satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

幼き騎士は何思う?

~前回までのあらすじ~
遂に手を出しました。
ヴァルツ「言い方に語弊がないか、それ」
トリス「間違ってないからいいんじゃなぁい?」
ヴァルツ「……」
今回でまとめて終われたらいいな!
ヴァルツ「そう言うと大抵、考えとは反対の方向へ向かうんだよな」
う、うるちゃい……


一度、剣を振るうと周りにいた敵達は全員ばたりと倒れてしまった。そんな目の前の展開にボスもついていけず、硬直してしまっている。銃の引き金すら引けなかったらしい。そんな隙が俺にとっては絶好のチャンスだ。
「トリス」
『ふふん。任せて♪』
素早く相手の背後に回り、一太刀を浴びせる。声も出す暇もなく、地面に崩れ落ちる。もちろん、こいつにふぃーが押し潰されないように回収も忘れずに。
「……ところで、こいつはなんでここにいるんだ。予想はつくけど」
『さっきの口ぶりだと、こいつらが連れてきたんでしょ。自分のためなら子供も利用する! あはっ。大人の鏡だよねぇ』
トリスの言った内容で外れてはなさそうだ。連れ去られたのか、たまたま見つかったのかは定かではないが。
「トリス、代償の件はもう少し後でもいいか」
『うん。僕がヴァルツの体に馴染むまでは問題ないよ~』
さっきはすぐに取っていたくせに。
『あれはいいよって言われたから?』
そこら辺のタイミングなんかも不明なままだな。俺は使用した直後に発生するもんだと思っていた。
『そこはこっちの自由だ。いいかい? 神器を扱うってことはヴァルツ……お前の魂は僕のものだよ。どうするかは僕が決めるし、代償をどうするかも僕の権限。人の子に自由なんてないんだよ』
「なんというか……お前も大概だな」
『何それぇ! そこに転がってる奴と一緒にした!? 怒るよ!』
構っている暇はない。やることをやらないと。
ぎゃーぎゃー騒ぐトリスを一度、祠に置いてその祠の側にふぃーも寝かせておく。そして、周りにいる敵を外に出しておかなければならない。ここに置いておいてもいいけれど、一応、一族の敷地内だ。片付けておかないとな。
途中、マリーが帰ってきたため、彼女と共に後片付けに追われた。その間に、俺とトリスのことも話したが、反応は思った通りお小言を言われ、説教を受けることになった。ふぃーを送り届け、全てが終わったのは、日も昇り、辺りが明るくなり始める頃である。幸いにも母に一連の出来事はバレておらず、自分の部屋に戻れたのはよかったと思う。

