読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第142話

~前回までのあらすじ~
始まると思ったのになかなか始まらないバトルロイヤル。なんてこった。
ピカ「今度こそ今度こそって言ってるのにね」
今回こそは……今回こそはぁぁ!!
フォース「紹介だけで終わるに一票」
ホノオ「俺もそこに一票~♪」
は、薄情者めぇぇ!!
もう! ここの会話もするのが惜しい。始めるぜ!


「まずはエルンさんの補佐を務める、ナエさんのチーム。リーフィアのもえぎさん、ロコンのまろさんというチーム構成になっているようですね」
リムの紹介でのっそのっそと歩いて出てくるナエが出てきた。その後ろに堂々と手を振りながらまろと呼ばれたロコンが二足歩行で入ってきた。そのまろの後ろを背後霊のようにぴたりとくっついたまま二足歩行のリーフィア、もえぎが入ってくる。
「ぬー」
「バトルなんて乗り気しないんやけどな~……もえ、歩きにくいんやけどぉ?」
「わ、私、出たくないって……出たくないって言ったのに…ヴァルさん…の方が適任なのに……」
「そげなこと言われても、ヴァルツ、逃げたし」
「うぅ……今日、私は、おまんじゅうになる……」
「ぬっ!」
「ふえぇ!? ひどいです、あんまりです……」
もえぎは被っていた帽子をぐいっと下まで下げ、本格的に引っ込む準備をする。そんなことをしても無駄ではあるが、こうでもしていないとやってられないのである。
「このメンバーについて、お二人はどう思いますか?」
「んと……そうだな……セイバーギルドはメンバーが多いからどういう組み合わせでもおかしくないかなって感じ……?」
「ヴァルツくんがいないことに少し驚いているわ。あの子が一番、こういうのに慣れていると思っていたんだけれどね?」
ヴァルツはブラッキーの男だ。もえぎのパートナーでかなり戦い慣れをしていたはずである。そんな彼がいないことに浅葱は不思議に思ったのだろう。しかし、ポチャはヴァルツのいない理由はなんとなく分かっていた。
「ぼくは反対にヴァルツさんはいないと思っていましたよ。……大勢の前だし」
「なるほど。確かにそうだわ♪」
「他の参加者に気をつけてほしいのは……やっぱり、ナエさんかな」
「そうね。要注意ってところかしら?」
浅葱の疑問にポチャはこくりとうなずいた。一通り話終えたところで、リムは次に進めていく。
「続いて、カイさんの補佐を務める、アクアさんのチームです! コリンクのトパーズさんとブラッキーのナイトさんという構成ですね♪」
そう言われ入ってきたのはアクアだ。周りの歓声に少しだけ顔をしかめつつも、堂々と入ってきた。ぴょこひょこと楽しそうに入ってくるトパーズとは大違いである。そして、そんな二人と少し離れてナイトが入る。
「負けたな、ナエさんのメンバー怖い。他も怖い」
「あっくん、こういうのはね、勝ち負けじゃないんだ。楽しむんだよって言ってた。リーダーさんが」
「え? いやいや、リーダーの言うことは信じるなよ、トパーズ」
「えー? そうなの? わかった~」
「……やな予感がすんなぁ」
「なんですか? ヒノさんにやられるとか?」
「洒落にならん……」
アクアの冗談のような本気のような言葉にナイトはぶるっと体を震わせた。一方、トパーズはきょろきょろと辺りを観察している。このような場が物珍しいのかもしれない。
「予想通りのチームって感じかしら」
「ぼくも同意見です」
「あの、コメントの方、もう少し捻ってもいいんですよ……?」
「って言われてもなぁ……ナイトさんとアクアには気をつけてね、としか」
「私はトパーズくんの力の知らないから、彼にも注目しておきたいわ」
簡潔に答える二人にもう少しコメントしてほしいと思うが、これからの中で言ってもらうしかない。気を取り直して続けていく。
「続いてはシアさんの補佐を務める、レンさんのチームです! サンダースのエレキさん、ザングースの太陽さんというメンバーです」
そう紹介されたとたん、解説席に座っていた浅葱がさっと影に隠れた。そのことにポチャは詳しく触れることはしない。どちらについてもいい未来なんてないからである。
「シアのやつ、めんどくせぇこと押し付けやがって」
「ま、親方の言う通りってね~」
「あのさぁ?……これに付き合わされる俺の身にもなれよ!」
「え、エレキくんなら何とかしてくれるよぉ~」
「頑張れ、エレキ。頼りにしてるから~」
「だあぁ!! レンも太陽もうぜぇ!」
浅葱が隠れた原因でもある三人が入ってきた。どうやら三人の中でも真面目なエレキにおんぶだっこ状態の二人のようだ。と、太陽が解説席の方を見てぶんぶん手を振り始めた。
「俺、ハニーのために頑張るよ~♪」
「こんなところで何言ってるの? あの馬鹿死ねばいいのに」
ぼそっと浅葱が低いトーンで呟いた。マイクは通していないから、会場には聞こえていない。聞いていたのはポチャとリムだけだ。
「太陽さん、相変わらずだな。その、浅葱さん? それはマイク通さないで言ってくださいね」
「心配しなくてもそんな失態しないわ。言ったとしてもポチャくんがカバーするのでしょう?」
