satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

2013年の振り返り&反省会

今年も色々ありましたなー
うんうん……(´-ω-`)
ピカ「おい。そこのアホ作者聞け」
はい? なんでしょうか、ピカチュウコンビさん。
ライ「なにそのまとめ方?! まあ、いいや。なんで俺たちまで作者の反省会? 謝罪?……なんでもいいんだが、それに参加させられてるんだ?」
え? いいじゃない。
一人でたらたらと喋るより、楽しいじゃん?
ピカ「これだって、一人しばi…」
言うなぁぁぁぁ!! そんな三次元ネタはタブーなんだよ! バカ野郎!!
ピカ「作者にバカにされたんだけど……」
ライ「一生の恥っすね」
ピカ「うわ……マジかよ。殺せばなんとかなるかな」
ライ「なるんじゃないですかね。あ、手伝いますよ」
ちょいちょいちょい!! せっかく、今年ラストの記事に二人出てるんだから、そういう話はやめようよ! ね?
ピカ、ライ「…………」
(誰も出してくれなんて言ってねぇよ……)
皆は多い。多すぎるから、二人を呼んだんじゃないか。
私、やっさしぃ♪
ピカ「いらん。そんな無駄な優しさなんて」
ライ「そのまま返すわ、この無駄な優しさ。バットで打ち返すわ」
やめてよぉぉぉ……(´・ω・`)
一緒に振り返ろう? ね?
お願いします!!
ピカ、ライ「…………仕方ない」
わーーーい!
ありがとぉぉぉぉぉぉ!!!

H/K

四月からでええよな。
これ、四月一日から始まりました。このブログ。
次の日には空と海の連載をスタートしました。
ピカ「最初の設定、知ってる?」
ライ「ボツ設定ってやつですか?」
ピカ「そ。知っている人は知っているやつ。最初はイブちゃんたち、強かったんだよ? 期待のルーキーみたいな設定で、私とポチャと戦うみたいな」
ライ「マジっすか。ピカさんたちは?」
ピカ「ギルド卒業してなくて、そこそこ強い?」
そして、イブたちに負ける。
ピカ「そこまで考えてなかったくせに」
てへっ☆
他にもボツ設定あるぞー?
いつか紹介できればいいな~

そして四月って言ったら、私は高校一年になりましたー! 特に楽しくはない。
ピカ「wwwwww」
ライ「ありもしない画力を駆使して、イラ部で奮闘中」
ピカ「現在進行形♪」
そうですね……
まあ、自由な部活なんで、いいっしょ!

そしてゆるトークこと、ゆるゆるトークも四月中旬から連載スタート! まあ、不定期更新なので……ね?
空と海が終わってもピカたちでやるか、ライたちが引き継ぐかは不明だな……
ピカ「私たちでいいんじゃね?」
ライ「出番、消えますもんね? 特にピカさん」
ピカ「ちくしょう……」
そこのお二人さん、ネタバレはダメダメよ☆
ピカ「ウザい☆」
ライ「あはは……」
そして、下旬から過去編も細々と……!

他……私は特にないか…
ピカ「あるじゃん。皆さんに言ってないこと」
えっ……?!Σ( ̄ロ ̄lll)
ライ「ありますね」
いや……あれは…
ピカ「この場でかるーく言っちゃいますね! 作者、死にかけました♪」
ライ「高校入って早々、自転車で事故って怪我して学校を約二週間ほど休むっていうね」
ピカ「作者の不注意なんだけどさ~」
ライ「命に別状はなかったんだけども……」
ピカ「結果、全治三ヶ月の怪我とかwww」
………………………( ̄▽ ̄;)
てへっ☆
ピカ、ライ「笑って済まされないんだけどね?」
い…生きてるからええやん……
ピカ「骨、折れたんじゃないの? 松葉杖だったよね」
折れてない。剥離骨折や。
ライ「重症……それは」
てへへっ☆
まあ、今は大丈夫なんで。
この場を借りて言います……
皆、怪我には気を付けようねっ!
ピカ、ライ「お前もな」
あ、はい……

で、キャラプロフも始めていったんだー!
ピカ「さっきの少し重い話からのこれね」
ライ「ピカさんがトップバッターでしたよね?」
まあ、あのプロフも変更したいくらいなんだけどね? 設定、変えたい……
ピカ「ちゃんと考えてから出せよな」
私の曖昧さはアイデンティティーなのよ♪
ライ「そんなもの捨ててしまえ」
あう。
ピカもボツ設定、あるんだよ?
ピカ「?」
まあ、それはまたの機会に……
ピカ「なんだよ、こいつ」

