読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第9話

ポケダン 約束

~前回までのあらすじ~
ライ「あー……疲れた」
雅「解説……お疲れ……」
ライ「おう」
雅「まあ……半分、聞いてなかったけど」
ライ「マジかよ」
では、始まり始まり~
ライ「……なんの為に喋ってたんだろう、俺は」
雅「……………ドンマイ」
ライ「お前が言うかっ?!」
あの、始めますよ?


「………ふーん。了解したわ。つまり、今までに診たことない症例に挑むのね?」
ライの目の前には、親方のシアンの姿。
とりあえず、イルのことを報告するため、訪れたのだが、なぜだか、関係のない愚痴なんかを聞かされていた。たった今、要約され、ライに聞き返す。
正直、さっさと済ませろよ、と言いたいのだが、言ったらボコられるのは、目に見えてるので、黙っておく。
「明日から、動こうと思っていますので」
「はいはーい♪ 任せるわ」
軽い人、というのは、最初から知っていた。しかし、ここまで軽かったっけ……?と、内心首をひねりつつも、失礼しました、と一言いい、親方部屋を出ようとした。
「ライ、知ってる?」
「……あの、失礼しました、って、言ったんですけど。まあ、いいです……なんですか?」
「最近、なんか色々と大変なことが起きてるっぽいから、気を付けてね~♪」
ふりふり、と手を振る姿を見て、流石にライも我慢できなかったようだ。
「あんた、なんでそんなに軽いの?! そして、そんな大切なことをここで言うか?!」
「うふふっ♪ いいじゃない。言わないよりマシじゃない?」
「…………そうですが」
「んじゃ、頑張ってね!」
「やっぱり、なんでそんなに軽いの?!」
このあと、ライがどうなったかは、ご想像にお任せするとして……
次にライが向かったのは、ロキとイルがいる、病室である。
「……失礼しまーす」
「あ、ライお兄さん」
初対面の診察のときとは違い、心を開いた様子のイル。ロキは、ペコリ、と頭を下げる。
「とりあえず、明日からなんやかんやで始めていきますね。……と、まあ、確認したいんですけど………イルちゃん」
「うん?」
「原因追求はこちらでやるつもりだけれど、わかるかどうかは、わからないんだよ。……で、とりあえず、進化できればいいの? それとも、完全に原因も知りたい?」
「えぇっと……原因とか、よくわかんないし……進化できれば……私はそれでいいかな」
「そっか。んじゃあ、ハードルは下がったか……」
イルは、こく?と首をかしげる。イルと一緒に聞いていた、ロキも首をかしげていた。ライは、そんな二人を見て、苦笑しながら、答える。
「いや……まあ、原因も~……とか、言われると、なんか、緊張というか……プレッシャーが……そういうの苦手なんだよね」
「そうなんですか。まあ、お医者さんって、あれですよね……珍しいですよね? ライさん、若いし」
「まあ、一応、学校は出てますよ? 飛び級で入って、飛び級で出たんですけど」
「………ええ?! 飛び級?! ライさん、いくつですか?」
「今ですか? 今年で……十五……?」
「医療学校って……何年いるんですか?」
「本来は六年ですね。で、研修医やって、医者になる……的な。まあ、僕がいたところは、学校の授業で研修も兼ねてましたけど」
にこり、と笑い、説明していく。
「医師免許も学校で取れましたし……僕は入ってすぐに試験受けましたね。で、研修医とかやって……今に至る……みたいな」
「ライお兄さん、すごい人なんだねっ!」
「どうかな……僕よりすごい人なんて、いっぱいいると思うよ? レアも僕と同じ感じですし」
「レアさんも?……ライさんと同じ、ってことは、飛び級で入って、飛び級で出た?」
ライは、笑顔のまま無言でうなずいた。イルは、それを見て、尊敬の眼差しをライに向ける。
「まあ、この話はまた今度ということで。さて、時間的にご飯の時間だし、イルちゃん、行こうか」
「うん♪」
「僕のチームメンバーを紹介しますよ。一応、救護隊の仕事だけではないので」

