Д´)ノ!!!」
ごめんなさいぃぃぃ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

今の話の中のピカは冷静沈着過ぎる。ある意味、怖いです。そこまで、長い間でもないんですけどね。一時的ってやつです。でもまー……キレたら冷静沈着に多分なるだろうな、現在のピカも。
結果的にどちらもピカに変わりはないのだけども。あ、段々とピカも元の性格…人格ですね。取り戻すので結局、ドSピカになるのだけど!
そこまでドSな部分を出す気はないのだけどなぁ……番外編とかでは出したいですね。
コメディ風なとことか。

次回は取り返しますよ!

ピカ「散々、私のことバカにされたぁぁ」
ポチャ「ピカのことが好きなんだよ!」
ピカ「キモい……」
ポチャ「ピカ、作者に失礼だよ。出番、減るよ?」
ピカ「それはないよ。だって、メインキャラだもん、私」
ポチャ「そうなんだけども!……台詞とか減らさせる…」
ピカ「そっちか!!Σ( ̄□ ̄;)」
ポチャ「そっちだよ(;´∀`)」
ではでは~ (*・∀・*)ノ
あ、ピカの台詞とかは減らないよ。めんどいし、ピカいないとつまんないし。
ピカ「…………なんか、ごめんなさい」
いーよー? そんなピカも好きだからね♪
ピカ「!!Σ(///□///)」
ポチャ「ピカ?!」
うふふー……ピカ、かわいいねぇ♪
ピカ「うぜぇ……!」