そして、五月の下旬。私の誕生日とかどうでもよく、うごメモが終わったんです! あ、うごメモはてなね。
悲しい……(´・ω・`)
今の使う気になれないもの……
ピカ「まあ、ノーコメントで」
ライ「長くなりそうなんでちゃっちゃといきますね」

六月から空と海の設定を公開し始めました。
そいや、今度は大陸の話をするって言っといて書いてない……
ピカたちとライたちの話両方に関わる設定なので……
ぶっちゃけ全部関わるけどね?!
ピカ「雑くなってきたね」
ライ「えぇ……まあ、長くなるんで」

話は飛びまして七月……
番外編開始。と、いってもゆるトークも番外編だし、キャラ同士の一対一のトークも番外編なんだが。
複数のキャラトークはここからですね。
え、誕生日のときもやってた? それは私もメインだから、ダメだよ(笑)
これは季節のイベントのときにしかやってません。前回のはクリスマスだったので、いつもとは違うピカたちの関係にしてみました。
そしてキャラ考察も開始。
つっても、1で止まってますがね……ふふ。
時間があれば、今度はライたちに手を出します。
ライ「………なぜに?」
なんとなくだよ?

七月中旬に記事数、百突破!
出しすぎな私(笑)

そして下旬。
ライたちの物語、ポケダン約束、連載スタート!
略してポケ約。まあ、約束でええか。
それは月一更新が理想。
でもまあ……理想だから、無理なのはわかるよね……?

そして約一ヶ月飛びまして、八月下旬。
空と海のキャラたちの裏話スタート♪
とりあえず……ピカとポチャは終わったね。
ライたちもあるよ? でも、ネタバレオンリーだから、書けないんだよ?
ライ「誰も書いてくれとは言っていない」
ピカ「確かに……!」
ぐすん……(T^T)

そして九月上旬。
『×××』スタート。
まあ、これはピカとフォースしかないな。
ピカ「なにが言いたいかわかんねぇもん……これ」
確かにそうなんだよね……
フォースのは勢いで書いたんだけどさ。ピカねー
暇だったらポチャかな?
ライ「×××……って、なんか意味があるんすかね?」
ピカ「ないと思うけど……本編に絡む心情だよね。フォース君のは」
ライ「そうなんですか……フォースさん、何て言うか……作者に好かれてますね?」
ピカ「だよね」
大好きよ、フォースくーーん♪
ライ「フォースさんに殺されるよ?」
あ………

そういえば、約束の簡単プロフを出したのも九月でした。
ライ「残念な人ね」
そう、残念な人。エレキさん。
ピカ「そこまで言うほど残念な人?」
ライ「なにかといじられますからね。ポチャさんの比じゃないっす」
ピカ「あ……残念な人だ」
色々いて、残念な人っていうフレーズがねー
お姉さんの心を射ぬいたみたいなのー
ある意味、救われたエレキさんでした。
ピカ「残念って言われた時点で救われたも何もないよね」
ライ「そうっすね」

そして! 十月!
ポケモンYプレイ記、開始!
続きは来年ですね~……殿堂入り前で今年が終わった。
プレイ記、書けているんだが……
兄貴ことピカチュウのライドさんの存在感がパネェ……
あとフィアさんの可愛さ♪
バンク……DLできないまま、配信中止してしまった……うわあぁぁぁぁん!!!o(T△T=T△T)o
愛でたかったのに! 愛でたかったのに! ビクッちゃんとかレシラムさんとか! ジラーチさんも!! うわあぁぁぁぁん!!!
ピカ「落ち着け」
……………あいぃ(´;ω;`)
これは課金してでも移動させる……!

そいや、私のこと振り返ってなかった……
うーん……夏は友達と初カラオケしに行って、秋は文化祭と体育祭かな?
はい、終わり。
ピカ、ライ「はやっ」

そして、現在に至る。
ほとんどブログのことを振り返りましたね♪
まあ、いいじゃない。
ピカ「新年の目標等は明日、話しまーす」
ライ「えっと……結局……っと」
どうしたん? ライ君。
ライ「ブログ記事投稿数、223。ブログ日数、204日……ですね」
ピカ「こう思うと結構出してるね? まあ、一日に二つ出してるときもあるけど」
ライ「それなのに、この話の進まなさはなんなんすかね」
ピカ「ね?」
ご…ごめんなさい……
ピカ「長いから、しめようか。ここまでありがとうございます」
ライ「来年もどうか、よろしくお願いします」
ではでは、よいお年を!(* ̄∇ ̄)ノ
ピカ、ライ「よいお年を!!(*^▽^*)」