読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第5話

~前回までのあらすじ~
ライ「今回も空と海のネタバレを含みます。閲覧にはご注意ください」
レア「なので、あらすじとか言えませんよね?」
ライ「…………まあ、そだな」
あ、そっか………?!
ライ「作者、今気づいて…」
始まるよぉぉぉ!!!


「一人でやってる……? チームがありますよね?」
「あぁ。でも、スカイって、チーム内でも役割分担?…みたいなことしているチームで……個人活動を取り入れてるって」
ふーん、とレアが納得。
スッ、とショウがパソコンの画面から離れ、自分のベットへと移動した。
「確か、今現在のチームリーダーは、ポチャ…大海のポチャですね。海の国の第一王子の……いや、でも、噂では王様になる権利を放棄したらしいっす」
「王子様?! 王子様が探検隊やってたんだぁ……え、でも放棄?」
ノアも知らなかったのか、反応を示した。ライは元から知っていたのか、自分の状況に対応するのに気にしてないのか、反応はなかった。
「はい。噂ですけど」
「へぇー……それは、初耳だな、あたし」
「でも、今回の遠征には参加しないんですよね? ライくん?」
「…………あ? そうだけど」
「まあ、一度お目にかけたいですね♪」
「そだな。……興味はないけど」
「……私もどうでもいいわ」
雅はそう言うと、もといた場所に戻った。レアとノアもとりあえずは、ライのそばから離れる。
「………スカイ、か」
スカイのリーダーである、ピカは同じピカチュウ。相手は女の子とはいえ……
「なんか、親近感が……な」
しかし、今は行方不明とあり、色々な説は言われていた。
どれも定かではない、とライは思っている。一番有力な死亡説にしたって、死体が見つかっていないのだから、わかるわけがない。消滅とか言われてもピンとこないのだ。
と、なれば、まだ生きている可能性もぬぐえない。と、前に親に言ってみたことがあるが、興味はない、と言われてしまった。
生きているのであれば、会ってみたい……というのが本音である。
しかし、行方不明から、十年以上経っているようだから、微妙な感じだ。
「雷獣のピカ……か」
そう呼ばれた彼女は一体、どんな人だったのだろう。それを考えたって、ライにわかるわけがないのだが。

「イーブー? はーやーくー!!」
「わかってるよー……でも、久しぶりだよね、ポチャさんと会うの」
そう言いながら、歩くのは、首にリボンを巻いた垂れ耳のエーフィのイブである。先にいるのは、首にスカーフを巻いたメガニウムのハーブだ。
「ほんとだね。まあ、今回の遠征は参加しないって言ってたけど」
「ピカさんがいなくなって、参加しなくなったもん。……あんまり顔も見なくなってさ」
そこまで言うと、二人とも黙ってしまう。
テクテクと歩くのは、森の中。ここを抜ければ、トレジャータウンの十字路に出る。
しばらく歩き、十字路が見えてきた。そこには、見慣れた姿が。
「…………あ、イブ、チコ♪」
「ポチャさん!? うわぁ……ポッチャマのままだぁぁぁ!!!」
「あれ、感心するとこはそこなの?」
「ちっさいです、ポチャさん、ちっさいです! あと、チコじゃないですよ?」
「ごめん。なれないんだよ。あと、小さいって連呼は止めて?」
にこり、と笑うのは前から変わっていない。
ポチャはマントに身を包んでいた。
おそらく、マントの下はバッグや剣などが身に付けられているのだろう。
「久しぶり。二人とも元気だった?」
「もちろんですよ! やっと、この前、マスターランクの星二つにたどり着きました」
「そっかぁ……あとちょっとだね♪ で、今は?……やっぱり、ピカ捜してる?」
「はい。……でも、手がかりは出ずです」
「ぼくも。……まったく、リーダーは何してんだが……でも、別にイブたちは手伝うことないよ?」
ここまで喋っていたイブは、ふるふる、と首を降る。その仕草は、前と変わらないな、とポチャは思った。
「いえ! 好きでやっているんです。私たち、ピカさんに会いたいですから……すーくんが言うなら、きっといますから」
「……ありがとう、イブ、ハーブ。……すーくん、といえば、フォースとはなんかあった?」
「な、ないですよ!! 会えませんし!! ポチャさん、ピカさんみたいなこと言わないでくださいよぉぉ!!」
顔を赤くして反論するイブ。ハーブもニヤニヤしている。
「ハ、ハーブちゃん?! なに笑ってるの!」
「ご、ごめん……でも、イブ可愛い…」
「イブの性格は変わってないね~」
「ポチャさん、酷い!」
にこり、と笑うポチャ。
「すーくん……か。今、何やってんのかな? 誰かさんのこと、制御してるのかな」
「それだったら、会えるかもね。フォースとは……告白するの?」
「しーまーせーんー!!!」
「え、イブ、フォースにしたって言ってなかったぁ?」
「ハーブちゃん、ここぞと止めてよ!……したけどさ」
ピタリ、と二人が止まる。
イブは、ぷるぷると震えていた。おそらく、恥ずかしさからだろう。
「イブ、やるね♪」
「ふられましたよ。すーくんには、相手がいますもん……」
「ポチャさん、ポチャさん、基地行って聞きましょ?」
「そーだねー」
「ポチャさん、ハーブちゃん、酷いよぉぉ!!」
三人は並んで、夜のトレジャータウンに入っていった。
空には、満天の星空が輝いている。どこかできっと、二人も見ている、と信じながら、ポチャは自分の基地に戻っていった。

