読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ピカ(ラル)の裏話 反省会

ジュプ「………………いるのか」
セレ「さあ……?」
ジュプ「…………あ、久しぶりだな、ピカ」
ピカ「はい。お久しぶりです」
ジュプ「聞いていいか。いるのか、これ」
ピカ「さあ……
あ、じゃあ、私が疑問に思っていること聞いていい?」
ジュプ「あぁ」
セレ「いいわよ」
ピカ「なんで、セレビィちゃんはジュプトル君に対して敬語なの?」
セレ「…………………?!」
ジュプ「そういえば……そうだな」
セレ「それは……その…////」
ピカ「あぁ……………なるほど」
ジュプ「お前、わかったのか?」
ピカ「うん、わかったよ。ジュプ君、ずっと一緒にいたのに……いや、いいや」
ジュプ「なんだ、気になるな」
セレ「いいです! 考えなくて大丈夫です! 次の質問ないの?!」
ピカ「………セレビィちゃん、かわいいね」
セレ「そういう質問は聞いていないわ!」
ピカ「えぇ……?」
セレ「もっ…もっと、他の質問あるでしょ?!」
ピカ「んー? 特にないよ?」
セレ「そういう質問だけ?」
ピカ「……………うん♪」
ジュプ「どういうことだ?」
ピカ「よーし、ジュプ君。お姉さんが教えてあげようではありませんか」
ジュプ「歳的には、オレの方が上…」
ピカ「黙りなさい。主人の言うことを聞く!」
ジュプ「了解した」
セレ「……………え、ピカ…じゃなくて、ラル?」
ピカ「どっちも私だな」
ジュプ「そうだな。とりあえず、区別するためにピカ、と呼んでいるが……てか、お前が呼べって言うからだ」
ピカ「確かに~(*´∀`)♪
んで、続きな!」
ジュプ「………そうだった」
セレ「あの…」
ピカ「セレビィちゃんの性格はいわゆる、“ツンデレ”キャラと言われるものなの」
ジュプ「………ふうん?」
ピカ「でね~♪」
セレ(………恋愛なんてわからないくせにぃ)
ピカ「つまり、セレビィちゃんはジュプ君のことがs…」
セレ「きゃあぁぁぁぁぁ?! ピカ、ストップ! ワタシから質問いいかしら?!」
ピカ「なんだよぉ……いいとこなのに」
セレ「自分の正体をあそこで知ったのよね?」
ピカ「へ……あ……うん」
セレ「じゃあ、ジュプトルさんがパートナーだ、って知ったときはどんな感じだったの? 気持ち的な……?」
ピカ「まあ……半分聞いてなかったけどね……ビックリした。でも、ヨノワールに対しては、私の本名暴露してんじゃねぇよ、バーカ!……と、思ってました」
セレ「聞いてなかったのね……」
ピカ「うん」
ジュプ「と、いうか……お前、ゲームシナリオ通りにする気ないだろう。何回テイクいれたと思っているんだか」
ピカ「私が台本通りに動く人じゃなくってよ♪」
ジュプ「あぁ……変わってないな……」
セレ「ほんと……なんというか……型にはまらないわね……あなた」
ピカ「あれ、嬉しくないぞ」
ジュプ「ある意味、半泣きだったぞ……ヨノワール
ピカ「だって、私の本名暴露しやがるんだもの」
セレ「わかるけどね。仕返ししたいのは……でも、話が進まないから……ね?」
ピカ「今度からは気を付けようと思っているけど、無理だとここに宣言しておきまーす」
ジュプ「それは、無理、ということだろ」
ピカ「うんっ♪」
セレ「………………」
(あぁ……本当に変わっていない。いいことだと思うけど、ダメな気もする)


