読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

2016年の振り返り&反省会

今年も終わった……去年は…なんだっけ。まだ高校生やってたんですよね。懐かしき、高校時代。
ピカ「んなこと言う年でもないだろうに」
ライ「もう俺達がここにいることに疑問はないんですね……(-∀-`; )」
ピカ「ないよ。もうこのままだよぉ」
さっさと振り返るで!!

H/K

1月。
ピカ「まあ、目標に関しては毎年おんなじなわけなんですがね……そこんところどう?」
べ、勉強は知らん……あぁ、でも今年はあれだよ。漢検受けたわ……もっと勉強せなあかんなって…
ライ「漢字だけ勉強してもねぇ……?」
ピカ「だよねぇ」
あうあう(´・ω・`)
画力とか以前に絵を描く時間なくて全然描いてないし……小説は見ての通りだよな……
ピカ、ライ「………」
まあ、特に何もなかった気がする、1月。
あ、でもあれだよね。まだこのときは高校生なんだよな。テスト? やったっけ?
結局、何点取ったか教えてもらえないよく分からないテスト受けた……卒業試験、みたいな?
ピカ「適当すぎかよ」

2月。学校休みになってたんだけど、大学の課題に追われていた気がする。書類とかもそうね。多分。
ライ「……」
ピカ「ライ君、耐えるんだ……!」
なんかもう、ほんとに記憶に残ってない! だめだ!!
ピカ「あー……小説で言うなら、やっとフォース君と鈴流さんの話をやったっけ?」
ライ「そういえば、あそこら辺は頑張ってますよね。更新」
ま、まあ、何もなかったからね……
うーん。私、書いてたら感情移入する人だから、ひどいこととか出来なくなってくんだけど、鈴流の話は予定通りだったかな……
ピカ「鈴流さん、ばいばいしたもんな」
そうね。させちゃいました。しなくてもいいかな、なんて考えてた時期もあった……
ライ「約束もなんか更新されてんだよな」
うん。いい加減しよって思ったんじゃない? 当時の私が。
ピカ「の、わりには今は全然ですけど」
あっ……耳が痛い……!(^∀^;)

3月!
無事に高校卒業しましたぁぁ!! いえーい!!
ピカ「してないと、今はないもんね」
確かに……
ライ「で、更新が少ないのはなんで?」
な、なんでだろ……大学の課題?
それかやる気なくなったかだな!
ピカ「誇るなよ……」
過去の記事見ればなんだったかわかると思うで。
あれかな。部活の部誌制作。学校の印刷機使えないから、私が原稿回収して、自宅で印刷やっていた記憶が……永遠とやっていた……
あとはなにかな~……そんくらいかな?
3月と言えば、空海6周年やったなぁ……
ピカ「企画出しといて、ひとっつも達成できてないけどね!」
ライ「……」
あ、あはは……( ̄▽ ̄;)
ピカ「弁解する?」
えっと……あの、あれですね………ご、ごめんなさ…ぐはあっ!?Σ( ̄ロ ̄lll)
ピカ「さて、ライ君! 続けよっか!」
ライ「なんだろ。既視感が……(´・ω・`; )」

ピカ「4月だね。作者は大学入って、忙しくなっちゃったみたい。更新もがくっと落ちてる」
ライ「もう少し自由度増すかと思ってたみたいですけど、授業がそれなりにあったようですね」
ピカ「ま、緩い方だと思うんだけどねぇ?
ま、そんなこんなで、小説の投稿はないでーす」
ライ「今後もこんな感じです」
ピカ「確かにー♪」

ライ「5月……も、4月大差ない更新頻度ですね」
ピカ「むしろ、ひどいけどね!」
ライ「一気に振り返りません……?」
ピカ「それが楽だけど、今更すぎる……
とりあえず、5月ね。作者の誕生日でした。十代ラストとかヤバイ
ライ「もうピカさんの歳も抜かしてしまったんですね?」
ピカ「そーなんだよね。作者の下とか信じられないけど。こっちはサザエさん方式だから、仕方ないね」
ライ「サザエさん方式って……( ̄▽ ̄;)」

ピカ「6月だね……って今回はペース速いな!?」
ライ「言うこと無さすぎて振り替えになってないですから」
ピカ「ま、まあ……そうだね……
えっと、空と海を1話更新して、休むって宣言したんだっけ?」
ライ「試験期間1か月前……でしたっけ」
ピカ「確か、そう。ま、ここら辺は仕方ないけどね……で、そうだな。なんかあった? リアルとかで」
ライ「特には? 学校行くくらいしか」
ピカ「それな。……ま、この時期からなんとか学校に慣れてきたって感じなのかなぁ」

