読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 番外編~前編~

ポケダン 番外編

「走れそりよー♪ 風のようにー♪」
「別に歌わなくてよくないか?」
「クリスマスだもん。いいじゃん♪」
………うん。あのさ。
「まあ、構わないんだけどさ……なんでここにいるわけ? 三人とも」
私は目の前にいる、三人に話しかける。
確かにクリスマスは近い。しかし、それがイブちゃんたちがいる理由にはならないのは明白だ。
「昨日、プクリンがもうすぐクリスマスだー……とか言って、盛り上がったはいいが……んまあ……そういうことだよ! とにかく、ギルドが大変なことに…」
イブちゃんの隣に座っていたフォース君が言う。
どういうことなのか全く伝わらない……が、親方がなにかしたんだろう、というのは伝わった。
まあ……お酒に酔った勢いで……だろう。
キョロキョロと辺りを見回し、チコちゃんがこちらを向いた。
「ピカさん、ポチャさんは?」
「お家にお呼ばれ」
そう。帰郷中。
ポチャの故郷である、海の国に帰っているのだ。
本人は最後まで帰るもんか、と駄々をこねていた。本当に家のことになると、往生際が悪い。
嫌いなのはわかるけれど、さっさとすませて帰ってこよう、とは思わないのだろうか?
まあ、家族とかそういう問題はよくわからないし……関係ないけれど。
「じゃあ、一人なのか……クリスマスなのにむなしいな」
「フォース君にクリスマスを楽しむ心があったんだねー? 初めて知ったよ」
「……別におれは楽しむ気はないんだけど、周りが騒いでるし」
要は自分も楽しんでるじゃない。
一人とか意識しないようにしていたんだけど……面向かっていわれると、ヘコむ。
「じゃあ、ギルドでクリスマスパーティーしますか? ポチャさん抜きですけど…」
イブちゃんが少し申し訳なさそうに提案した。
クリスマスまでにポチャが帰ってくる保証はないし、それもいいかもしれない。でも……
「んー……いや。帰ってくるかもしれないしね。遠慮するよ。それに親方の盛り上がりについていけないし」
「そうですか……あ、気が向いたら、きてくださいね! 大勢の方が楽しいですもん♪」
「そうだね。考えとく」
にこり、と笑い返し三人に向かい合う。
「ところで、ギルド、直さなくていいの?」
「そうなんですけど。ペラップさん、慌ただしいんですよ。まあ、そこまで崩壊してませんし、すぐに直ると思いますけどね」
チコちゃんが、苦笑いを浮かべながら話す。私はバサバサと翼を羽ばたかせる鳥を思い浮かべた。
なるほど。逃げたくなるわけだ。
「でも、直さないと駄目じゃない?」
「だな……行くか。じゃ、またな。ラル」
ひょい、と立ち上がると、そのままスタスタと出ていったフォース君。イブちゃんとチコちゃんは互いに顔を見合わせ、ゆっくりと立ち上がった。ぺこり、とイブちゃんが頭を下げる。
「ピカさん、お邪魔しました。すいません、急に…」
「ううん。大丈夫だよ。暇、潰せたし」
「そうですか……? それならいいんですけど……では、失礼します! 行こ、チコちゃん」
「うん! では、ピカさん。また」
静かになった基地をぐるりと見回す。いつもなら、ポチャといるところなんだけれど、いないから、一人だ。
「むなしい……ね」
考えてみると早々ないな……ポチャとしばらく離れるというのは。いや、ないわけじゃないから平気だれけど。
うーん……でも、ここを出るとき、いつ帰るかわからないとか言っていた。下手に仕事に手は出すなと言われてしまっている以上、なにもできないだろう。うむ、留守番……暇。
クリスマス……か。どうせなら少し、でかけてみるか……なにか、あるかもしれないし。いや、一人だけれど気にしていられない。
「そうと決まれば、行動だー」
勢いよく立ち上がると、早速、でかける準備を始めた。

基地を出て、どれくらいたったのだろう。
どこもかしくもクリスマス色に染まっている街を通りすぎ、散歩気分でフラフラしていた。
ちなみに、スルーしてきたが、トレジャータウンも例外なく、クリスマス一色に染まっていた。そこまで盛り上がるイベントなんだろう、と嫌でも思わせるかのように。サンタにプレゼントなんて貰える歳でもない私には、興味はないけども……
そして、頼めるのならば、物より休みをくれと頼む。
こう考えてしまう私は可愛いげがないのだろうか。
自覚していても……あれだ。考えてしまうのは仕方ない。うん。
私は気になったお店に入っては出て、入っては出てを繰り返し、暇を潰す。そこまでお金を使うわけにもいかないため、現在、なにも買っていない。
クリスマスの影響から、どこも賑わっているようだ。私のように一人で来ている人はあまり見かけない。恋人同士で買い物デートをしている人ばかり。
「……やっぱり、一人で来るようなところじゃないな。失敗した」
ぽつり、とそう呟く。
ポチャといれば、まだましだったか……まあ、いない人のことを気にしても仕方ないというもの。せめて、イブちゃんたちと来るべきだった……
そんなことを考えつつも目に入ったのは、アクセサリー屋。立ち止まって見てみると、ブレスレットやネックレスなどが綺麗に並べてある。
そこで、あることを思い付いた。
「……よし♪」
ある決心を胸に秘め、少し浮かれつつお店の中に入っていった。



~あとがき~
後編と思いきや、中編に続きます。
ポチャと離れ、一人のクリスマスを迎えることになりそうなピカ。そんな彼女が思い付いたこととは……?

前にもどっかで言いましたが……
時系列的に本編からすると、少しあとの話ですね。
だから、フォースがギルドの話をしているわけだが。
いつものようにトークしてもよかったのですが、それじゃあ……ネタがないってわけでして……テヘペロ☆
もしくは別物とお考えいただければ幸いです……!

え、ピカとポチャがくっつくかどうか?
いや、くっついてもらわないと、私が困りますw
まあ、今回はくっついている、と思ってください。はい。本編じゃ、まだわからないけども。
しかし、ピカとポチャがメインみたいなものなので、イブたちは出番少ないです。許して((
イブ、チコ「………………」
フォース「…………あふ…」
イブ「すーくん、呑気にあくびしている場合じゃないよ? 番外編なのに、出番ないよ?!」
フォース「あのなぁ……本編じゃいつ見られるかわからない、ラルとペンギンのラブラブが見れるんだぞ? そんくらい我慢しろよ」
イブ「……それもそうか」
チコ「いや、納得なの?! イブ、それでいいの?」
イブ「……………はっ!!」
フォース「いーじゃん……それで」
イブ「よくなぁぁぁい!!!!」
フォース「えぇ……」

次回をお楽しみに~♪