satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第53話

~前回までのあらすじ~
イブ「あのブラッキー……ラウラだっけ?」
チコ「うん。らしいね……で、フォースと同じ制御者らしい」
フォース「らしいじゃなくて、そうなんだけど」
イブ「なんで仲間同士でやりあうの?」
フォース「それは作者に聞け」
チコ「確かに……フォースの意志じゃないもんね」
フォース「当たり前だろ……なんでそんな危険なことしなきゃいけないんだよ……」
イブ「危険なの……?」
フォース「あれ、言ってなかったか? えっと…」
チコ「そこのところも本編で! 始めよ!」
はいはーい♪


え…え?
すーくん、どういうこと?
「こいつは白の制御者。ランクで言えば最下位」
「対する君は赤の制御者、紅の制御者で僕より上位だね。わかりやすく言うと、僕の上司みたいな人さ」
そんな人がなんで?
すーくんはラウラ…ブラッキーから視線を外すことなくじっと見つめる。
面倒だから、ブラッキーで統一するわ……うん。
「さっきのはなんの真似だ? 手が滑ったとかおれじゃないんだから、言い訳にならねぇぞ」
「くすっ♪ まだ取得できてないの? 頑張りなよ……せっかく、全ての力を操ることができる資格があるんだから」
全然、話が読めない……
全ての力? 確かに力を使って色々な武器を出せるけれど……それとなにか関係があるのかな?
「そんな力……別に…」
「贅沢言わないで使えばいいのに」
「おれは…っ!」
「だから、君は甘いんだよ? 制御者なんてこの世界じゃ不死身みたいなものじゃん。……例外はあるけれどね?」
「…………! すぅ、ごめん」
え? ちょ……いやあぁぁぁぁ?!
思いっきりすーくんに投げられ、離れたところにいた、エーフィに激突。
「イブが飛んできた!」
「ふぎゃっ?! いてて……イーブイちゃんが飛んできたよー……」
「チコちゃん……久しぶり。あと…ごめんなさい……ちょっと!! すーくん、なにして…?!」
私がすーくんの方を向くと、ブラッキーがすーくんに飛びかかるところだった。しかし、すーくんは何事もないようにするりと避ける。
「ミラ、その二人、よろしくね?」
「ラジャーですっ!」
キリッ、と敬礼のポーズをとる、エーフィ。
まあ、私のせいで倒れちゃってはいるけれど……
「ラウラ…………お前、なにが目的だ」
「君の願い、叶えたげる。ずっと前からのお願い」
「………は?! それは…」

お願い……?
って、私のできることをしなくちゃ……!
「チコちゃん、大丈夫? なにかされてない?」
「されてはないけど……イブこそ、大丈夫?」
「うん。平気」
どうやら、なにもされてないようだ。
じゃあ……次。
バッジはどこ……?
キョロキョロと辺りを見回すが、それらしきものはなにもない。どこいったんだろ……?
「あれ……?」
「イブ、バッジ……あっちだよ」
うん? あ、とられてる……!
「それ返してください!」
「ダメだよー! これ返したら、帰っちゃうもん。ダメダメー!」
うぅ……返してよー!!
ピョンピョンとジャンプしてみるが、高いところに持ち上げられたバッジに届くわけない。
私じゃ身長が足りない……! これじゃ、端から見れば、遊ばれているようにしか見えないよ。
うわーん!
「返してくださーーい! じゃないと、すーくん、負けちゃうよー!!」
だって、優しいもん!
エーフィはこくっ?…と首をかしげた。
「信用してないの? 彼のこと」
「してるけど、してません!」
叫んだからか、あっちの方から笑う声がしたような……? まあ、気にしてられない。
返してー!!
「ダメだってー……」
「……はあ…はあ……な、なんでぇぇ……」
「イブ……? あの、大丈夫?」
うん……大丈夫…じゃない……
ちょっと一時休戦……休憩しよう。
「継承者の名が泣いちゃうよ? 体力ないね~?」
「け…継承者とか……知らないし…関係ないし……」
……チコちゃんがいるところでそんなこと、言わないで欲しい。つか、言っちゃってるじゃん! あ…
「えっと……」
「そのチコリータちゃんはなにも知らないよ? あの人…ラウラさんが教えようかって聞いたんだけどねー?」
え………?
私はエーフィからチコちゃんへと視線を移す。チコちゃんはにこっ、と笑った。
「イブの秘密みたいなものでしょ? そんなの他人から聞いたって仕方ないもん。聞くならイブから聞きたいから……それに許可なしにそんなこと、ダメじゃん♪」
チコちゃん……
「ってことで、教えてないの」
私はそんなチコちゃんに嘘言ってたんだ……
なんか罪悪感……うぅ……ごめんね。
なんて心の中で言ったって仕方ないよ……でも、今はそれどころじゃないんだ。バッジを取り返さないと!!
すーくんのことは信じてる。
大丈夫。だって、護ってくれるって言ってくれたもん……だから、私は私にできることを!



~あとがき~
次回こそラウラさんとフォースのバトルを書きたいっす。ほんとは今回に入れたかったんだが……
別にわけた方がいいかなって。

ってことで、次回は二人のバトルを!

フォースのことは今回の話に色々出てきましたね。
そこら辺も今回の章で明らかにしていきたいですね!

なにか質問等あれば、答えます。
急になんだよ。と思われるかと思いますが、あれだよ。ネタがきれてきたんだよ! ここのあとがきのところが(笑)
まあ、あとがきだから、そこまで長くしなくてもいいんだけども……

それはさておき……次回もよろしくです!