satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第68話

~前回までのあらすじ~
前回、敵からちょっとした情報をいただきました。そして、今回は敵陣乗り込むで~♪
ピカ「早く終わらせるって感じなのが滲み出てるよね。この章、なんでやってるの? 間に入れたかったわけ?」
ぐふっ……えっと……てへへ♪
こんな仕事もあるんだよ!……ということで、紹介みたいな?
ピカ「………ふーん」
ポチャ「なんか適当な感じが伝わるような」
そんなことないっすよ!! そんなことない!
それでは、始める!


ピカとポチャの前に森の奥に相応しいとは、お世辞にも言えない建物が建っていた。しばらくじっと眺め、ピカは場所を確認する。
「ここっすね。……これまた、こんな森の奥に豪勢なお屋敷みたいなの建てちゃってますねぇ」
「これ、見つかったらどうしよう!……とか、考えてないのかな」
「そのためのさっきの罠っしょ? つか、見つかっても殺せばいいんじゃね?…みたいに考えてると思う」
ピカの言葉にそうかもしれない、と感じた。相手は普通ではないのだ。一般的な考えを相手に求めてはいけない。
「ポチャ、行くよ? 準備いい?」
「もちろん。すぐに終わらせよ」
「そうだね。ではでは、正面突破ドーーン作戦で!」
「………毎回思うんだけど、それは作戦でもなんでもないからね?!」
「てへっ☆ つっこんでないで、行こっ♪」
「あー……はいはい」
ポチャは扉に手をかけ、思いきり開ける。鍵はかかっておらず、簡単に開いた。そして大広間にいた人々が一気に二人の方を見る。どよめきが部屋に広がった。
「どうもー! 君たちを殺しにきた、殺し屋さんだよー♪  それでは、皆さん、残らず殺ってあげますので。あ、抵抗など無駄だから、やめてくださいねっ」
「とか言って、やめる人たちはいないんだよ、ピカ」
「それもそうだね。……では、あとは頼んだ!」
「了解。……ピカ、気をつけてね?」
「愚問だなぁ……そだ、ポチャも気をつけてね」
「愚問だね。……こんなやつらに負けるなんてあり得ない」
「あはっ♪ いいね。そんな強気なポチャも私は好きだよ」
「お褒めいただき光栄です、リーダー」
そんな会話をしている中、ざわざわと二人の前に立ちはだかる敵たち。武器を取り、侵入者であるピカとポチャを追い出そうと……否、殺そうと取り囲んだ。
それを見た瞬間、にやり、とピカが笑った。手には最初に持っていなかった刀である、雷姫を構える。
「よっしゃ! 一発かますよ、雷姫!!」
『………ふん。いつもいつも遅いのじゃ。マスターの阿呆が』
「めんごめんご☆ それでは気を取り直して、“雷撃一真”!」
ピカが一直線上に雷姫に溜めた電撃を放つ。そこにいた敵たちは一人残らず吹き飛ばされた。
道が開け、ピカが一気に走り出した。そして、くるり、と敵の方を向く。
「忠告するね。私のあとを追おう!……なんて、馬鹿なことしない方がいいからね? 私はそこにいる人より、残忍で残虐で惨い殺り方だから……ね?」
それだけ言い残すと、近くにあった階段を駆け登っていった。ピカの忠告を聞くような人たちではない、というのはわかりきっている。何人かがピカのあとを追うため、階段の方へと向かった。
ポチャはそれを止めることはせず、それを見送ると残った敵たちを見回す。
「残った人たちは賢明な判断だと思うよ。いや、結果は変わらないんだけど……どうせなら、すぐに終わらせたいでしょ?」
「お前一人に何ができる! こっちの方が人数はいるんだぞ」
「人数? あぁ……力の差がハッキリしてると数に頼った方がいい。要するに数に頼ってる時点で、個々の力は弱いってことだよね?」
「はあ?! 馬鹿にしてんのか」
「いや、別に」
「大体、お前らなんなんだよ!!」
「彼女も言ってたじゃん。君たちを殺しにきたってさ。だから、ぼくらは殺し屋さんですってことでいいよ」
ここまで話してきて、しびれを切らしたのか、武器を構え、ポチャに狙いを定めた。ポチャは平然として、剣を持つことも銃を構えることもしていなかった。
「殺し屋を名乗ってるわりには、べらべらと喋りやがって……!」
「べらべらと喋らせてるのはどっちさ。そんなに人数がいて、誰一人として不意打ちをしようとか、先制をとろうとか考えていないわけ? そんなんだから、ぼくみたいな人に殺されるんだよ」
「どうやって殺すって言うんだよ。なにも持ってないじゃねぇか」
「そうだよ。だって、ほぼ終わってるから」
「はあ? なにを…」
「ぼくが操るのは、水と冷気。だけれど、二つは形を持たない。……それなら、二つを合わせればいいんだよ」
そう言うと目を閉じ、すっ、と敵陣の中心へと自ら進む。あまりにも違和感なく進む彼を止める者はおらず、黙って目で追うしかなかった。
敵陣の中心に立ち、目を開く。
「スイ、セツ。もういいよ。………待たせて、ごめんね?」
ポチャの発した言葉の意味が理解できた者は恐らく、誰一人としていなかっただろう。気づいたときには、その場に立っている人はポチャ以外いなかった。
ポチャを囲んでいた敵たちは、皆同様に、氷の剣で貫かれ、血の臭いが一気に広がる。声を上げることなく、絶命していった彼らを一瞥した。
「君たちの敗因を挙げるとするならば、ぼくの武器を警戒しなかったことかな。持っていないだけで、狙っていない、ということにはならないからね」
二度と起きることがない相手に話しても意味はないのだが、それでもなんとなく口を開いていた。
その場に漂う冷気がポチャのマントをなびかせる。剣から滴る血液と混ざることなく、床に水滴が落ちた。それを見たポチャは、困ったように笑みを浮かべた。
「ごめんね、スイ。こんな感じになって……帰ったらきちんと綺麗にするからね。……あ、セツも忘れてないよ。大丈夫だから」
ふわり、とポチャの頬を風のように冷気が撫でる。そして、ポチャの近くでぴちゃん、と水の落ちる音が響いた。
「まだピカを待たないと。……戻れ、スイ、セツ」
静かにそう言うと、敵たちを貫いていた氷の剣が消え、二振の剣がポチャの手元に現れた。そして、双剣を消すと、小さくため息をつく。
「はあ……血生臭いなぁ……これだから、この仕事は嫌いなんだよね。うぅ……ピカ、早く…お願いします……」



~あとがき~
ポチャくんは一話で終わりました。
そこまで細かい描写をしたつもりはありませんが……大丈夫だったかな?
まあ、次回も同様に流血表現、過激表現、注意だよ!

次回、ピカがボスさんと対峙すると思うよー?

ポチャの持つ双剣は、雷姫とは違います。が、同等の力を持つ珍しい剣なのです。……ということにしておいてください。
説明するところがないんですが、まあ、いっか((
ポチャは、“スイ”、“セツ”と呼んでいるようです。スイは前にも出しましたね。それと対になっているのが、セツです。
普段は雷姫とおんなじような形で保管しています。
だけども、神器ではないです。うん。
知りたい方がいらっしゃれば、別記事にて詳しく説明しますね! そこまで重要ではないんだけども。

ではでは!