読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第19話

~前回までのあらすじ~
ショウ「久しぶりにエレキが登場しましたよ」
雅「………それ、いらない」
ショウ「あれ? そうですか……んじゃあ、ライの能力の話がとりあえず終わりましたね♪」
雅「………そうだね」
エレキ「俺の扱いが雑すぎねぇか?!」
雅「残念な人……仕方ない…」
エレキ「えぇぇぇぇ?!」
ショウ「まあ……他には特にありませんね。それでは始めますか♪」
雅「……なんでこいつがいるんだろ……? 話が進まない…」
エレキ「お前、俺のことをなんだと思ってんだ?!」
雅「…………」
エレキ「無視?!」
ショウ「そっ…それでは、始めます! 作者さん、よろしくです!!」
は、はい!! 了解です!


ショウは、眠ってしまったライを部屋へと送り届けたあと、先程のエレキが気になったため、様子を見てみる。ちらりと伺うと、資料をぶちまけてはいなかった。しかし、相変わらず、不安定でよろよろしていたために、手を貸すことに。
「雅に頼めばよかったのに……」
「あいつが俺の頼みを聞いてくれるとでも?」
「……ごめんなさい。あり得ません」
一応、地位はエレキの方が上のはずなのだが、どうやっても雅に好かれないようだ。まあ、雅だけではないのだが。
「で、どこですか? 資料室?」
「あ、えっと……親方の部屋」
「じゃあ、資料室から持ってきたんすか? あの……遅すぎません?」
「二足歩行、できないんだよ! それでもここまできたこと、誉めてほしいわ」
「誉める?……よくできました……?」
「……………ありがとう。ショウ君、優しい」
「あはは……エレキはいつも頑張ってますもんね」
「あのさ、その優しさを頼むから、お姉さんにも分けてあげて?」
エレキのこの発言を雅に聞かせたら、大変なことになりそうだな、と思いつつ、無理っす♪ と、返す。
そんな会話をしていると、目的地だった親方のシアンの部屋についた。エレキは一呼吸置いて、扉をノックする。
「……っと……親方様、エレキです。入ります」
「ショウです。入りますね、親方」
部屋からの返事はないが、構わず二人は部屋に入る。部屋に入ると少し散らかってはいたが、いつもより綺麗にしてある。そんな部屋に椅子に座って寝ているシアンを見て、二人は顔を見合わせた。
「……親方、居眠りしてますよ」
「おう……してるな」
「どうします? 起こす……のは、身が引けます」
「そっとしておこう。えっと……机の上……で、いっか。……ショウ、いいか?」
「はい。了解しました」
シアンを起こさないよう気を使いながら、邪魔にならないところにそっと置いた。
そのとき、机の上にあった写真のようなものに目に入った。しかし、ちらっと見ただけでは、誰なのかわからなかった。そのため、もう少し見ておきたいな、と思ったところでエレキに話しかけられる。
「……ショウ? どうした?」
「あ、いえ……写真があったので目に入っちゃって」
「あぁ……それ、なんだっけなぁ……四天王とその補佐との集合写真だったかな? プクリンさんがノリで撮ろうって言ったとかなんとか……」
プクリンギルドの?」
「そ、プクリンギルドの親方さん」
へえ、と納得しかけ、あることに気づく。エレキの方を改めて見る。見られたエレキは少しだけ首をかしげた。
「あれって、ピカさんもいますか?」
「ピカさん……おぉ、いるんじゃね? ちょっと見てみれば? でも、なんで?」
「俺、昔にちょっとお世話になったもんで……あ、いた……!」
「お世話になった……?」
「はい♪ ちょっと懐かしいです」
写真で見るピカは、昔見た姿と変わらなかった。ショウはその姿を見て、写真を元の場所に戻す。
「凄い人と知り合いなんだな、お前」
「そんなことないっすよ♪ さて、親方が起きる前に退散しましょうか」
「そだな」
そろり、と部屋を出て、静かに扉を閉めた。そして、エレキと別れる。次に夕食の準備をするため、食堂へと向かった。

