読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第18話

~前回までのあらすじ~
ショウ「ライの説明がほとんどでしたね♪」
ライ「そうなんだけどさー……ちょっと聞きたいんだよね。雅さん?」
雅「……………ん?」
ライ「お前、俺には仕事仕事言うくせに、自分の仕事は忘れてんの? なんか、ひどくない?」
雅「………誰にでも…間違いはある……」
ショウ「間違いなんすか? それは」
雅「……………」コクッ
ライ「いや、ただ単に忘れてただけだよね?!」
ショウ「あはは……」
雅「大丈夫……届ける…」
ライ「その言葉、信じていいんだな」
ショウ「大丈夫ですって♪ ライ、信じましょ?」
雅「…………始める」


ライはレイラに言われたことを一瞬、理解できなかった。と言うよりも、なにを言っているのかわからなかったのだ。
「無限に貯めることはできない……けれど、データは入り続ける。……結果、どうなるのかしらね」
「え……入れるためには消すしかないんじゃ……?」
「それは矛盾するわ。だって、一度見たものは忘れないんだもの」
そう言われるとそうだ。
しかし、それならば、なにが答えなのだろうか。
「答えは受け付けなくなる。……入れるためには消すしかない、というのは、正解。正論なの。けれど、それができないのなら、諦めるしかないわね」
「いやいやいや?! 困るよね?! 新しいデータも必要だよね? 大体、覚えられないことも矛盾するだろ?」
ライの発言を聞き、にこり、と笑う。そんなレイラの行動に首をかしげた。
「そう。つまり、よくわかっていないのよ」
「…………………はい?」
「先が見えない、ということが最大のデメリットってわけ。なんか怖いじゃない」
「んな、アバウトな……」
小さくそう呟いた。レイラは聞こえたのかそうでないのかハッキリしないが、笑顔のままだ。
まあ、確かに、この先なにがあるのかわからない、というのは恐ろしいものだ。この能力のせいで、よくないことが自分の身に現れても不思議ではないのだから。
「まあ、ライなら多分大丈夫でしょ♪」
「だからアバウト過ぎるって!! 根拠がないんだけど?!」
「うん? そうね……私の息子だから?」
「…………え?」
「私はライのこと、信じているもの。なにがあってもライはライ。私の大好きな息子だから……ねっ♪」
そう言い終わると、レイラは立ち上がり、ライのことを抱き締める。安心させるかのような母の行動を素直に受け入れた。ライもぎゅ、と抱き締め返す。
「…………なにがあっても…か」
「そう……だから、あなたはあなたの道を行きなさい。私はここで待っているから。ライの帰る場所、守ってあげるからね」
「うん……俺も頑張る。夢、叶えるから」
レイラはライから離れると、今度は優しく頭を撫でる。少し照れ臭かったが、大人しくしていた。

ギルドについたのは、ライがまた静かになったすぐあとだった。ショウはいつも通りに扉を開け、中に入る。
「ただいまです!」
「…………おかえり」
片手に本を持ち、もう一方の方でカップを持っていた雅に出迎えられた。出迎えられた、というよりは、たまたま通りかかっただけようにも見えるが。
「雅、その状態でどうやって扉を開けるんすか?」
「………本をあたまの上に置いて…?」
「そ、そうですか……? あ、俺、開けようか?」
「………ありがと」
雅の返事を聞き、隣で歩く。本を開いて歩く雅を横目に疑問に思ったことをとりあえず、言ってみることにした。
「本を部屋に置いてくればよかったんじゃ……?」
「それは……嫌」
「嫌なんすか? なんで?」
「……読みたいから」
「雅らしいっすね……あ、つきましたね。どうぞ♪」
雅が籠っている部屋の扉を開けると、そくささと部屋に戻った。ちらり、と覗くとこの前整理したばかりだというのに結構散らかっていた。
これには驚きを隠せないらしく、本音が出てくる。
「雅……なにしたら、ほんの数日でこうなるんすか」
「漁るとこうなる……」
当たり前のように答える雅。どう漁ればこうなるんですか、という質問をしても、こう漁る、と返ってきそうなので、言わないことにした。扉を閉めようとしたショウを、雅が止めた。
「………? どうしたんすか?」
「……扉、開けてくれてありがと」
薄く笑う雅を見て、ショウは少し嬉しくなった。こちらもにこり、と笑顔を見せる。
「………! はいっ♪」
「じゃ……またあとで」
そう言い残し、ぱたん、と扉を閉めたのを確認すると、自分達の部屋へと向かった。
「なんか、雅の笑った顔、久しぶりに見たな……いつも笑ってればいいのに……って、難しいか…あ」
「………おぉ、ショウか」
「エレキ、できない二足歩行しながらなにしてんすか? 別に頑張ってしなくてもいいんすよ?」
「お前だけは違うと思いたいんだが……今の発言、トゲだらけなんだけど?!」
得意でもない二足歩行をしていたエレキ。両手には資料と思われる紙の束を抱えていた。
「慣れないことはやめといた方がいいっすよ?」
「……わかってっけど、誰もやってくんねぇから」
「置いとけば、俺がやりますけど」
「いや、親方に頼まれたし……大丈夫…」
「ぶちまけないように気を付けてくださいね。ライを部屋に寝かしたら、手伝いますんで」
エレキはおう、と小さく返事を返し、よろよろと歩いていった。そんな後ろ姿を見て、大丈夫かな、と呟く。
心配しても仕方ないか、と切り替え、部屋へと向かった。


~あとがき~
なんとか……説明終わった……ありがとうございました、レイラ母さん。
そして、お久しぶりのエレキさん。べっ…別に存在を忘れていたとかそんなんじゃないんだからね?!
……いや、忘れてたんだけどね。

次回、今回の章のまとめに入ります!
やっとだよ~♪
ノアとレアも出してあげたいね。ノアは出したけど、レアは出してないからね。まあ、無理か。

エレキ「………何気にここ、初めてなんだけど」
ショウ「あれ? そうでしたっけ?」
雅「……存在、薄いんだよ…」
ショウ「あー……なるほど」
エレキ「納得しないで?!」
雅「………エレキ、うっさい……レアにしごかれればいいのに……」
ショウ「あはは……レアのは危ないっすよ」
エレキ「あいつのはヤバイから。下手すると変な扉開くって」
雅「………開いたら、一生近づかないで……?」
ショウ「そんなこと言っちゃ、駄目ですよ」
エレキ「いや、開かねぇからな?!」

ではでは!