satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第71話

~前回までのあらすじ~
とりあえず……一件落着しましたね。はい。
ピカさんも生きてたし……よかったよかった。
ポチャ「ピカが何も策もなしに突っ込むわけないもんな……何かしら考えていたと考える方が普通かな」
ピカ「………それ、ほめてるの? なんか遠回しに馬鹿にしてない?」
ポチャ「してないよ?」
ピカ「…………嘘」
ポチャ「そんなことないけど……」
ピカ「まあ、とりあえず……始めまーす」
なんとかこの章も終わりそうですな~♪
とか言って、まだまだ続くんだろうな……((遠い目
ではでは、始めますっ!


「………ピカ! おっそいっ!」
バンッ、と大きな音をたてて入ってきたのは、下にいたポチャだ。いくら待ってもピカが降りてこないため、呼びに来たのだろう。彼の中で彼女の心配、というのは、頭にない。そんなことを考えたところで、意味がないことを知っているためである。
ピカは読んでいた本から顔を上げ、にこっと笑顔を向けた。
「お、ポチャ~♪ 生きてたか。よかったよかった」
「よくないよ! 終わったなら早くしようよ……ずっと下で待ってたのに、ピカ、来ないんだもん。って、何読んでるの?」
「なんだろ……よくあるドロドロの昼ドラのやつみたいな?」
「なんでそれをチョイスしたの?! 大体、そこまで暇じゃないでしょ!」
ピカの持っていた本を取り上げ、本棚に戻した。そして、そのままピカのことを引っ張って部屋を出る。
「あぁ! まだ嫁姑問題が解決してないのにー!」
「終わったあとに言うのもあれだけれど、お願いだから、緊張感を持ってくれない?! 殺しやったあとに本を読むとかあり得ないからね」
「大丈夫だよ。私があり得なくないって証明を…」
「そんなしょうもない証明なんていらないから。……早く報告しに行こう? 四天王さんたちが待ってるかも」
「それはまずいな。……あの人に会うのはしゃくだけど、シーさんが待ってるって考えよっ♪」
お気楽モードからなんとか切り替わったようで、ほっと息をついた。とはいえ、当の本人は小説の続きが気になるのか、ぶつぶつと呟いている。
「ピカ、その小説のことはとりあえず、忘れてくれない?」
「ふぁーい……」
気の抜けた返事を聞きながらピカと共に外に出た。そして、探検隊バッジの能力を使い、四天王たちが集まる場所へと移動した。

二人はじっと互いの顔を見合っていた。
そんな二人を交互に見て、首をかしげる。
「シア? カイ? いつまでにらめっこしてるの? ボクもまぜてよ♪」
「プリンは入らない方がややこしくならないから、少し黙ってよっか」
「だってエルフ~」
「二人はほっときなよ。ピカちゃんたちくるんだから、待ってよ?」
「そだね~♪」
エルフ、と呼ばれたエルフーンプクリンの乱入を阻止し、内心ほっとしていた。こんな状況でプクリンが乱入などしたら、収集がつかなくなってしまう。それだけは、困る。
止められるのはピカくらいなものだが、そのピカもまだこの場には来ていない。よって、未然に防ぐ必要があるのだ。始まってからでは遅い。
シア、と呼ばれたグレイシアは目の前にいるライチュウにガン飛ばしている。飛ばされているライチュウのカイも負けじと睨み付けていた。
「早くピカちゃん、来ないかな……」
「もうそろそろじゃない? 大丈夫だよ♪」
「心配は然してしてないよ。……ピカちゃんとポチャくんだからね」
エルフとプクリンが話していると、扉を叩く音が聞こえた。それを合図にシアとカイも自分の席に座る。そして、扉が開かれ、外からピカとポチャが入ってきた。
「失礼します。探検隊スカイのリーダーのピカです」
「同じく、探検隊スカイのサブリーダーのポチャです」
「探検隊スカイ、ただいま任務を終え、到着いたしました。今回の報告をしても………って、報告をする前にちょっといいですか?」
「どうしたの? ピカ? あ、セカイイチ?」
「なんで殺しの仕事やったあとにセカイイチなんですか?! 親方の頭はセカイイチしかないのか?! そうじゃなくて、気持ち悪いんでお風呂行ってきてもいいですか? あと臭い。あと眠いんで、報告は明日でお願いします」
「いいんじゃない? いってらー」
「……いや、よくねぇだろ?!」
「うっさいわね。カイは乙女心をわかってないの? ピカだって女の子なの。……ピカ、こいつのことはいいから、いってらっしゃい。あとポチャも」
「シーさん、ありがとうございます」
「……え、ぼくも?」
シアがひらひらと手を振り、ピカは軽く一礼して部屋を出ていった。ポチャもピカの後に続いて部屋を出る。
再び、四天王たちだけが部屋に残される結果となった。シアとカイのにらめっこが再開される。
「普通、報告が先じゃね?」
「だーかーらー……ピカも女の子だって言ってるでしょ? 血生臭い仕事の後よ? 考えなさいよ」
「カイの負けだね~♪ シアの勝ち」
プクリンがにこっと笑い、締めくくった。そして、カイの方を向く。
「それにこの部屋がちょっと臭くなるかもだしね♪ カイはそれに耐えられるのかな?」
「……………う」
プクリンのこの一言で収まったようだ。がたん、と椅子から立ち上がると、ぐっと背伸びをする。
なにか思い付いたのか、シアがにやり、と笑って見せる。
「………この際だから、浴場、覗いてこようかしら」
「どの際だよ……」
「ピカと色々話したいじゃない♪ それじゃあね」
それだけ言うと、部屋を出ていってしまった。シアの行動を止める者はおらず、シアを見送った。



~あとがき~
あ、四天王さんたちしかいない……だと?!
まあ、これぞ、私の必殺技! 『予告を吹っ飛ばす』が出ちゃいましたね~((殴

次回こそ、補佐たちを出したい……かな。
あ、いつも通りのコメディー要素を入れていきたいと思ってます! はい!
例えば、ポチャがいじられるとか。なんかそういうのです。はい。

今回で言うこと……あ、殺しの手口か。
えっと、ピカの場合、これだ!……というのは、決めていません。色々試して、あーだこーだします。
多いのはそのまま斬って出血多量で終了。
たまに相手を麻痺させ、じわじわと殺すこともあります。これは雷姫さんの能力を使ってますね。
後者のは感電死……というか、心臓麻痺なのかな?
なんかそんなやり方です。
あと、少ないですが、銃で、撃って終了ってのもありますが、銃系は基本、ポチャ任せですね。

ポチャはスイとセツの能力を使い、一気に殺すやり方です。二つの剣の説明をしないとあれなんですが、簡単に言うと、スイは水の剣。セツは雪の剣なのです。
で、スイをセツの能力で凍らせ、氷の剣を出現させる。そして、相手を貫く……みたいな。
他には銃を使うやり方もあるようですが、銃は相手を脅すことに使う方が多いみたいです。

ピカはともかく、ポチャはややこしいな。
まあ、本編にあんまり関わらないけどね!
ではでは!