satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第1話

~前回までのあらすじ~
ライ、ノア「………ねぇよ!」
おうふっ……Σ(°p°C=(△´


「はぁ………なんで、こんなことになってるんだっけっ!!」
ダッ、と踏み込み、一気に加速する。先程から走っているが、疲れた様子も見せず、喋りながらの走りだ。
見た目は普通のイーブイだが、一ヶ所だけ違うのは、右目が赤く、オッドアイという点だ。そんなイーブイの少女…ノアは、ダッシュで、森のなかを駆けている。
別に彼女自身、好きで走っているわけではないのだが。
「そりゃ、悪いことしたから、追いかけられるんですって♪」
そんな、ノアの背には普通のヒトカゲの少女が、涼しい顔をしてそう答えた。
彼女…レアは、ノアのような、変わった特徴はない。それでも、こんな状況で、涼しい顔で人の背に乗っている時点でおかしいが。
ノアはすかさず、突っ込みを入れる。
「違うよね? あっちが悪い人たちだよ!?」
「そーなんですけどぉ……でも、仕方ないじゃないですか♪ 敵さんに見つかったんだから」
「誰のせいだぁぁぁぁ!!」
「私ですよ。しかし、後悔はしていない。もちろん、反省もしない」
背に乗っているレアの姿はノアには、見ることはできない。しかし、レアはドヤッ!…という顔をしているだろう、とノアは、感じた。基本、反省などしないのが、レアである。
どうしょうもないこの感情を走ることで、消化しようと更にスピードを上げようとした。
しかし、それは叶うことはなく。
「いっ!?……げっ……行き止まりぃぃ」
「崖ですね。……ここって、どこでしたっけ?」
「森の中……のはずだけど……え、なんでこんなのあるわけ?」
「うーん?……あ、地割れですか?」
「んなわけあるかぁぁ!! 大体、うちのリーダーはどこよ!!」
レアは、にっこりと笑う。
言わなくてもわかるでしょう?……と、言いたげな顔。
「……敵陣に乗り込んだのね、あの人」
「はい♪ 『ちょっと、ボスを倒してくるー』……と眠そうでした」
「寝不足だもん」
「昨日も寝てませんよ、ライくんは」
ライ、という名前が出てきたことにより、自分達のおかれた状況を隅においた。そして、ノアとレアは、自分達のリーダー、ライの話をし始める。
「はぁ……睡眠は大事なのに」
「削られてる……が、正しいですけどね。本人の意思じゃありませんもん」
「そりゃ、そうでしょうよ。ライったら、なんでも出来ちゃうからダメなのかな?」
「いえいえ……親方が、強引な方なのですよ。この前のレポート、ライくんがやってました」
「うわぁ……マジか。どうせなら、あたしのもやって欲しかったわ」
ふぅ、と息を吐く。
と、そこで、自分の状況を理解した。
「………レアさーん、周り、どうなってますかね」
「私、ワカリマセーン」
「……ふふっ。あーあ……どうしましょっか」
ノアとレアの周りには、敵、と思われる人たちが二人を囲うように、立っていた。
見なくてもわかるだろう。そう、怒っている。
目の前は崖、後ろは敵たち。完全に退路を断たれた。
「おい、お前ら! 逃げられると思うなよ!!」
「小娘の分際で、俺たちに手を出したことを後悔させてやる!」
小娘、という言葉を聞き、二人は先程のどうしよう、という気持ちは消えていた。
「ノアちゃん、この人達、バカにしましたよ。女の子のこと、バカにしました」
「そうねぇ……したね。どうしてやりましょうか?……いや、わかりきってるわね」
「そうですね♪……ここで何かやっても、ライくんの責任ですし!」
「確かに……レア、行くよ!」
「了解です。何してもいいんでしょう?」
「うん。だって、ライが責任とるからっ!」