「……………」
「雅……? どうしたんすか?」
「空、見てる」
「空……わあ! 綺麗っすね♪」
「ライたちは?」
「こんな時間です。寝てますよ」
窓枠に座って星空を見ていた雅。下を見ると、ライたちは、ショウの言う通り、熟睡している。
「ショウ、寝ないの?」
「ブラッキー、夜行性っす♪」
「………………あぁ、そうか」
「俺も見たいです。雅、変わって♪」
「………やだ」
「いいじゃないですか。乗りますよ?」
「それは……嫌」
ピョン、と窓枠から飛び降りた。雅に変わり、ショウが窓枠に手をかける。
「ほんと、綺麗っす♪」
「…………そうね」
「雅、俺、いつかライたちの役にたてますか?」
「たてるよ。ショウならね。……今も十分たってると思うよ」
「そうっすか……なら、いいですけど。雅だけでも、ダンジョンに出てもいいんすよ」
雅は、ポカン、とショウの頭を叩いた。ショウは、雅に叩かれた頭を押さえる。
「バカ」
「……テヘヘ……雅、優しいっすね」
「私はあなたを置いていかないから。嫌でも、ついていくから。………お休みなさい」
「お休みなさい、雅」
少しだけ笑うと、雅はショウから離れた。
ショウは、ストン、と窓枠に座り、しばらくそのまま星空を眺め続けた。



~あとがき~
やーやー……フォースとピカ以外は登場させました♪
フォース? ピカ? 知らね…
あぁぁぁぁぁぁ?!
フォース、ピカ、ストップぅぅぅ!!!

最後のは何となくです。
だって、ポチャたちで終われないから……
なら、ショウと雅の会話をね♪
次回からは普通に参りまーす♪
今度こそ、救護隊の説明を!

ポチャ「イブ、ほんとにフォースに告白したの?」
イブ「そ、それは! 空と海の最後らへんで……あるので、言えませんよ」
ポチャ「いや、部分的なの言っちゃってるから」
ハーブ「イブ、はめられてるー♪」
イブ「うわぁぁぁん!!」
ポチャ「ハーブはないの? 恋愛」
ハーブ「彼氏さんいますよー?」
ポチャ「?!!Σ( ̄□ ̄;)
マジで?! ハーブ、すごぉ!!」
イブ「ハーブちゃん、ラブラブしてますよ」
ポチャ「本編関係ないよね、これ」
ハーブ「はい。ないですよ♪」
ポチャ「……………( ̄▽ ̄;)」
イブ「私、全然好きな人できないんですよぉぉ!!……なんでぇぇ」
ハーブ「フォースが好きだからでしょ?」
イブ「?!Σ(///□///)」

こいつらは、昔と絶対に変わらないと思っている、私。
ではでは!