「出来ません。無理です。重荷だからやめてください」
「はぁ……ほんと誰かあいつのことタコ殴りにして、記憶飛ばして、私との出会いから全て忘れてほしいわ。あいつの中から私の存在も抹消してほしい。私もあいつのこと忘れてこれからを生きるわ」
「あー……リム、進めて?」
浅葱が元に戻らないと思ったのか、ポチャが進行を進めた。黙って聞いていたリムはこくっと小さくうなずくと話し始めた。
「ポチャさんはこのチームをどう思いますか?」
「ここはチーム全体が実力者ですから、ぼくとしては誰とも面と向かって戦いたくはないです」
「浅葱さんは~……はい、もう次いきますね! 最後はプクリンギルドの親方様の補佐務める、ピカさんですね! バクフーンのホノオさん、イーブイのフォースさんとなっていますが……?」
入ってきた三人を見て、観客はもちろん、参加者や四天王達を含めた会場全体がどよめいた。当事者の三人だけは平然としている。いや、平然としているのはピカとホノオだけで、フォースはため息を溢さずにはいられなかった。
「可愛いよ、フォース君」
「そうだぞー? もっと堂々としてていいんだよ?」
「出来るわけないだろ、こんなのって」
そう漏らすフォースはいつもの二足歩行ではなく、四足歩行で姿は生前の継承者だったときの姿だ。そして、今はホノオに抱き抱えられ、フォースはその腕の中でぐるりと丸くなっていた。端から見ればもふもふした茶色いクッションのようである。
「え、ピカ、さん? どういうことです……?」
「やあ、アクアちゃん。今日も可愛いね」
「ちゃん付けはやめてください。そして、僕はか、可愛くないですっ!! じゃなくて!」
「あ、彼はうちのエースだよ」
「ピカ、気でも狂った? そんなお子様連れて勝てる場じゃないぞ?」
「やっだ~♪ レンさん、私達は勝つ気満々ですよ。ねっ、ホノオさんっ!」
アクアとレンはここになぜ小さなイーブイがいるかも謎だったし、それを連れてきたのがピカであることにも驚いた。こういう場で何をしてくるのか分からないのがピカではあるが、ここまでとは思っていなかったからである。警戒はしていたものの、子供を連れてきて何がしたいのか分からない。
そして、その子供を抱いているホノオは今までに見たことない黒い笑顔を浮かべている。相手はもちろん、自分のパートナーである。
「そだよー? ねえ、ナーイト? 俺がここにいる意味、お前が一番分かっているよね?」
「あぁぁぁ!! なんでいるんだよ!? ホノオ、おまっ……!」
「あっはっは~♪ 覚えとけよ、ナイト。ぶちのめすから~♪」
「あ、凄く早退したい。降参したい」
「え、えっと、ピカさんのこの選出をどう思いますか、パートナーのポチャさんっ!!」
ざわついている会場にハッとなり進行を進めていく。ポチャは大した戸惑いもなく、少し考える。
「どうって言われても、ピカが選んだんだし、何かあるんじゃないかなって思うくらいかな? ここで戦えない子なんて選んでこないと思うよ」
「そして、ここにホノオを連れてきたことにも驚いたわ。彼はあそこにいるナイトと救助隊を組んでいるし、本来ならあちらに入るべきなのに、ね? まあ、どうしてなのか分かるけれど」
いつの間にか席に座っていた浅葱が笑顔で答える。そんな間にも太陽のラブコールは飛んできているが彼女は一切無視だ。
「ナイトさんにお灸を据えることが目的でしょうか」
「きっとそうね♪」
「それ、勝つことを目的としていませんけど……」
「ピカのチーム、何をするか分からないってところは注意した方がいいよね。ぼくらのチームを支えるリーダーがいるんだから」
「そう言った意味では、一番の要注意人物よね」
「確かにそうかもしれません。……自分のパートナーに結構なこと言ってますけどね、ぼく」
ピカのしたいことは今の段階では見当もつかない。しかし、何かをしてくるだろうということは考えつく。
「さあ、メンバーが揃いました! 今から三分間、一回戦出場者を決めてもらいます! 通常技のみで行われる、バトルロイヤル! どういった戦いが繰り広げられるのか、注目ですっ!」



~あとがき~
はい、戦いませんでした。
知ってたよ。きりがいいのは、紹介までだもんな。

次回、バトル開始!
各チームはどんな選出でくるのか!?

ざっくりですが、全員紹介しました。このあとがきで一チーム毎、さらに紹介していきますね! 本編で紹介された順番にしていくか……
今回はナエことなーさんのチームです。
なーさんは言わずもがな、ぬ、の一言で会話をする変わったお方です。彼の実力は未知数ではありますが、補佐の皆様は彼の強さを十分知っています。
まろはどこかの方言が入り交じっていますね。そこまで方言詳しくないので、変でもこんなものなのだと流してください!! 二足歩行のロコンです。女の子です。容姿の描写は小説内であればいいなって思う。
もえぎはおどおどしてバトルが好きじゃないリーフィアの女の子。この子も二足歩行ですね。出てきていませんが、ブラッキーのヴァルツのパートナーちゃんです。どんな風に戦うんでしょうね。

他にも色々わかったことがありますがそれは次回以降、このチーム紹介にて!

ではでは!