satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第38話

「てるてる坊主か」


「…………へぇ。槍って盾にもなるのね♪ でも、全部は流石に無理よね」
にっこりと笑うスラに対し、先程の技で防御しきれなかったダメージを受けたイーブイ
「…………いってぇ」
「槍を回して、防ぐ……ねぇ」
「早く終わりにしたくなってきたぞ。流石に面倒だ」
「それは、こっちの台詞。誰だか知らないけど……表に出ている彼とあなたは、別人ね? 二重人格かと思ったけれど……それも少し違う……そうでしょう?」
「…………なにがいいたい」
「要するに、別人」
「半分正解だが、半分不正解」
ぐっ、と槍を握り、走り出す。その様子を見て、スラも構えた。
「俺様は、あいつ。んで、あいつは俺様だ。まあ、二重人格ではねぇな……だから、半分正解、半分不正解」
ぐるん、と一回槍を回すと、スラに矛先を向けた。スラは逃げることなく、腕で受け止めた。
「………普通、避けね?」
「近くなきゃ、あんたを狙えないじゃない?……“サイコニードル”」
「…………!」

ドン、という音が響く。
なんだろ……すーくんでは……ないと思うんだけど。てか、私以外に誰かいるわけ? いやいや~……ないない。でも……
「…………誰なの?」
そういえば、おれのなかに入るだのなんだのと、すーくんが言っていた。一人言、と言われたけれど……
あのキルリアが入ってきた……とか?
いやいや……ないない! ないって……うん、ないない………
「………すーくん」
『…………なに』
「あれ、元気ない? どうかしたの?」
『なんでも……で、なに?』
あ、音が聞こえるんですけど……んで、誰かいるのかなぁ………と。
『…………多分、あのキルリアかな。でも、大丈夫……だと…! いったい! なにしてんの?! スゲー痛いんですけど……』
え、え?
なに、大丈夫?
『これは………ヤバイな………』
なにが?!
『なんでもない……』
なんでもない………わけないと思うけどなぁ……まあ……いいや。
いや、よくないな。
「…………大丈夫じゃないよね」
私はとりあえず、周りを見渡すけれど、特に変化はない。これは、無理矢理にでも、大丈夫だ、と思った方がいいかな。
よし、そうしよう。

「…………」
「妖刀・雷姫……神器か……世界にいくつあるかわからない……神器」
何度もやりあっては、止め、の繰り返しを行う二人。キーテが、ピカの持つ刀を見て、呟いた。ピカは、少しだけ感心する。
「なんだ、知ってるんだ」
「当たり前だ。まあ、初めて見るが……ここで、拝めるとはな」
「ふーん……じゃあ、隠す必要もない…?」
「…………?」
「……これは、えっと…誰だっけ」
突然ピタリ、と動きを止める。ある一点だけを見つめる。
「黒さん……?」
「あ、てるてる坊主か。でも、面倒になるな………“ドール”!」
ポフン、と小さく音をたてて、現れたのは、ピカに瓜二つのピカチュウの女の子だ。キーテは、驚いてピカの方を見る。
「お呼びですか、マスター」
「ちょっと、そのピチューの相手をお願い」
「承知いたしました。……では」
「ちょっと事情が変わったわ。んじゃあね!」
「おい……!」
慌ててピカを追おうとしたキーテを止めたのは、現れたドールだった。
「嫌ですよ……無視とかしていいの、マスターだけなんですから……少しの間、私がお相手いたします。と、言っても、その時間はなさそうですが」
「……………キーテ、遅い」
「黒さん」
現れたのは、一人のカゲボウズ…黒の姿。最初に見たときとさほど変化はないように見える。
「……ラルでは、ないな」
「はい。私は、マスターではないです。ですが、敵は倒さなければなりませんので」
にっこりと笑いながら話すその姿は、ピカそっくりなのだが。
「“ドール”という技か……“みがわり”の応用技」
「知っているんですね~」
「当たり前だ」
「ですが、そんなことはどうでもいいのですよ。私はマスターのお役に立つのが仕事であり、使命なのです。なので、あなた方、お二人を足止めします」
にこり、と笑うドール。キーテと黒は、じっとドールを見つめる。
「そんなに見たってなにもでませんよ? マスターではありませんし」
「まあ……そうだろうな。“シャドーボール”!」
「あら、先手必勝ってやつですか? でも、遅いですよ♪」
「……………!」
「私はマスターのコピー……“みがわり”ですよ? マスターほどではないにしろ……力はあると自負しています」
素早く“シャドーボール”をかわし、にっこり、と笑顔を向けた。
「とりあえず……まあ、目的など聞いておきましょうか。なんとなく、フラグ立てたい気分ですので」
「気分で立てるようなものでもないと思うが……まあ、おまえに話すことはなにもない」
黒とドールはじっ、と互いの顔を見つめる。キーテは、完全に蚊帳の外である。が、下手に口出しすることもない、と考えて、ただ、二人のやり取りを見続けた。

「げほっ…げほっ……いってぇぇっ……至近距離からそれはねぇぞ……マジ痛い」
「の、わりには元気よね」
「あははっ……いや、だって、俺様は思念体みたいなもんだろ? 物理的ダメージはあっちにいくからよ♪」
「………………は?」
「それは、お前にも言えることだぜ? まあ、要するに、ここでは致命傷を負った方が負ける。……つーことだ」
それでも首をかしげるスラ。イーブイは、はあ、とため息をつく。
「だーかーらー……痛覚はあるが、傷は外にいるやつが負うの! まあ、外のやつは、痛覚も傷もいっちゃうけどよ」
「それって、同時に二人を殺れるってことよね? ラッキーだわ」
スラのその言葉を聞き、イーブイは、またため息をついた。同時にくるん、と槍を回す。
「テメーも殺れるけどな? 俺様、手加減って言葉を知らねぇからよ……覚悟しとけ」
ぐっ、と槍を握り直し、構える。
「ちゃーんと、外に出してるからな? そんでもって、死ねばいいよ? 生憎、殺しにためらいないんで。あいつみたく、甘くねぇから」
にこり、と笑顔でそう言い終わると、一気に走り出した。もちろん、手加減などする気もなく。
「“花風車”!」



~あとがき~
ドールちゃん、登場です!
もうすぐ終わるぞ………!!
漫画では、ドールではなく、実体化した雷姫が戦う予定でしたが、こっちでは、ドールが戦います。まあ、戦います、といっても、そこまで戦わないですけどね!

そして、もう一人のフォース君ね。
どう表記していいのやら……?
?つければいっか……
フォース?「……………てきとーだな」
フォース「つかさ、お前、なに暴れてんの? おれを殺す気か、バカ野郎」
フォース?「大丈夫だ、制御者は死なないから!」
フォース「痛いんですけど」
フォース?「大丈夫だ、問題ない」
フォース「あるわっ!!」
もう一人のフォースとフォース……
てか、長いな~……名前、早く出したいです。そのために頑張ります。
ちゃんとしたお名前ありますからね!

次回、決着つけばいいなぁ……まだ無理かなぁ……
と、とりあえず……
敵さんVSピカ、フォース!
でーす♪
では!