satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第36話

「なんだかわかるかしら?」


「チィ……このっ…」
「………逃げないでよっ!」
キーテとピカがやりあう様子をただ、見つめるのは、イブと入れ替わったフォースである。
「あららぁ……でたらめな太刀筋だこと。我流か……ババァの教えか……はたまた、両方か……だな。“チェーン”」
ジャラ、と音がして、フォースの手に鎖が握られる。
『すーくん、私にもわかるようにお願いしまーす』
「すぅは、知らなくて大丈夫だ」
『ぶー……』
フォースの視線の先には、やりあう二人の姿。タイミングを見計らうかのように、“チェーン”を構えた。
そんなフォースの様子を知るはずのない、二人。一方的にピカが、斬りかかっている。その攻撃を防御することしかできないでいる、キーテ。
「雷獣……お前が!」
「その名前、嫌いなんだけど。てか、そんなのに囚われるとか……バカ? なに、死にたいの?」
バチン、と火花を散らし、距離を取ったピカ。
キーテは、剣を構える姿勢を崩す気はないようで、刀身をピカに向けたままである。
「私たち探検隊って、殺しとかしちゃ駄目なんだよねー……ある条件を除いて。なんだかわかるかしら?」
「……………」
「それは、相手が武器を使っている場合。相手に殺意があると見なし、殺した方は、罪に問われることはない。……言っている意味、わかるわよね」
にこり、と微笑みかける。
これは、殺し合いなのだ、と言いたいのだろう。
「でもねぇ……私、殺すとかしたくないわけ。だって、相手を逃がすみたいじゃない?……まあ、その様子だと逃げるも襲うもないけどさ」
「…………しまっ」
キーテが自分の体を見ると、鎖が巻き付いていた。と、いうことは……と、自然と、二足で立っているイーブイに目線が動く。
「…………お前」
「サンキューな。いやー……おれ、空気だったな。お前らの中で」
「そーでもないと思うけど。まあ、そこのピチュー君は忘れてたんじゃない?」
「ふうん。お前はおれのこと、覚えてた……ということかよ」
「そうね。覚えているわよ? イーブイ君?」
ふん、とピカから、反らした。そんなフォースの様子を気にすることなく、キーテを見る。
「さて、あなたが私を呼ぶとは……いい度胸ね。なに? とりあえず、言われるがままに、動いたけど……一人だけ?」
「今はどっか行ってんだよ。飛ばしたの」
「ふうん……バカなの? 待つことになるじゃない」
「黙れ、電気ネズミ。こっちの身にもなれよ、バーカ」
「黙んのはそっちよ。そっちがどうなろうと知ったこっちゃないわ。でも、イブちゃんになにかあるのは困るからね」
「はっ……バカらしい。他人のためにかよ。そういうの、嫌いなんだけど」
「だからなに? 私、あなたみたいな人、嫌いだから」
ふいっ、とお互いにそっぽ向いた。
とりあえず、口出しせずに聞いていたイブだったが、たまらず、フォースに話しかける。
『……すーくん、ここは、協力しなきゃじゃないの?!』
フォースは、隣にいるピカに聞こえないくらいのボリュームで、イブの質問に答える。
「自分から呼んどいてあれだけど、無理」
『なんなのぉ……なんでこんなに仲悪いの?』
「おれ、ピカチュウ嫌いなんだよねー」
『そこかよ!……っていうか、棒読みでしたが?! じゃあ、なんで呼んだの?! ねぇ、すーくん??』
頼れるやつがこいつだけだった……などと言える状況にない。あそこまで言い合っといて、そんなこと言えるわけがない。
第一、恥ずかしすぎる。
「……きた」
『きたってなにが?』
その質問に答えることはなく、帰ってきた、もう一人の敵を見る。
「キーテ? なに捕まってんの? うける♪」
スラを初めて見たピカは、隣にいるフォースをつつき、質問する。
イーブイ君、あの人誰? 飛ばした人って、彼女?」
「そうだけど……なに?」
「いや……キルリアのくせに、なに容易に飛ばされてんだろう……と」
「それは、同意しよう」
「あら。意外と話が合うかもね。じゃ、弱いな、絶対」
「それも同意。弱いよ」
うんうん、とさっきとは変わり、意気投合する二人。
「じゃあさ、私、あのピチュー君、相手してもいい? 途中だから」
「いいよ。おれ、武器とかあんまり使いたくないから」
「ちょっと……黙って聞いていれば、なによ! あんたら、アタシをなんだと思ってるわけ?!」
「敵ですが、なにか?」
ぴったりと声を揃えて、言い返したピカとフォース。スラは、顔を真っ赤にして反論してきた。
「声を揃えて言わなくてもいいじゃない!!」
しかし、ピカとフォースは気にすることなく、二人だけで話を進める。
「敵のくせに、なんなの? ウザい。イーブイ君、この人なんなの?」
「知らね。ただ、ウザいな……かなり」
「だねー……なんか、さっきはごめんなさい。飛ばした気持ちもわかる。一番飛ばしやすそうだもの!」
「おれも悪かったです。ごめんなさい」
「いえいえ……じゃ、頑張って、倒しますか」
「おー」
「いい加減にしなさいよ!! 二度も同じ手をくうかっての!! “ねんり”…」
「させるか。“チェーン”」
素早く“チェーン”を出現させ、スラに向かって投げた。片手での作業ながらも、驚異のコントロールでスラの体を絡めとる。
「二度も同じ手にかかってやがる」
「ぎゃあぁぁぁぁ?! なんで?! “ねんりき”が効かない……?」
「そりゃ、そうだろ。悪タイプを混ぜてあるんだから……効くわけないって」
イーブイ君の技、すごーい……」
「スラ、お前はバカですか。帰ってきたと思ったら、捕まって……二度目とか……」
「うっさい!」
イーブイ君、あのピチューの鎖、解いてくれる? 殺ってくるから!」
「おう。いいぜ」
フォースは、キーテの鎖を解くと、グイッとスラを縛っている鎖だけを思いっきり引っ張る。ピカは、キーテに向かって突っ込んでいった。
「さっきの続きといこうか、ピチュー君!」
「上等だ!」
「きゃん!……ちょ、この鎖を解いてよ! キーテくーん?!」
スラはそう叫ぶが、すでにピカとやりあっている。聞こえるわけがないだろう。
フォースは、グイッと鎖を引いた。
「うるさいなぁ……お前の相手はおれだから」
「……………くっ」
「まあ、無理か」
「なんでよぉぉぉ!! 上等じゃない! やってやるわよ?!」
「いや、無理無理……」