「僕も遂に実体化! やった~♪」
「はぁ~……一段と騒がしくなりますわ。黙ると言うことを覚えた方がよろしいのでは?」
「うっさいなぁ……実体化、ひっさしぶりにしたんだよ! ヴァルツのおとーさん、全然余裕なくって、実体化する暇もなかったんだよ? 堪能してもバチは当たらないよ」
……あぁ。結局、何も変わらない。実体化しようがしまいが、俺に聞こえるのは変わらないし、むしろ、目に入るようになったから、悪化しているのか。
俺の先を歩くトリスがこちらを振り向き、両手をこれでもかってくらいに振ってきた。トリスと俺の距離はそこそこ離れていたから、結構な声量で叫んでくる。
「ヴァルツ! 遅いよー!」
「誰のせいでこうなってると……けほっ」
あの事件の後、予定通りに旅の続きをするために家を出た。そこで早々にトリスは代償を支払えと迫ってきたのだ。家にいれば、母にバレてしまうため、外で言われたのは好都合ではあった。魂は取らないなんて言っていたから、どうするのかと思っていたが、結果的に身体能力を取ってきた。身体能力なんて言ったが、運動能力、運動神経は変わっていないのは確認済み。つまるところ、体内の機能低下をしているらしい。一言で済ますなら、体が弱くなったと言うことになる。こんなことなら、寿命を取って貰った方がよかったのではないかと思う。
「大丈夫ですか、愛し子よ。あまり無理をしては駄目です。兄様は無視していいですからね」
「そこは問題ない。元から無視している」
「おぉいっ!? 聞こえてるぞー!?」
森に侵入した親戚達は何も覚えていないと答えていた。自分の意思で踏み入れた訳ではないらしいが、俺が直接聞いたわけではないから、真実を語っているかは不明だ。まあ、そこら辺の処分なんかは大人に任せるに限る。
ふぃーに関しても、どうなったかは見届けずに来てしまった。送り届けはしたものの、話は聞いていないし、あそこにいた理由も明らかにならないままだ。それでも、あの子が自分の意思で入るとは思えないし、敵に捕まっていたところを見るに、利用されたのは間違いない。あいつも被害者の一人だったと結論付けている。
「愛し子よ、どこに行きましょう?」
「……目的地は特に決めていないよ。でも、そうだな。俺の進化用の道具でも探しに行くか」
「お! ヴァルツ、何になるのぉ?」
いつの間にか近くまで戻ってきていたトリスが首を傾げながら聞いてきた。そんな仕草をしても、大して可愛くもない。
ブラッキー
「うわぁ……ぽいね」
「ふふっ♪ お似合いですわ、愛し子。さて、ここまで戻ってきたのなら、愛し子に楽をさせてあげてくださいませ、兄様」
「はぁ? 何それ」
そこまでこいつにお世話になるつもりはないんだが。俺の気持ちは無視され、マリーの話は続く。
「このペースですと、このダンジョンを抜けるのに休憩なしでも丸一日はかかります。ここは階層の深いところですので、このくらいは仕方ありません。そして、愛し子に無理をさせるわけにはいきません。……この意味、お分かりですよね?」
時折、休憩を挟むなんてことをすれば、もっと遅れるだろう。無理して倒れてしまえばまた入り口に逆戻りだ。俺は分かっててゆっくり歩いていたし、休憩もするつもりだった。何日かかけて抜ける予定だったのだが、二人には何も言っていなかったために、変に思われていたのかもしれない。
トリスが数秒の間、苦悶したと思ったら、くるりと背を向けてきた。
「しょうがないなぁ! 背負ったげる! 僕だってヴァルツに死なれたら困るし!?」
ほれほれとこれ見ようがしに迫ってくるが、主の種族をコピーするのが神霊だ。トリスもイーブイで俺と大した身長差もなく、力があるようには見えなかった。まあ、俺よりはあるかもしれないけれど。
「……そんな力あるのか?」
「神霊様を馬鹿にするなよ! お前を背負って次の町に行くことなんて造作もないんだからな!? ほら! 乗った乗った!」
そう強く言い放つと半ば無理矢理、背負われてしまう。こうなってしまえば、抵抗するのもおかしな話だ。黙ってトリスに背負われよう。
「言いましたわね。兄様、次の町までよろしくお願いしますわ♪」
「!? 狡くない? そういうことなの?」
「私が先頭に立ち、敵を殲滅いたしますので、兄様と愛し子はその後をついてきてくださいまし。もちろん、気になるところがあればそちらへ参りましょうね」
マリーはにこりと笑ってそう告げると、俺達の数歩先を歩き始めた。トリスの抗議は耳にも入らないらしい。流石と言えば、流石である。
俺の方は乱暴に扱われるかと思ったのだが、結構丁寧でそこは気遣いというものが存在していたらしい。驚くべき事実が判明したところで、眠気が襲ってくる。力を抜き、体重を預けてゆるりと目を閉じた。
「……トリス」
「なぁにぃー」
「やりたいことが出来た。……きっと、それは道徳的ではないんだと思う。それでも、力を貸して欲しいんだ」
「何言ってるの。僕はもうお前の道具だよ? 好きにしたらいいさ。……それにねぇ、ヴァルツ」
そこで一度、言葉を切る。不思議に思って片目だけ開けてみる。そこには不敵に笑うトリスがいた。
「僕は普通は望んでいないんだよ? ヴァルツがこの連鎖を途絶えさせると言ったんだ。……終わるまでは、どこまでもついていく。全てが終わったとき、それでもヴァルツが生きてるのなら、お前の最期も見届けるから」
「なるほど。……その未来を実現するために、まずは強くならないとな」
「んふふ♪ そうだね! 強くなるまでは守ったげる~♪」
マリーには言えないこの野望とも見える願いは、きっと、こいつとなら叶うんだろう。いや、叶えるんだ。そのための一歩を踏み出したんだ。