ライ「7月の更新はなくて、8月ですか」
ピカ「夏休みだから、ここから毎日ほぼ更新してます。今までの分もやったって感じ。7月は言わなくても分かるよね? レポートにテストに追われていたよ。作者」
ライ「8月入ってすぐに学校行事の泊まり研修行ってました」
ピカ「もう二度とハイキングしないって言ってた」
ライ「…………( ̄▽ ̄;)」
ピカ「周りの友人はけろっとしてたのに、作者だけがなんかもう、最初からクライマックスみたいな状態だったんだよね」
ライ「始まってすぐに急な坂を上ったからですかね。十分とかそれ以上、でしたっけ?」
ピカ「そのせいで死んでたんだよね。超ウケる」
ライ「…………まあ、はい。えっと、他にはありましたっけ」
ピカ「特には……? 主に空と海を進めまくってた感じかな? 一つだけ自己満足で書いたのあるけど、説明はしないよ」
ライ「いつか、また書けたらって思ってるみたいですよ。彼ら絡みの話」

ピカ「9月は、最初の二週間くらいはまだ夏休みだったみたいね」
ライ「高校時代のご友人宅に泊まりに行ったそうで」
ピカ「そういえば、作者、体調ぐずっぐずだったみたいよ? 熱出したり、喉おかしくしたり」
ライ「テンション上がっておかしくなったんでしょうかね。まあ、熱出しても元気にお出かけしたそうですけど」
ピカ「迷惑極まりないね! 皆さんはまねしないようにね!」
金魚見たかったんよ!! アクアリウムゥゥ!!
ライ「あ、復活した」
凄かったよ! きれいだったんだよ!! アクアリウム!!
ピカ「語彙力ないわ。なんだっけ。日本橋でやってたやつだよね?」
そう! 結構話題になってたみたいだけど、全く知らないで行きました(^∀^;)
柄にもなく、写真めっちゃ撮った。
ピカ「そんなイベントが終わればまた授業の日々だね。一気に投稿なくなったわ」
そ、それはね。うん、許して……!


10月!
は、一回だけ更新してる……
なんかあったっけ。10月……?
多分、ここら辺から授業の一環として博物館行ったりしてるんだけど、どこら辺で行ったのかは覚えてない。
ピカ「じゃ、言うことはないわ……」
うん。ないわ……

11月!
待ちに待った、ポケモンサン、ムーンの発売した月ですね!!! 未だに終わらない!
ピカ「まだ終わってないの!?」
終わらない(´;ω;`)
ルナアーラ厳選なんて挑戦してるせいで終わらない……!
ライ「ま、まあ、それは置いておいて、パーティーは固定したのか?」
したよ!
シレーヌ/アリス(♀)
Aライチュウ/サフィ(♀)
Aベトベトン/べったん(♂)
ドロバンコ/ドロン(♂)
ドデカバシ/ツツジ(♀)
アマージョ/タリーヨ(♀)
の六匹! タリーヨちゃんはあれだね。旅の途中で交換できる子ね。
ほぼ♀で構成される今メンバー。
ライチュウベトベトンはアローラの姿の子ね。当たり前だけど。
もう、ポケモンだけでずっと語れるから、もう黙るわ……
ピカ「そうか」

ラスト! 12月。
ピカ「残念ながら、お知らせしか投稿してないんだよなぁ……?」
ぶっちゃけね、冬休みはのんびりしてるから投稿できたなと今、振り替えると思ってん……
ピカ「…………」
いや、でもね? このお知らせ出したときは真面目に忙しかった。レポートとプレゼンが重なったのが悪い。
ピカ「で、1月もお休みする、と」
うん。ごめんな!
レポートに埋もれてくる。あと、ダンガンロンパしたいからね!!
クリスマスプレゼントで自分専用のVitaゲットしたもんでな!! これで新作ダンロンもできるってもんよ。やったぜ(´∀`)
あとはあれだな。ポケモンまだしてる。うん。
でも、帰省レポートみたいなのはしたいなって面白いことあればだけど。そんくらいしか投稿しないかな? 多分。二月からはまた毎日のようにするよ。
ピカ「片寄り酷いわ……」
ライ「そうですね」

H/K

いやぁ……大学進学してからというもの、高校の時ほど余裕がなくなってますね。なんでかな。授業の時間長いから? いや、関係ないわ。気力の問題だわ……来年はちょっとでもできるといいんですけどね。もうね、土曜も学校行ってるのがダメなんだよ。そうなれば日曜だけしか休みがないわけで。平日一日休みってのを作れれば話は別なんだろうけどね……できないもんは仕方ない!
来年はどうなるかわかりませんが、のんびりとお待ちいただければと思います!

ではでは、明日! 年明けの記事にてお会いしましょう!
今年も残り今日だけとなりましたが、よいお年を!
ピカ「作者に全部もってかれたわ」
ライ「あぁ……確かに」