ジュプ「そういえば、ピカ」
ピカ「はいはーい?」
ジュプ「パートナーとは上手くやっているか?」
ピカ「やってる、やってるー♪」
セレ「関係に進展はないの?」
ピカ「進展? どんな?」
セレ「恋人的な」
ピカ「ない☆」
セレ(昔からうといからな……この子)
ジュプ「パートナーを代えようとは思わないのか」
ピカ「思わないなぁ……私、ポチャ以外と組む気ないんだよね。パートナーは、ポチャって決めてるの」
セレ「あら、どうして?」
ピカ「そっちの方が慣れてる」
セレ「やりやすい、ということかしら?」
ピカ「そう……なるのかな? ずっとパートナーとして一緒だからね~♪」
セレ「休みとかあるわけ? その日は二人ともどうしてるの?」
ピカ「休みなんて早々ないけど……でも、一緒にいるかも。やることない」
セレ(このリア充が……早く気づきなさい!)
ピカ「たまに一緒に出かけたり、遊んだりしてるわー……あ、仕事の事後処理やってるかも」
ジュプ「そうか。大変だな……まあ、仲良くやっているようで、安心したぞ」
ピカ「心配かけるようなことはしないよ♪」
ジュプ「これからも仲良くやれよ」
ピカ「わかってる」
セレ(あぁ……誰かこの二人に“恋愛”を教えてあげてください……この鈍感コンビに!)
ピカ「今更だけど、ジュプ、元気?」
ジュプ「今更だな。まあ、元気だ」
セレ(ピカは…いや、ラルは自分の恋愛にうといのよね……ジュプトルさんは、本当にわかっていないけれど……あれ)
ピカ「他は?」
ジュプ「元気だぞ?」
セレ「だから、このコンビが……」
ジュプ「セレビィ、どうかしたのか?」
セレ「いえ……なんでもないです」
(そりゃ……仲良くできるわけだ。似た者同士だもん……)
ピカ「……あ、人間って、ポケモンの言葉わかるの?」
ジュプ「基本、わからないと思うぞ」
セレ「ワタシとは、テレパシーで話していたわね。ジュプトルさん……どうしてました?」
ジュプ「ラルが翻訳機かなんかをつけていたんじゃないか? 詳しいことはよくわからんが……おそらく」
ピカ「私スゴいなぁ……」
ジュプ「料理も上手かったな」
ピカ「どこで学んだのよ……?」
セレ「言っとくけど、ワタシは知らないわよ? 会ったときから上手かったもん」
ピカ「えぇ……?!」
セレ「もの作りもそうだし……こっちが聞きたいくらい」
ピカ「謎過ぎる」
ジュプ「今となっては、知りようがないな」
ピカ「ふぎゃあ……我ながら、恐ろしい」
ジュプ「まあ、気にするな」
ピカ「…………うん」


セレ「なんか、長いから終わらせろって」
ジュプ「流石に喋りすぎたか」
ピカ「では、お開きにしますかー」
ジュプ「おう」
セレ「それでは、ここまでありがとうございました♪」
ジュプ「これからもよろしく頼む」
ピカ「ではでは!」



~あとがき~
本当はもう少し喋りたかった……が、長いのも困るので、ここまでとします。
ピカの裏話どうでしたか?
まあ、ピカの性格は元からでした~♪
と、いうことがわかったかと思います。いつもあんな感じです。

人間のときのピカ…ラルは、幼い頃どんな風に過ごしたのか、というのはあまり考えていません。親はいるでしょうが、どうなったとか知らないわ……
どこで戦いの技術得たのやら……( ̄▽ ̄;)
あと、基本的に人間のラルに「勝つ」という概念はありません。とりあえず、無事に帰ればいいやー……という考えしかないです。なので、逃げの手なら、大量に考えていますし、用意しています。
今回の短剣とマトマの実もそうですね。
他にもありそうだなぁ……ねえ、ラルちゃん、教えてください。
ラル「え? 内緒だよ」
むう………

ジュプに戦いのやり方を教えたのもラルですな。多分、キツかったと思います。だって、ラルちゃんだもん……
ジュプ「……………」

ではでは、次回はポチャのまとめられたら……やろっかなぁ……
では!