~あとがき~
はい! ヴァルツ編終わり!!

次はもえぎ視点! 本編にもあるように、今のトリスの主はもえぎ。まあ、使うだけならヴァルツも使ってますけど。むしろ、使用権はヴァルツっぽいところあるけども! そうなった理由について語っていこうと思います~♪
ギルド加入辺りからやってもいいんですが、長くなりそうなんで、カットですね……さらっと説明はします。その説明で今回、敵に捕まったうんぬんの話も出しますかね。

代償は使った直後に取られるのではと思うと思います。そこに関しては、神霊の判断ですね。取らないやつもいるくらいなので、払ってねというタイミングで勝手に取ります。予告するのかしないのかも神霊の気分次第です。マリーはいらない派です。とった方が力はあげられるのですが、それでヴァルツに何かあるのは嫌なので、くださいとは言ってません。ヴァルツはあげて強化できるならしてもいいよっていうタイプなんですけどねー
トリスはヴァルツに対して、適当なタイミングで貰ってもいいかと一応聞くタイプ。嫌だって言われても無言で実行します。
ちなみに、雷姫はピカに対してはマリーと似たような感情を持っています。が、必要があれば影響がないところで妥協する感じ。ピカ以外は無言でバンバン貰うんじゃないですかね。はい。

ヴァルツのやりたいことに関しては、察してくれって感じですね。特に説明はしませんし、空と海にも出てくる話ではありません。仮に、ヴァルツ&もえぎを主人公にした話を考え、出すときがあれば分かるかもしれませんが。ここではご想像にお任せします!

ではでは!

空と海 第201話

~前回までのあらすじ~
フィフィが大活躍の日でした。
今後、ヴァルツやもえぎ、フィフィが出ることはない……はず! いやー! やっと終わりが見えてきた気がする! 気がするだけであとどれだけの話数になるのかさっぱりですけど!!
ピカ「予想しまーす。今年中に終わらないに一票」
ぐぬぬ!! じゃあ、終わったら!? どうする!?
ピカ「んー? いや、何もしないけど」
えー……
今回も一応、過激表現、流血等々にご注意を。
ピカ「それは最初に言え!」