「……失礼します」
「あ、ライお兄さん♪」
一眠りしたライは、いい加減仕事をしなければ、と思い、経過観察に訪れたのだった。病室にいたのは、進化を遂げ、リーフィアとなったイルとその兄であるロキの姿。
「ライお兄さん、白衣着てる」
「一応、これでも医者だから。聴診器もあるよ」
「わぁ……! あ、お医者さんだと眼鏡もかけるの? レアお姉さんはかけてないけど」
「うん? あぁ、別に目が悪いわけじゃないんだけどね。疲れるから……それを軽減するために」
へぇ……! と、瞳を輝かせて、ライを見つめるイル。そんなイルの様子を見ながら、にこり、と笑いながら頭を撫でた。
「イルちゃん、特におかしいところはない?」
「うん。大丈夫かな♪ 進化できて嬉しい。ありがとう、ライお兄さん」
「どういたしまして。明日、検査して大丈夫なら、退院してもいいかな。……よかったね、イルちゃん」
「ほんと? よかったー!」
嬉しそうに笑う、イルを見て、こちらもつられて笑った。そして、ライはロキの方を向く。
「明日検査をして、異常が見られなかったら……そうだな……明後日には退院できると思います。まあ、異常なんて見つからないと思いますが」
「そうですか……ありがとうございます」
「イルちゃん、前回の検査結果では、健康そのものだったので……感動すら覚えましたよ」
「そう言って貰えると、安心しますね」
ほっとした表情になるロキを見て、イルのことを心の底から思っていたのだろう、と思った。実際、嘘ではないから、イルは大丈夫だろう。
「お世辞とかじゃないんで、いや、本当に。……だからこそ、原因も突き止めたいところなのですが。難しいところですね」
「そうですか……少し気になるんですけどね。まあ、イル…妹が無事なら、原因はいいですよ。ここまで尽くしてくれただけでも、感謝していますから」
「いえ、こちらも勉強になりました。進化のこと、そこまで詳しくなかったですし、どうなるかと思ったんですよ。まあ、結果よければすべてよし……ですね」
「確かに……そうですね。ライさん、ありがとうございました」
「いえいえ……それでは、僕はこれで。またあとでね、イルちゃん」
「うん、あとでね!」
ライはイルたちの病室を出て、ぐっと背伸びをした。そして、息を吐きながら、くるりと方向転換をする。
「……さて、今回の件はこれで大丈夫かな。ノアたちに連絡して戻るように言うか……どうせ、雅のことだから、ノアたちにまだ帰ってくるなって言ってるだろうしな」
よし、と呟くと、連絡を取るために部屋へと急いだ。



~あとがき~
エレキさんがぶちまけると思いましたか? ぶちまけないんだなぁ……それが。ふっふっふー……
ぶちまけると雅さんに殺されるので、かなーり慎重なエレキさんなのだよ。うんうん。
ってことで、期待していた方、すみませんでした。今度はぶちまけて雅に半殺しされるところを書きます((殴

しかし、うーん……話が広がってたなぁ……
いつだったか、ショウ君と探検隊さん…ピカとの絵をあげたので、それの話をするために伏線を……(笑)
本編で説明しますね。気長にお待ちください!

次回、まだまだまとめ回、続きます。
ノアとレアは、いつ登場するのやら……

ライ「あれ、エレキがいる」
エレキ「いちゃ悪いか」
雅「………ここぞとばかり出てきてる」
エレキ「いいじゃん……別に」
ライ「なあ、知ってるか?」
エレキ「?」
ライ「エレキの口調が定まってないらしいぞ? 作者の中で迷走中なんだとよ」
エレキ「…………はい?!」
雅「………ふっ」
エレキ「笑うな!!」
雅「ここで笑っとかないと……ね?」
ライ「た…確かに……くくっ…」
エレキ「お前らぁ……」

ではでは!