責任をリーダーである、ライに押しつけ、二人は一気に敵陣へと乗り込んでいった。その頃、パートナーたちの行動は知らず、ライはボスである相手と対峙していた。
「くそっ…」
「探検隊、チームライン。リーダーのライだ! 逃げられると思うなよ」
「チィ……女みたいな格好しやがって」
「…………」
ライの見た目はというと、ピカチュウの少年。左耳の方にくせっ毛、首周りもくせっ毛がある。更に、両耳とも垂れ耳で顔立ちも少し、女性よりな彼は、相手のその答えを聞き、過敏に反応を示す。
ふぅ、とため息。
そして、一気に相手の方へ走りだし、“アイアンテール”を撃ち込んだ。
「誰が女だ、誰が! 好きでこんな格好するかっ!!」
そう訴える彼だったが、その相手はすでに気絶しており、聞いていなかった。
ライはそのことに気づくと、先程と同じようにため息をつく。
「はぁ……あいつら、変なことをしてなきゃいいけど。責任問題が俺に回ってく……」
急に話すのをやめると、下を見る。
しばらく、一時停止状態だったが、探検隊バッジを取り出すと、気絶している相手に向ける。たちまち、相手は光に包まれ、姿を消した。それを確認すると、ダッ、と走り出した。
「……ダメだ。暴れてる画しか出てこねぇぇ……まずいって、まずいって! 前にも始末書書いたぞ? あいつらのせいで、親方にも怒られたんだけど。なんで、俺だけなんだぁぁぁぁ!!! ノアとレアにも怒れよぉ!……あ、逃げたんだっけ」
走りながら、パートナーである、ノアとレアの顔を思い出す。「責任をとるのは、リーダーだぁぁ!」とか、言って暴れているに違いない。
「早まるな、マジで!!」

「ふぅ……ドヤァ♪」
「あー、楽しかった。レア、こいつらのこと、いじってないでしょうね?」
「もちろん。色々な弱点を突いてやりました♪ 楽しかったです」
「その弱点って……」
「人の弱点と呼ばれる部位ですけど」
あぁ……とノアは納得。
この行動で察してるかもしれないが、レアはドSである。言葉ではなく、物理的な意味で。言葉の重圧もあるのだが。
毒舌なときもなくはない、レア。
「い、いや、まあ……解剖的な部分には出てないよね」
「え、やってもよかったんですか?」
「流石にダメよ!? ダメに決まってるじゃない!」
「ですよねぇ……うー、解剖したかった」
そして、くるり、と辺りを見回す。
「見事に女の子にやられましたね、彼ら」
「そうね。……ざまぁ」
「女の子、バカにした罰です」
そう言う彼女たちの周りには、先程の敵たちが一人として残らず、地面と顔を合わせている。
つまり、全員ぶっ倒れている。
二人はちょこん、と座り、話し込んでいた。ちなみにここまでにかかった時間は、十分もたっていない。
二人はライの帰りを待ちながら、ガールズトークを繰り広げるのだった。



~あとがき~
本来、うごメモで漫画にするはずのこの話。だが、しかし。うごメモで連載はきつい、と感じたので、予定変更。
空と海が終わってから、と思っていたのだけれど、書いちゃいました。
更新率は、一ヶ月に一話、と考えています。私の気分で変わりますけどねっ(*´∀`)♪

ライたちのチーム名は初公開ですね。“ライン”と言います。
線のlineですね。

次回、ギルドに帰れるかしら。

ノア「まさかの展開ね」
レア「そうですね」
ライ「そんなことより、お前ら、始末sy…」
ノア、レア「……………(ー_ー;)」ふいっ
ライ「無視すんなよ! お前ら、自分で書け!」
ノア「ちょっと、言ってる意味がわからないかなぁ」
レア「ワタシ、イッテルコト、ワカリマセーン」
ライ「うぜぇぇ!!!(`ロ´;)」

話の最後にミニキャラトークを書いていこう。
ではでは♪