大きな騒動が起きている祭り会場から離れた上空に、チルは二人の仲間を乗せて飛んでいた。離脱したと言うよりは、リーダーであるピカからの指示を受けて三人、別行動をしていた。
この命令を受けたのは、敵との交戦が始まって間もない頃。ソルの持つ探検隊バッジに連絡が入った。探検隊バッジに来るということは、チーム内からの連絡であるのはおおよそ見当がつく。ポチャからなのかと思いつつ、前線をコンに任せ、後方へ下がる。そして、バッジの通信を入れた。
「応答、遅れました。ソルです」
『おー……やほやほ~』
「……ピカ、さん? 大丈夫なのですか? というか、今どこに」
『大丈夫じゃなーい。しんどいよー……だから、もう少しだけ寝るけど、やってほしいことがある』
声は確かに元気はない。眠そうな声で、覇気がなかった。仕事のやる気がないと愚痴っているときくらいに覇気がない。
「僕に、ですか」
『ソルだけじゃないんだけどねぇ……コンとチルを連れて、あるところに向かってほしいの。本当なら、私が行きたいんだけど、雷姫ちゃんが駄目って言うからさ~?』
「そりゃ、さっき倒れて寝てたんですから。……それで、どちらに?」
『ヴァルガンの本拠地だよぉ』
「本拠地? あの、今の状況、どこまで把握してますか?」
『んえ~……? なんかうじゃうじゃ敵が出てきててぇ~……変な気配もしてるし、訳わかんねぇっすよ~? 新手のお化け屋敷的なー』
説明になっているのか不明な説明に、ソルは首を傾げる。結局のところ、ピカがどう考えているのかもさっぱりだった。支離滅裂と言ってもおかしくない言動にどうしようか迷っていると、ピカの声が真剣なものに変わった。
『まあ、それでもやらなきゃいけないことは組み立ててる。収めるために……違うな。勝つために、だな。そのために必要なの。……ヴァルガンの組織に潜入して、情報取って来て。んでもって、殲滅してこい。リーダー命令だ』
「ポチャさんには?」
『言わなくていい。私の独断だから。何か言われても適当に流して、このことは伝えるな。……この戦いで、ポチャには何かがあるはず。だから……私の傍に……手の届く範囲にいてもらわないと。守れない』
先程は適当な感じに言われたが、ソルが予想するに全体的に全てを把握しているのだろう。そのため、今足りないものをどうにかして、補いたいのだ。その足として、ソル達を使うつもりなのだ。
「……了解です。チルさんと行動してるフィフィさんはどうしますか?」
『フィっくんはまた別の任務を与えるつもりだから、言わなくても……あー違う。ごめん。言ってもいいけど、言わなくてもいい内容は言うな』
「分かりました。すぐにここから離脱します。離れるのは罪悪感ありますけれど」
『感じなくていいの~……リーダーからのご命令が絶対なの~……ふぁ……んじゃまあ、適当に向かってねぇん……おやすみぃ』
再び覇気のない声で締め括り、プツリと途切れた。ふっと息を吐くと、前線を任せていたコンのところへ戻る。
「おっかえりー! ねえ、全然やられない! どーしよっか!?」
「そんなことより、別の命令が入った。ここを離れるよ」
「そんなことぉー!? あたしのセーキの大発見をそんなことってー!!??」
コンの首根っこを咥えて、さっさと離脱した。この間もじたばたと暴れるため、落とさないように慎重に運ぶ。こう気遣っていることすら、コンは気付かないのだろうと頭の片隅で思った。
「うがー!! あー? ソル、つーしん、来てる!」
喋ろうにもコンを咥えているし、話すためには立ち止まる必要がある。それでは非効率だと思い、出ていいよ、と目で伝える。すると、コンはパッと顔を輝かせた。普段、連絡するのはソルの役目であり、コンから応答することが少ない。強いて言うなら、何かをやらかしたときに、ピカに報告するときだけは自分から嫌々やっている。あとは、全体の連絡くらいであった。そのため、ソルの代わりに出るなんてことは滅多にないのだ。
「はーい! ソルのバッジだけど、コンでーす!」
『コーン! チル、コンだって!』
バッジからはフィフィの声が聞こえてきた。チルと行動を共にしているため、フィフィが連絡してきたのだろう。そうだとすれば、チルは今、飛んでいるということになる。
『あらあら♪ コンさん、元気ですわ♪ ソルさん、私はどちらに向かえばよろしいでしょう?』
「ん~……ん」
少しだけ考えるが、ここから大して離れていないところで集合した方がいい。そう思って、コンをちらりと見下ろした。何が言いたいのか伝わったらしく、ニッと笑ってバッジに視線を戻した。
「あのね、ギルド前だって! あれ、何するの? あたしたち、離脱して逃げちゃうの?」
『ピカさんからの特別命令らしいですよ。詳しいことはソルさんに聞けと言われました。私はソルさんと一緒に行けと言われただけです』
「特別! いいね! 楽しそう! フィフィも来るの?」
『ううん。ボク、別のことやるの。ピカがね、お手伝いするときが来るからって言ってた。……だから、じょーほーせーり? しなきゃなの。だから、一回、基地にもどって、しりょー読む』
ピカはフィフィに何かをさせるために戻るように伝えたらしい。それが何なのかはある程度予測は出来る。が、どうするのかまでは分からない。ソルが理解しなくとも、ピカがどうにかしてしまうのだろう。
『……そいうことなので、ギルドの前で集合しましょう。必要なものもこちらで用意しますわ』
「はーい! 待ってるね。……ソル、他に言うことある?」
ここで伝えたいことは特にない。そっと首を振ると、コンは素直にチルとの通信を切った。そして、バッジを大事に自分のスカーフへとしまいこんだ。この体勢でソルに返すと、バッジを落とすかもしれないと考えたようだ。
「ソル、ピカの指令ってなんなの? というか、ピカ、寝てたんじゃなかった??」
「……」
「あ、そっか。喋れないんだった。着いてから教えてね」
「ん」
この連絡から数分後にギルド前に到着し、そのまた数分後にチルと合流したところで、ソルはピカから受けた命令の説明を二人にした。



