satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第34話

「気を付けて」


「………あっぶねぇぇ」
「ほう。防いだか」
フォースは、押し倒されながらも“チェーン”を盾にし、キーテの斬撃を防いだ。ピョン、と相手のキーテは距離を取る。フォースの方は、ふぃー、と力が抜けていた。
「………なに、これ。大剣? 武器使い? 無理だわ……ただでさえ、た、高いとこから落とされたのに……」
『まだ言うか。……でも、武器使いか……こっちも使っちゃえ♪』
フォースの心の中で、イブの声がする。相手にはもちろん、聞こえるわけがない。
「使ってもいいけどよ……おれ、なんかもう、疲れた」
『いや、頑張って?!』
「気力とかもろもろがさぁ……なんつーか……燃料切れ?」
『はやっ!』
ふう……と、相手に聞こえないくらい小さなため息をつく。
「嫌なんだけどさぁ……あいつに助けてもらうか」
『あいつ?』
「ラ…いや、電気ネズミ」
『…………は? ピカさん? 待ってよ、なんで?!』
「まず、あいつら、普通じゃないよ。ザコどもならともかく……一対二はキツい」
そうかもしれないけど、とイブ。
彼女的に知られたくないのは、フォースもわかっているつもりだ。しかし、ラル…ピカにはすでにバレている。まあ、フォースが勝手にバラしたのだが。
そのことを知らないイブにとって、嫌な選択だ。しかし、一対二なのがキツいことも、わかっている。
「……大丈夫だよ。あいつは、言わないって」
『その自信、どっからくるの?』
もうすでに言ってるからです。……とは、言わず。
「凄い探検隊なんだろ?……バレるべ」
『ピカさん、鋭いからなぁ……もう、バレてるかもだよね』
いや、かも、じゃないよ。バレてるよ?……とも、言わず。
「ここで、死ぬよりましだろ?」
『う、うん……そうだねっ!』
そう納得したイブ。フォースは、ふぅ、と息を吐く。どうせ、ピカがここにきた時点でイブには、前から知っていた、ということがバレる気もするが。
しかし、今はそんなこと言ってられない。
「じゃ、呼んでいいんだな?」
『う、うん!』
フォースは、スクッと立ち上がると、キーテに向き合う。
「……電気ネズミがくるまで逃げるぞ」
『う……うん?』
その発言にイブは、首をかしげる。
『なんで?』
「理由は簡単。……おれの気力とか気力とかが切れたから!」
『そんな情けない発言は止めてよ! てか、気力しかない!』
「仕方ないだろ。あんなとこから……お、落とされたのに!」
フォースの中で、そうとうな精神的ダメージだったようだ。
本気でトラウマなんだ……あ、ちょっと可愛いかもしれない、とイブは密かに思った。
「………いくぞ」
『が、頑張ってね! あと、気を付けて!』
「了解!」
フォースは、走り出すのと同時にピカに語りかけた。これが、彼女に届くかは不明なのだが……フォースには、必ず届く、と確信していた。なぜかは、本人にもわからないのだが。

「………もう、ピカさん、なんか……いいですぅ」
「こ、今度は……メイド?」
「うわぁぁぁん!! なんでこんな目にぃぃ?!」
ガバッと、近くにいた、ポチャに抱きつく。ポチャの心情などピカが気にかけられる状態でもない。
先程のお姫様ドレスとは代わり、今度はメイド服である。
「もう、やだ! お家帰る!」
「うん。なんか、気持ちがわかる気がするよ、ぼく」
「ポチャさん、納得しないでくださいな!……可愛いでしょう?」
リムに耳打ちされ、ポチャは、ドキッとする。
「そ…それは……あれだよ、あれ」
「きゃっ♪ 照れてますね♪」
「そんなこと……ないし」
「もぉ、やあぁぁぁ!!」
「ぎゃー! ピカさん、逃げないでください!」
ピカは、叫びながらダッシュする。ピカのスピードに追い付ける者は、残念ながら、この中にはいない。
ポチャから離れるとき、ピカはポチャに耳打ちをした。
「…………ポチャ、私が三十分くらいしても帰ってこなかったら、捜して」
「了解。……でも、リムたちは?」
「こっから、出さないで。多分、海岸だから……まあ、ポチャなら、心配ないよね?」
「……………もちろん」
ポチャの答えを聞き、ピカは、何かを投げ、ギルドの地下一階へと移動した。
おそらく、そのまま外へ出るのだろう……が。
「メイド服……ま、いいか。……で、何投げたのかな……?!」
「きゃっ……煙……?!」
「煙玉……いやいや、本家の道具だよねぇぇ?! どうやって、持ち出したの?!」
ピカは、目眩ましとして、煙玉を置いていったようで、もくもくと煙が三人を包む。ポチャは、とりあえず、出口を塞いでしまおう、と移動。
「しばらくすれば、晴れるけど……ピカ……これさ……どっかのテロ? 何か、ジャックするの?」
投げた本人にそう問いかけたいが、とっくに逃げた後なので、答えが帰ってくるわけがない。
このあと、リムとチコに問い詰められるだろう、と予想をたてる……が、回避不可である。
「ピカ、気を付けて……」

