satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第35話

「芝居に付き合え」


「甘い!」
ザッ、と攻撃体勢になる、キーテ。いかにも、立ち向かう、という姿勢の表れだろう。
それを見たイブは、若干慌てた様子。当の本人は、そこまで気にしていないようだが。
『すーくん、斬られる!』
「斬られるかよ!」
不安定な体勢ながらも、冷静に対処する、フォース。ガキン、と剣が交わる音が響き、着地をする。フォースは、着地をしたあと、すぐさま相手との距離を取る。フォースとキーテはしばらくお互いを見た。
「お前、どこから剣や鎖を出してる……? オリ技か?」
「………だったら?」
「いや……面白い……と思ってな」
「ふうん……まあ、どっちでもいいけどな。あと、さっさと終わりにしたいから、助っ人呼んだ」
「…………は?」
首をかしげる、キーテ。
まあ、当たり前といえばそうなるだろう。
「………なあ、すぅ」
『なーに?』
フォースはキーテから目線を外すことなく、なおかつ、相手に聞こえないように、イブに話しかけた。
話しかけた、というよりは、ある提案をした。
「ちょっと、芝居に付き合え」
『…………はい?』

「……ポチャさーん」
「なに?」
ポチャを見るのは、リムだ。少し遠くにチコの姿を見える。
「ピカさん、どこ行ったんです?……ポチャさんのことだから、知ってるのでは?」
じり…とポチャに詰め寄る、リム。ポチャは動じることなく、リムを見つめる。
「知らないよ……散歩じゃないの?」
「あの格好で?」
「いや、脱ぐでしょ」
「じゃ、どこ行ったんですか?」
「知らないってば」
むぅ……とふくれるリムを見て、ポチャは、小さくため息をついた。
「どーせ、着るものなんて、もう決まってるんじゃないの?」
そう聞くと、膨れっ面だったリムは、にっこり、と笑顔になる。
「あら、バレてました?」
「やっぱり……ピカ、着飾るの嫌いなんだから、止めてあげなよ」
「やですよ……かわいいピカさんを見てるの、いいんですから!」
「…………リム」
はあ、と呆れ顔のポチャ。
まあ、確かにピカは……と考えたところで、顔が赤くなるのを感じ、ふるふる、と首を振った。
しかし、リムがそれを見逃すことはなく……
「ポチャさーん……ピカさんに告白とか告白とか告白とか、しないんですかぁ?」
「告白しかないけど?! って……しないよ!」
「えぇ~……」
「……………はあ」
とりあえずこのまま、出さなければいいのだが、それまで、ポチャの気力が持つかどうかである。しかし、普段からピカにいじられるため、慣れている、といえば慣れている。
慣れたくなかった……と思うときもあるのだが、今は、関係ない。
ピカにしては、三十分、というのは、長い方だ。それほどのことだ……ということである。今のポチャにできることは、ここにいる二人の足止めだけ。
「…………頑張ってね、ピカ」

芝居に付き合え……と言われても……
これは、芝居じゃないよ?!
…………あ、どうも。お久しぶりですね。イブです!……じゃなくて……
すーくんから言われたのは、まあ、芝居に付き合えと。とりあえず、相手のピチュー…キーテの注意をひきつけろ、ということらしく。
でもでも……なんで私なのさ。
すーくんでもよくない? だって、色々芸持ってるじゃないですか。なんで、私なんですか……そもそも、芝居と言わないのではないのでしょうか……
とにかく今は、うつむいてます。
「……………? おい」
きゃん……
大丈夫……大丈夫……
私は一回深呼吸をし、ゆっくりと顔をあげながら、キーテを見る。
「あなたは、私のこと、知りたいのでしょう?……だったら、そこまで剣を振り回すのは、やめた方がよくないですか?」
にっこり、と笑いかける私。
ビクッ、とキーテが震えた。まあ、戦っていた相手が(本当は違うけど)急に笑顔をむけるなど……あり得ないだろうし。
いや……まあ、キレたらわかんないけど。すーくんとかピカさんとか、マジギレしたら、にっこにこで襲いそうだもん……あ、怖い。特にピカさん。ありそうで、怖い。
てか、今はそんなこと関係ないよ!
怖いです! なんで入れ替わった?!
『もう、疲れたんだよ……にらめっこ』
知るか、バカ! にらめっこなんて、してなかったよ?!
とりあえず、笑顔……だったよね? ぎこちない笑顔じゃなかったよね? 大丈夫だよね?
『大丈夫、大丈夫』
もう、お前はなんなんだ?! 棒読みバレバレなんですけど!
急に傍観者になっちゃって……
あ、私もさっきまでこんな感じだったのか……ごめんね、すーくん。
多分、次から注意するからさ……多分。
「さっきまでのイーブイは……?」
「……幻覚では?」
んなわけ、ないです。私です。いや、厳密に言うと別人なんだけれど、私です。
なーんて、言えるわけなく。
「まあ……とりあえずは、お前から話を聞くとするか……」
一歩前に出る、キーテ。けれど、そのまま、私の方に歩み寄ることはなかった。ピタリ、と動きを止め、キョロキョロと辺りを見回す。
「…………この気配……………まさか。おい……嘘だろ」
気配……?
『やりぃ♪ 動揺してやがるぜっ!』
すーくん、私の中でガッツポーズされても困ります。そして、私にもわかるようにお願いします。
でも、すーくんは、説明はいらない、とでも言うように黙ってしまう。
「…………もしかして、ピカ……さん?」
いや、これは……もしかしなくとも……
「みぃっけったぁぁぁ!!! お前か!」
バッ!と現れたのは、ピカさんだ。いつものピカさん……のはずなのに、手には見慣れないものが。
いや……ある意味、見慣れてるけれど。
「………刀?」
「雷獣!?」
「あんたが私の相手か!………おりゃあ!」
もしかして、ピカさん、武器使い?
ピカさんは、走った勢いのまま、刀を降り下ろした。
ガキン、と刀身同士がぶつかる音。
『……すぅ、替わるぞ』
あ、はい……
なんだか、よくわからないけど……
心強い助っ人さんが登場したようです。



~あとがき~
ピカ、とーじょー!
いきなり、刀で戦う様子ですな。
次回、ピカ&フォースVSキーテ……か?
もしかしたら、あの子が帰ってくる……かもしれない。

久しぶりに、イブ視点で書きましたね~
私は、そっちの方が合うようですな……
書きやすい……( ̄▽ ̄;)
でも、まあ……バトルになると、あれなので……ね。
なのに、グダグダした会話があるがために、書きづらくなる!……という。
ほんと、イブとフォースの会話のことだぞ。
イブ、フォース「……………」(←無視)
くそぅっ!Σ(T▽T;)

リムとポチャの会話も楽しかったです。
ポチャの告白タイムはいつになるんでしょうね。
ポチャ「……………?!」
今更ですが。
私が最初に考えてた話の流れだと……告白に持ち込めないことが判明するという……
だって、二人の問題が解決してない感じになってる。
やばーいww
ここまでやっといて、なしになるのもあれなので、ちょっと練り直さないとなっ!
接触させる気がなかった人をさせようかと思ってます♪

ピカ、ちゃんとメイド服、脱いできた?
ピカ「当たり前じゃん!」
フォース「メイド………w」
ピカ「着る?」
フォース「着ないです」
ピカ「今度、着てもらうか」
フォース「……はいぃぃ?!Σ( ̄ロ ̄lll)」
ピカ「似合いそうだし……作者、カメラ持ってきてー」
はーい(`◇´)ゞ
フォース「………マジで?」

ではでは!