~あとがき~
せっかくフィフィをピックアップしたので、他のメンバーの暗躍も伝えてやろうと思いましてね! 時系列からはまた外れますがすぐに元通りだよ。大丈夫大丈夫(適当)
ピカがどっから情報を仕入れていたのかがこれで分かると思います! こいつらからだよ!

次回、ヴァルガンの本拠地に乗り込みます!
殲滅って言われたのでね。あれですよ。察して。

ピカのこの連絡はいつにしたものなのか謎だと思いますが、まだ逃げ出す前ですね。ポチャと会話して、少し時間経った頃だと思います。でもまあ、敵との交戦が始まった直後なので、ピカさんはこのあと逃げます(笑)
また、フィフィがピカからの命令を受けたのもここら辺ですね。詳しいことは聞いてないっぽいので、とりあえず、情報集めしておけと言われたんでしょうな。それをしてからのヴァルツとの連携に繋がるわけです。

ではでは!

幼き騎士は何思う?

~前回までのあらすじ~
引き寄せられたのはヴァルツの親戚達でした。なんなんじゃ……
ヴァルツ「知らん。なんで来たんだろうな」
トリス「あはは♪ 予想出来ていてその台詞は白々しいよ、ヴァルツ?」
ヴァルツ「……」
やだ、黙らないでぇ~……
前回のあとがき通り、戦闘はカットします。ぐだっぐだな戦闘なんて見たくもないですもん!!(私が)
ヴァルツ「私欲……」
トリス「忠実だねぇ~♪ いいね!」