ピカを助っ人に呼ぶ、と言い、なんだかんだで、ずっと逃げ回っているフォース。
追い付かれることはないのだが、相手の苛立ちが凄く伝わってくる。
「……おれ、無理! もう、やだ!」
『頑張れ! すーくんはできる子だから!……できる子って、なにが?』
「知るかぁぁぁぁ!!!」
「……いい加減にしろ!」
苛立ちが頂点に達したのか、キーテが、剣を振る。フォースは、後ろからだというのに、タイミングよく、ジャンプし上に避けた。
『すーくんのジャンプって、高いよね~……これは、怖くないの?』
「お前、緊張感って言葉を知らんのか?!……怖くねぇよ!」
緊張感のないイブからの質問にも答えつつ、空中から“チェーン”で、キーテを狙う。
「……そういうのは、振り回りしちゃダメってお母さんに言われなかったか!?」
「……知るかよ!」
ガシャン、という音がし、鎖が斬られた、ということを実感する。しかし、フォースは、そのまま相手に突っ込んだ。
「バカなのか、お前……敵に突っ込むか?」
「………まあ、無傷ではすまねぇな。でも、大丈夫だよ………“ソード”!」
新たに手にしていたのは、片手剣。
体勢が悪いが、とりあえず構え、キーテに斬りかかった。



~あとがき~
はいはーい!
漫画と比べてみるとわかりますが、色々違うんです!
わざと違います。
ごめんなさい……まあ、ある方は比べてみると……いや、恥ずかしいな。
あーでも、もし……DSi版のうごメモでの私の作品が見たい方……いたら、うごメモID、書きますが……いないか! あれ、順番、ごっちゃごちゃなんだよね♪
それでも見たい方がいらっしゃれば、書きますので。

イブとフォースの会話……グダッグダですな。いや、楽しいんですけどね。
でも、緊張感ないな、お前ら。
フォース、イブ「いや、こいつのせいです」(←互いに指差し)
……………( ̄▽ ̄;)

フォースとピカ、まだ仲良くないので、フォースはピカのことを電気ネズミとか言っちゃってます。
名前は呼ぶな、とピカに言われてるから……なんだけど。
ピカはピカで、フォースの名前を知らない状態ですので、イーブイ君なんですけど☆
この二人は、何度か接触し、関係も変わっていくですよ。
ピカ「いつの話になるのやら……」
フォース「今更なんだけどさ、ラル」
ピカ「はい?」
フォース「電気ネズミって、長かった(´・ω・`)」
ピカ「フォース君が勝手につけて、呼んでたんじゃん……( ̄▽ ̄;)」
………ってな、感じになるまで、まだ時間がかかりそうですな♪

次回、ピカ参戦。
もーすこしやぁぁぁ!!

ピカのメイドってどうなんだろーね。
ピカ「……………」
ポチャ「作者、触れないで」
え、なんでや?
ピカ「…………ねえ、ポチャ」
ポチャ「なn…ピカ………あれ、目、すわっちゃってる! まっ…しまおう?! 雷姫さんをしまおう!」
ピカ「大丈夫だよ……半殺し以上にはしてくるから……ね♪」
ポチャ「それ、死ぬかもしれないって言ってるもんだよ?!」
ピカ「うふふ……そうかもねぇ」
ポチャ「………作者、逃げてぇぇぇ!!」
うわあぁぁぁぁぁ?!
ポチャ「で、では……」
ぎゃあぁぁぁぁぁ!!!
ポチャ「作者ぁぁぁぁぁ!?」