読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第28話

~前回までのあらすじ~
ギルドメンバー紹介して、遠征の話をしてまーす!
まあ、遠征話は先なんだけどね!
ライ「そして今回は、ポチャさんが再登場しまーす。あと回想でピカさん」
ショウ「空と海の物語のネタバレはないと思われますが、まあ……キャラのイメージが崩れる可能性があります」
雅「………閲覧注意」
崩れるって……ポチャのイメージなんてペラペラだから大丈夫だよ!!
ポチャ「ペラペラとか言わないで?!」
ライ「あ、ダメですよ、ポチャさん。ここに出てきちゃ」
ポチャ「あ、ごめん……」
雅「注意した意味……時間返して」
ポチャ「無理矢理すぎない?!」
始めまーす!
ポチャ「ことの原因、逃げるなよ!」
て…てへっ☆


「ポチャ~♪ ナイスタイミングってやつだね」
「うぐっ……ナイス? なんですか…それ」
久しぶりにサメハダ岩を覗いてみると、タイミングよくポチャが帰ってきていたのだ。
明らかに、迷惑そうな顔をしているポチャを無理矢理、話があると引っ張って、ギルドに連れてきた。
そして、当たり前のように親方部屋に連れ込み、二人きりにさせられた。
「………………え? え? なんですか、これ。なんでこんなことになってるの?! ぼく、なにかしました?」
「あのね、話がしたくて」
「それならそうと言ってくれませんか?! 突然すぎますよ! 話したいならしたいって言いましょうよ」
「あはは~♪ でさ、この前の遠征の話なんだけどー……ちょっと教えて欲しいんだ」
ポチャはそれを聞いて、首をかしげた。プクリンは相変わらず笑顔のまま。
「あっちの方にあるんだけどね? 謎の遺跡? だっけ? うん、そこ」
「……そこはやめた方がいいです」
「んー? どしてー? 誰も突破したことないダンジョンなんだよね?」
「していない……というか、できない、の方が正しいかも。だから、行かない方が賢明です」
「………行ったことあるんだ?」
プクリンがポチャのことを探るように見た。ポチャはその視線から逃れるように、横に視線を移す。
その動作から、言いたくないのが伝わってきた。しかし、そんなことを気にするプクリンではない。
「教えてよ、ポチャ」
「嫌です」
「なんで?」
「教えたら行くでしょ」
「え、行かないよー」
「行くために話聞こうとしてたんじゃないの?! というか、行かなくても教えません」
「なんで?」
「…………いや、だから」
「教えてよー」
「……………あの」
「教えてよー」
「……おやか…」
「ポチャ~? 教えてー」
「……………」
「ねーねー! ポーチャー?」
しつこく迫るプクリンに対して、諦めが生じたのか、大きなため息をついた。そして、改めてプクリンに視線を戻した。
「どうなっても知らないですから。……忠告しましたよ、ぼく」
「ほんとに危険だってわかったら、別のとこにするよ」
「…………あそこは、途中までは普通のダンジョンですよ。遺跡とあって、ゴーストタイプや悪タイプが多かったですけど」
「途中って?」
「前にピカと二人で行ったんです。そこのダンジョン。ある部屋の前まで来たときかな……ピカが言うには、危ない雰囲気がするって……それは、ぼくも同感でした。あ……それと…」
「…………?」
プクリンが首をかしげる中、ポチャは、少し言いにくそうに詰まらせる。しかし、意を決したように話を進めた。
「……ぼくはわからなかったんですけど、異臭がするって」
「衣装?」
「着ない! 異臭! 異なる臭い!」
「あ、そっちか~♪」
「……あと、死臭もしたらしいです」
「刺繍?」
「縫わないで?! 死臭ですよ! 死ぬに臭いで死臭!」
「つまりは、変な臭いがしたってことだね♪」
「………………そうですね」
簡単にすまされ、どっと疲れを感じたポチャ。久しぶりに親方と話すとこうなるんだな、と改めて痛感させられた時間となった。
プクリンは、うんうん、とわかったのか、そうでないのか、定かではないが、一応、話は理解したようだ。
「話せるのはここまで。……やめた方がいいって言ったからね? なにがあってもぼくのせいにしないでくださいよ」
「まだなにか知っている口振りだね? なにを知っているの?」
「……………さあ」
それ以上話すことはなく、ポチャは部屋を出ていった。がらんとした部屋に残ったプクリンは、思ったより深刻な状況にいることを実感した。

親方部屋から出てきたポチャは、その足で海岸へと向かっていた。サメハダ岩に戻るのも、もったいない気がしたからだ。
今、プクリンは合同遠征を共にする相手の親方……シアンに連絡をとっていることだろう。
「………言ってないこと…ね」
あのときのことを思い出してみる。
ポチャ自身、嫌な雰囲気は感じたものの、それはよくあることで、大して気にしていなかったのだが、ピカが進むことを止めたのだ。
不思議に思い、ピカに聞いてみた。しかし、ピカはその質問の答えを言うことはなく、真剣な顔を向ける。

―とにかく出る。……話はそのあとね―

その一言だけ残し、来た道を戻り始めた。この場で話してほしいのもだが、ピカの性格からしてそれは難しいと思い、従うことにした。
外に出たあと、もう一度同じ質問をした。

―ねえ、急にどうしたの? 雰囲気はわかったけど、いつものことじゃ…―
―違う。それは原因じゃないよ。そんなんで出ようなんて言わないし。そうじゃなくて………あそこは…―

ピカから発せられた言葉の続きは、到底信じられるものではなかった。しかし、ピカが言うなら、そうなんだろう、と同時に思った。
「…………言わない方がよかったのかな。いや、でも……なにも言わなくたって、親方行っちゃうだろうし。……言ったところで行くんだろうな」
どうしたものか、と砂浜にねっころがった。
誰にも言わない方がいい、とピカに言われ、今の今まで言ったことはない。というか、聞かれることもなかったから、言う必要もなかったのだ。
それを今日言ってしまうとは、となんとなく後悔している。
「あぁ……ごめん、ピカ。親方には勝てないや」
この場にいないチームリーダーに謝ってみるが、返事などあるわけがなく、波の音がリズムよく聴こえてくるだけ。それを聴いていると、言わない方がいい理由がふと頭によぎった。
「……ピカは…なんて言ったんだっけ。………あぁ、そうだ……」
―私も人のことは言えないけれど……人の好奇心は時に恐ろしいものなんだよ、ポチャ―




~あとがき~
うん、なかなかの謎があるようですね。遠征先。
ポチャはなにを知っているんでしょうかね~……多分、言わないと思うけど。

次回、視点を戻して、アロマギルドでわーわーやります! 多分。
遺跡の話はポイします。とりあえず。

今回、ライたちが全く出てきませんでしたね。
プクリン親方とポチャだけだったわ。

ライ「………この回は…」
雅「………うん」
プクリン「あはは~♪」
ポチャ「………」
雅「終わる」
ライ、ポチャ「はやっ」
プクリン「ポチャ~? セカイイチどこ~?」
ポチャ「知らないですけど」
ライ「確かあっちにあったような……?」
プクリン「ほんと! いってこよー!」
雅「…………それ、うちの…」
ポチャ「ごめん……多分、全部なくなる」
雅「……………高いのに」
ライ「あらら……」

ではでは!