戦闘慣れしていない大人達だったらしく、子供の俺でも簡単に倒すことが出来た。この場から離せば、とりあえずは問題ないらしい。恐らく、あの状態だったときの記憶はなく、何をしていたかも覚えていないだろう。
「マリー、こいつらを外に。それで……」
「はい。事情を聞けばよろしいのですね。すぐに戻ります」
大人数人を一人で引きずりつつ、入口へと向かった。命令しておいて何だが、俺も行った方がよかったのだろうか。しかし、一応はトリスが狙われたのだから、近くで見張っておきたい。マリーは一人でも問題ないだろう。
「俺が平気なのはお前と契約を交わしているからなのか?」
『うん。まあ、それもあるけど、単純に僕との相性がよかったんだよ』
「……」
『あは。嫌な顔してるねぇ♪』
祠の扉を閉め、もう一度辺りを見回す。今まではマリーに周りの情報を探ってもらっていたが、ここではそれが出来ない。自分の勘しか頼れないということになる。トリスに聞いてもいいが、それはそれで癪だ。
「この辺りにふぃーはいないみたいだな。……? トリス、ここに入れば無条件にここに引き寄せるのか?」
『え? そりゃあ、僕のことを手に入れたいって少しでも思っているなら、ここに呼び寄せるけど?』
「思ってなかったら?」
『引き寄せる。そして、美味しく魂を食すだけ』
「結果は同じか。……両者ともお前に操られてるって考えでいいんだよな」
『そおね。意図的にしろ無意識にしろ、そうなるのかなぁ?……えー? 何々?』
「もしかして、ふぃーは……」
そこまで言いかけて、俺は反射的に後ろに飛び退いていた。俺が立っていたところに何かが通過していくのが見えた。
「あの親戚以外にもいたのか」
『僕、あれで全員なんて言ってないしぃ』
「……クズが」
『あっはははっ!! ヴァルツの本音ウケるー!』
「うるさい。誰がいるのか言え」
『マリーじゃないから、細かいところまでは分からないけど、五、六人ってところかな。なかなかの人数かもね』
通過したものが何なのか確認するために、近くの木を観察していく。すると、投擲用の小型ナイフが刺さっていた。完全に一般人ではない。……裏社会の奴らか。
「悪人にも狙われるとは。トリス、人気者だな」
『んふふ。そっちの世界も面白そう♪』
「そうか。そうなれば俺はお前から解放される。いい話かもな」
『あー! やだやだ! 僕は同じ人の子に使われるなら、ヴァルツに使われたいのー!』
抜いたナイフを気配のする方へと投げる。短い呻き声と共によろよろと人が出てきた。丁度、腕に当たったようで、片腕を押さえながら出てきた。種族はニューラだ。
俺は素早く祠の前まで戻り、トリスに触れられないようにする。
「どこの組織だ。ここは一応、私有地と言うことになっているんだが」
「深緑の悪魔を頂きに来た。現所有者が死んだって聞いたんでな」
言動がはっきりしている。少なくとも、トリスを扱う素質くらいはあるのだろうか。
『ヴァルツ程ではないけど。ほらほら、僕のこと守ってよ?』
ふむ。……守るにしても、こちらは武器を持っていない。トリスを使えるわけではないし、マリーは今、ここにいない。マリーが戻るまで、時間を稼ぐしかないか。
「悪いが次の所有者は決まっている。お前たちのような奴らに渡すわけにはいかない」
「だが、今はここにある。……フリーってことだろ? そこを退け。ガキが」
『僕、今まで以上にモッテモテ! モテ期ってやつかな? でもでもぉ、好みじゃないな~? 素質はあっても好きになれないってあるよね? そういう人だな、こいつは』
……じゃあ、食えばいい。というか、その方法なら自分の身も守れるじゃないか。俺が危険を冒してまでお前を守る必要がない。
『いいの? こいつのこと、食べちゃっても。ほら。教育上よくないってあるし。ヴァルツも一応、子供じゃん? 一応!』
「今更、配慮する意味が分からない。やれ、トリス。俺が許可する」
『わは~♪ ここに来て、久し振りのお食事! いっただきまーすっ!』
一度閉めた祠の扉を開ける。そこには変わらず、トリスが鎮座していた。それを見たニューラは突進する勢いでこちらへと走ってくる。俺はぶつかるのも嫌だから、トリスから離れた。
