読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ピカ(ラル)の裏話 その1

思い立ったらすぐ決行!
小説か説明か……と迷ったけど、適当にいきますかね♪
ラル「……………ジュプ、“リーフブレード”」
ジュプ「…………」
にゃぁぁぁぁ!!!
セレ「ちょ…二人とも……?!」
ラル「始まりまーす」
ジュプ「……斬ってよかったのか?」
ラル「気にするな」
ジュプ「了解」
セレ「ジュプトルさん、気にしてください」

~~~

登場人物紹介

ラル・フェラディーネ
人間の少女で、ジュプトルのパートナー。
ジュプと会う前は、セレと暮らしてた。
明るく、毒舌(ドS)。けれど、強い覚悟を持っている。“時空の叫び”の能力者。
色々な特技を持っている。身軽で、一応、戦う技術は心得ているが、使わない。てか、使わせてくれないようだ。

ジュプトル/ジュプ
ラルのパートナー。
鈍感。色々な意味で鈍感。でも、かっこいいっす。
キモリのときにラルに拾われた。それ以来、ラルを慕っている。そんでもって、若干、過保護的部分もある。
なにかと頭がいい。強いです。

セレビィ/セレ
ときのかいろうを守るセレビィ
色違いで、桃色セレビィである。常識人。
ジュプトルに恋する乙女で、ツンデレ。
いじられるときは、ピンクちゃん、とか言われる。

ヨノワール
ラルたちの敵。
闇のディアルガの右腕的存在。未来を変えようとするラルたちを狙う。強いけれど、ラルとジュプには毎回逃げられてる。あっちが素早いだけで、ヨノワールに非は……ないと思う……かな?
通称、一つ目野郎。

ヤミラミ軍団
ラルたちの敵。
ヨノワールの部下。大勢で襲ってくるため、かなり、ウザい。
頭悪いから、人間のラルですら、普通に逃げられる。

物語~始まりの出会い~

“ほしのていし”をしている未来での話。
住む者たちは闇にのまれて、争いが絶えない時代。

「こんな世界、なくなればいいよ」
「だったら、逃げる?」
「………冗談は色だけにして、ピンクちゃん。なんのためにここまで調べたのよ、ピンクちゃん」
「殴るわよ、ラル。ピンクちゃん、言うな。しかも、二回も」

そんな世界で闇にとらわれず、生きる二人。人間の少女、ラルと桃色のセレビィ。ある日、たまたまラル一人で散歩していたら、傷だらけのキモリを発見。

「……なにしたら、そうなるわけ」

いつもならば放っておくものの、気まぐれで、そのキモリを助けることに。

「セレちゃーん、なにかない? きのみとかきのみとかきのみとか」
「あるけど……って、誰! なに連れてきてるの?! ラル、死ぬの?!」
「ほんの気まぐれで、その反応?! 確かに、いつもはほっとくけども! いいから、回復させて!」

「……………?」
「おはよう。動いたら殺すから。あと、喋るなよ、傷口開く」
「………………お前…だ…」
「うふふっ……聞こえなかった?……喋るなっつてんだよ」
「…………………」

ラルの看病(脅しが九割)もあってか、キモリは一週間ほどで回復。
ラルとセレは頃合いをみて、キモリに怪我した理由を聞くことに。

「誰にやられたわけ?」
「………ヨノワールの手先」
ヤミラミか……振り切れって……弱いね、君」
「人間のお前に言われたくない」
「あら、心外。これでも、何度も振り切っているからね? 私」
「……………なっ」
「ふふっ……ねぇ、ヤミラミに狙われたってことは、ヨノワールディアルガに背いた、ってことよね? なにしたの?」
「この世界を変える方法を探ってた」

キモリのその言葉を聞き、この世界にうんざりしていたのは、二人だけではない、ということを知ったラルは、ある提案をキモリに持ちかける。

「ねえ、私と組まない?」
「……人間のお前と……? ポケモンのオレで?」
「約束するわ。あなたを強くしてみせるから♪ どう? 悪い話じゃないと思うけれど」
「……………しかし」
「大丈夫。もう、ヤミラミどもに狙われてる身だから♪ ねえ、セレさん♪」
「そうね」
「…………………はい?!」

ラルたちも密かにこの世界を変えられないか、と動いていたのだが、最近、感づかれ、ストップさせていたのだ。
仲間は多い方がいい、という理由から持ちかけたこの話。

「で、どうする?」
「同じ志しなら……それに、助けてくれたからな。組む」

キモリは、助けてくれたラルとコンビを組むことを決意し、仲間になるのだった。


続く。


ラル「長くなるよ?!」
ジュプ「いいんじゃないか? オレたちはここでしか出られないし」
セレ「そうですよね~♪」
ラル「ある意味、私もなんだけれど……」
セレ「ラル、ポケモンとして出てるじゃない」
ラル「いやいや……それ言ったら終わりなんですけど」
ジュプ「終わるのか?」
ラル「え……んー……まあ……あれ、なんで?」
セレ「自分に言ったことに責任持って?!」
ジュプ「質問は、ラストに答えるらしいぞ」
セレ「ジュプさぁぁん!? 勝手に進めなくても…」
ラル「とりあえず、三回に分けてやっていき、感想とか質問などは、また別にやるようなんで……四回?」
ジュプ「だな」
セレ「ちょ……ちょっと、二人とも?」
ジュプ、ラル「では、また次回で」
セレ「…………………」

ではでは、続きまーす!