「ってあ!」
「…………っあ!」
ピカの攻撃で弾き返される、キーテ。受け身をとるところを見ると、冷静に対処しているようにも見える。そんな様子を観察するように、更に、なにかを考え込むように少しうなった。
「ふむ……ねえ、ピチュー君? あなた、やる気あんの? まーったく、なってないんだけど。攻撃するどころか、防御も曖昧。さっき言ったよね? 武器使い同士では…」
「殺し合い、だろ? 知ってるさ」
「だったら、本気になれよ。殺す気はないけれど、やる気のない人を斬ろうとも思わない」
ピカは、持っていた刀をキーテの首筋に当たるか、当たらないかというギリギリのラインで止める。
「そんなんじゃ、大切な人も守れないわよ」
キーテはピクン、と少しだけ震わせる。
脈ありか、と察し、自然と微笑む。そして、サッ、と相手と距離を取った。
キーテは、ゆっくりと立ち上がり剣を構えた。そして、先程とは違うスピードでピカに迫ってくる。
「……………」
「ほへー……そんなに激変しますか。……いけないスイッチ押したかなぁ……まあ、いいけどね」
突進技だと思っていたピカは、横にそれるが、それを読んでか、一気に振り上げた。
「…………あ、やべ。斬られる」



~あとがき~
なんか、ピカとフォースの言い合いがしてみたくて、やってみました。
が、勝手に仲直りしました………(;´∀`)
あっれぇ……ケンカしたままにしようと思ったのに……
ピカ、フォース「……………」

次回、ピカVSキーテ、フォースVSスラ!
なんだけど、フォースとスラ、戦う気ありますか?
スラ「なんで……なんでなの?!」
フォース「知るかよ。弱いんだよ」
スラ「ムカツク」
フォース「うっせ!」

ピカ、相手を本気にさせちゃダメでしょ。
ピカ「本気じゃない人に、刀を向けるなって言われてるの♪」
あ、そう………( ̄▽ ̄;)
ピカ「言っとくけど、殺しはしないもんねっ♪」
そうですか……

では!