読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第12話

ポケダン 約束

~前回までのあらすじ~
ライ「久しぶりに雅の料理食ったな」
ショウ「美味しかったですね♪」
雅「あと……親の話……」
ライ「あれだろ? お前らの親はラブラブだってやつ」
ショウ「ライは、母子家庭ってこともわかりましたね。……と、なると、名字ってどっちですか?」
ライ「んー? そいや……どっちのだろ」
雅「ライ、父親のこと……聞いた?」
ライ「この前、話に出たから聞いたんだけど、星になったとか言われた」
雅、ショウ「…………………」
(本当に理由がコロコロ変わってる!!)
ライ「ほーんと、俺の父親、誰か知らね?」
ショウ「知りませんけど……同種族なんすかね」
ライ「さあ……? 何度も言うけど、見たことねぇもん」
雅「…………とりあえず…始める……」
あ、私の台詞…!


「うぅ……まだつかないんですか。こういうとき、レンさんがビュー!……ってしてくれるのに……なんで居ないんですか!」
「あの気紛れ親父に頼んだって、空から放り出されるのがオチよ? めんどくせぇ、とか言って、ポーイ!……よ」
「そうなんですけどぉ……絶対、そっちの方が早いですって」
「いやいや……あの高さから落とされるなら、早さより安全を取るわよ……普通」
ぶー、とふくれるレア。
まあ、彼女はノアの上に乗っているだけなのだが。
ノアとレアは二人で、イルが進化したと思われる“ひかりのいずみ”へと向かっていた。
「大体、あの親父、サボり魔じゃない。雅以上の面倒くさがり屋よ? 私たちが頼んだところで無理」
「えぇ……レンさん、ライくんやショウくんには甘いですよ?」
「それは、ただ単に男の子だからよ……きっと」
「ひいきだー……っと、ここですかね?」
「んー………そうなの? レア、地図地図」
「あ、そうですね……そういえば、ライくんたち、原因わかったんでしょうか?」
レアの疑問はもっともだ。
原因がわからなければ、治療の仕様がない、というものだろう。昨日、散々ライから進化について聞いたものの、わかっていないことの方が多いのだろう。
そんな状況下でどうにかできるのだろうか、ということを考えてしまう。
ライのことを信用していないわけではない。しかし、そういう問題ではない。
「これ、なにか掴めないと長期戦……よね」
「ですね。本当にわかっていないことが多いですから。と、いうか、私、進化についての論文、読んだ気がするんですけどねぇ……忘れました☆」
てへっ♪……という言葉があうような顔を想像し、はいはい、と適当に答えた。
とりあえず、現地にはついたようなので、さっさと調査を始めることにした。

ここは、ある一室。
一人で、机に突っ伏しているのが見える。周りには散乱した資料で散らかっていた。
「……………なんなんだろうか」
ライは、先程から同じ言葉を呟いていた。
しかもそれは、昨日の夜から考えていることだ。
人は見た目じゃわからない。というのは、学生時代に聞いた言葉だ。確かにそうだと学んだのは、研修医のときだったか。
しかし、今回は至って健康な少女が患者である。
今、検査結果待ちだが、とうに知れている。
「異常なんざ……見つからないだろうな。あーもう! 誰か助けてくれぇぇ!!」
ガバッ!……と、体を起こすが、すぐに、へなへな、と突っ伏した。
他の人に投げることはしたくない。
したくないが、原因がわからなければ、治しようがない。
ようは、進化さえできればいいのだが。
「それができれば……苦労はしないよな」
そう、苦労はしない。
単純なのだ。できればいい。
それができないから、困っているし、悩んでいる。解決してやりたいのに、いい案が浮かばない。
「ダメだ。頭が回らん……眠いし、ダルいし、頭痛いし……眠い。あー……寝不足ぅぅ……」
そう呟くのと同時にピピッ、と電子音が鳴った。分析が終わった合図である。
ライは立ち上がり、その結果の紙を取った。そして、じっ、とそのまま数分間の静寂の中、検査結果を見る。
そして、ゆっくりと先程座っていたところに戻るとまた突っ伏した。
「マジで異常ねぇ……至って健康な少女だよ。素晴らしいくらい、健康体だよ!! 久しぶりにみたわっ!……ふへぇ……どーすんだよ」
とりあえず、文句を言うが、振り出しに戻ったことに変わりはない。
「なんかもう……これは……やることなくね……? でも、現に進化途中で止まってるし……でもそういうの、聞いたことねぇし……だけど……異常ないし……」
と、ここで区切り、うう、と唸る。
そして、唸ることを止めると、しばらく、そのままの体勢のライ。なにもせず、じっとしていた。ただ、頭だけは動いていた。
進化の方法、途中で止まる、異常ないのに……止まる。
ぐるぐると同じ言葉が頭の中で回る。
結局、わからない、という答えにたどり着いてしまうのだが。
ライの頭の中はモヤモヤしたものが残る。これを解消できるのは、今回の症例をなんとかしないと駄目だろう。
ふー、と息を吐いた。考えるのは、とりあえずやめよう、と思ったからだ。
ライは、椅子の背もたれに体重を預けると、ギィ、と小さく音が鳴る。そのまま、ぼーっと天井を見上げた。
広がるのはただの白い天井である。
眠いからこのまま寝てしまおうか、と思い、目を閉じた。



~あとがき~
まだまだ続きまーす♪
体に異常はない、イルちゃん。
じゃあ、なんで止まっちゃったのか……ってところですね。
案外、適当な理由なんですけど……それは、本編で!
ライ、完全に寝不足です。ねむねむですわw

そして、また新しく名前が登場!
レンさんこと、レントさんです。
プロフに書きましたね♪ レンさん。
どうやら、雅以上の面倒くさがり屋の気紛れ親父のようですが……どんな人なのやら……
これからの登場に期待!

次回も調査です♪
終われ、早く。
しかし、急展開もあれなので、急展開にしたいところをおさえて頑張ってます。
本当は、ちゃっちゃと終わらせたいんです!……でも、ダメだ……おさえろ、自分。と思いながら書いてます。

ライ「…………………」
ショウ「あれ、ライ? どうしたんすか?」
ライ「……いや、眠いな……と」
ショウ「あら……」
雅「寝たら……死ぬ…」
ライ「なんで?!」
雅「仕事中に寝るの……駄目だから」
ライ「雅にしては、正当な意見だな。でも、死ぬってなんだよ?」
雅「………私が…殺るから?」
ライ「こわっ!!」
ショウ「駄目だよ、雅……そんなこと言っちゃ」
雅「脅し。本当には殺らない……と、思う」
ライ「殺るなよ! 怖いし、犯罪だし!」
雅「冗談」
ショウ「雅、そんな顔で言われても全然、冗談に聞こえない………」
雅「クスッ」
ライ「あー…ショウお兄ちゃーん……俺、雅お姉ちゃんが怖いよー」
ショウ「大丈夫っすー……俺も雅お姉ちゃんが怖いですからー」
雅「………………二人とも、棒読み…」
ライ、ショウ「……………あはは…」

ではでは!