「ラーイ! おーそーいー!」
「うっせえぞ、ノア!」
「あら、イルちゃん♪ それに、ロキさんも♪」
三人を出迎えたのは、ライのチームメンバーだ。ノアとレアが座り、ショウと雅が夕食の準備をしていた。
ライは、ロキとイルに空いているところに座らせると、紹介を始めた。
「このイーブイがノア。さっき、叫んでいたのも、こいつです」
「ライが遅いからよ」
「遅くねえし………で、準備してくれてるのが、ブラッキーのショウと雅。まあ、雅は見てると思いますけど」
「受付のお姉さん?」
イルがそう言うのと同時に、ちょうど、雅が料理を運んできた。
「………はい」
「雅お姉さん……?」
雅は呼び慣れていないために、ビクンッ、と体を震わせる。
「………………そうだけど」
「少しの間、よろしくお願いします」
イルは、ぺこん、と頭を下げる。雅は、戸惑いつつも、うなずく。
「………よ、よろしく……」
「イルちゃんも雅ちゃんも可愛いですよ♪」
「変な目で見んな、変な目で」
「やですよぉ……ライくんも可愛いですよ?」
「はい?! お前、バカにしてるだろ!」
「照れちゃって……かわいいっ♪」
「…………………もういい」
ふいっ、とレアから目線を外す。レアはクスクス、と笑った。
「みんな、仲よしさんなんだね!」
イルからの突然の仲よし、という言葉でこの場にいた、ライとノアとレアが固まる。
「さて、できましたよー……っと、三人とも固まってどうしたんすか?」
奥からひょっこりと顔を覗かせ、入ってきたショウは首をかしげる。
「……皆、照れてますか?」
「そんなんじゃないし?!」
固まっていた三人がピッタリと声を揃え、反論する。イルは、仲よしさんだっ♪、と嬉しそうに笑う。
「…………早く食べるよ…」
遅れて出てきたのは、雅だ。雅の後ろにはシアンとエレキの二人がいた。どうやら、二人を呼んできたらしい。
「あ、そうっすね♪ ライたちも、照れてないで食べましょうね」
「照れてない!」
「なぁにぃ? 仲がいいじゃない♪ なにかあったの、ライたち」
「親方まで……そんなんじゃないですよ?! ライのバカ! 照れないでよ」
「ノアに言われたかないわっ!」
「………ライ……早く食べる」
「………………はい。すいませんでした」
なぜだか、ライが謝り、全員席につく。そして、雅の鶴の一声で、場は収まり、全員で食べ始めた。



~あとがき~
お久しぶりですな、これ。
気力がねぇ……なくってねぇ……
まあ、これだけさっさと進めても仕方ないんですけどね。

ライ、ノア、レアは、学生時代からの仲です。もっと言うと、三人ともエリート組。
学部はノアだけ違います。ライとレアは同じ学部でもあったので、一緒に行動していました。で、ライがノアをスカウトして、レアも誘い、救護隊を組むことになるのですが……
これは、また別の話ですね。

まあ、仲よし、と言われるのは三人とも恥ずかしいので、素直になりません。
否定しまくりですが、内心、嬉しくもなっているのでは、と思いますけどw

次回、調査開始!と、いうか、前夜の話?
さてさて……いつになったら、このパートは終わるのかしら。そこまで長くするつもりはない!……んだけどな。

ショウ「なんで、認めないんすかね」
雅「……………恥ずかしいのよ…」
ショウ「いいことなのに?」
雅「…………」コクン
ショウ「んー………(´-ω-`)」
雅「もちろん……ショウとライたちも仲よし……」
ショウ「雅もですよ♪……で、話変わるけど、イルちゃんから、お姉ちゃん、と言われてましたね」
雅「…………………!」ピクン
ショウ「嬉しかった?」
雅「……………別に。ただ…」
ショウ「……ただ?」
雅「懐かしい……と思った……」
ショウ「俺も最初は呼んでましたもんね♪ また呼んでみようか?」
雅「……………恥ずかしいから………いい」
ショウ「雅お姉ちゃん?」
雅「………殴るよ……?」
ショウ「ごめんなさい!!Σ( ̄□ ̄;)」
雅「………………ふふっ」
ショウ「!Σ( ̄□ ̄;)」

ではでは!