相手からすれば、俺が観念して受け渡したとでも思っているのだろうか。突っ込んできたということは、トリスと俺の会話は聞かれていないことになる。まあ、元々、俺の頭に伝えてきたものだから、他人に聞こえるわけがないか。
「これが……神器!」
無造作にトリスを掴むと、ニューラはゆらりとこちらに体を向けた。そのまま襲いかかるのかと思ったが、体を向けただけでばたりと倒れた。
『私欲まみれで自己中な魂は美味~♪』
「早いな」
『ヴァルツの感覚で言うなら一口だったの』
こんなやつに食われるなんて、なんて儚い命か。……というか、食われるってことは大したこともないのか? しかし、祠から出したトリスをどうしよう。触って代償払えなんて言われたくもない。
『触ったくらいでお命頂戴しないよ! 使わなきゃいいんだから!』
あぁ、そう。じゃあ、戻そうか。
すでに力尽きたニューラの手から簡単にトリスを奪い返す。するりと手から抜けたそれは、近くで見れば見るほど、その彩飾の細かさに驚かされる。昔の人が神格化して崇めてしまう気持ちも分からなくはない。中身はとんでもない奴だが。
「それを離せ」
「……は? まだいたの」
『だから、五、六人はいるんだってば』
忘れてた。そのうちの一人は勝手に死んだけど、残りがいるのか。
声のする方を見て、驚いた。探していたふぃーが捕まっていたからだ。意識はなく、敵に抱えられた状態だが、確かにそこにいる。ふぃーと残りの敵数人はボスっぽい奴がふぃーを捕まえ、残りが俺を囲むように群がる。とは言え、片手で足りる程度しかいないものの、全員が武装済みで素手で勝てるとは思えなかった。
「そのイーブイは?」
「人質って奴だよ。見りゃ分かんだろ?」
そうだろうな。しかし、ふぃーが人質になりえるかは分からないはずだが。
「はんっ! 前、あんたがこいつを助けたのは聞いてんだ。知り合いなんだろ」
……聞いた、ということは、苛めっ子達の中にこういった仕事をする身内がいたのか。なんという運命というか、確率に当たってしまったのか。計算なんてしたくはないから、やめておくけれど。
ボスが引き金を引いた銃をふぃーの頭にくっつける。早くしろと急かし、脅しているらしい。経緯がどうであれ、抵抗するにはふぃーをどうにかしなければならない。仮にマリーが戻ってきたとしても、なんとかなる相手にも見えなかった。周りを突破するのと同時にふぃーが死んでしまう。
『わ~……結構、絶望的なシチュエーションだよね? どうする?』
そうだな。仮にお前を使ったとしたら? お前を渡すことなく、ふぃーを助けられる?
『……そういうシナリオが望みなの?』
聞かれたことだけを答えろ。
『はいはい。今のヴァルツが僕を使ったとしたらでしょ? まあ、問題ないだろうね。けど、本来の契約は先の話。ここでするっていうなら、それ相応の代償を貰う』
その代償はどれだけのものを要求する?
『命は貰わないって保証してあげる。それしか言えないなぁ』
……十分だ。
『あっはぁ♪ いいね、好きだよ! そういう自分勝手で先のことを考えずに決めちゃうところっ! ふぃーちゃんなんて放っておけばいいのに! ううん。そういうヴァルツが好きだよ!』
ぐっとトリスを握り、落ち着かせるために深呼吸をした。これから、俺は掟破りのようなことをする。しなくてもいいことをする。……ただの自己満足のためだけに、こいつを利用するんだ。
「トリス、俺に力を寄越せ!」



~あとがき~
ついにやってもうた……

次回、ヴァルツ視点終了(予定)です!

ヴァルツが払わなくてもいいような代償を払ってトリスを手に入れたのか、それが今回の話で分かりましたね。一定期間が来れば、何事もなくトリスを手に出来たのに、ふぃー……もとい、もえぎを助けるためにトリスを使うことになりました。そんな経緯です。はい。健気なヴァルツですね(笑)
分からないことあれば質問どぞ!!

このヴァルツ視点が終われば、もえぎ視点に移し、さらに時間を変えてもえぎがトリスを手にした話をやるつもりです! ヴァルツ視点ではあれだから。大きな代償を払った理由を語っている(つもり)ので!

ではでは!

空と海 第200話

~前回までのあらすじ~
ヴァルツとピカが別れ、ピカが敵と交戦中!
そして、描写に注意ですぜぇ~……流血、その他過激表現に注意!
ピカ「……今回、注意することある?」
わからん! まあ、言うだけね。
ピカ「注意って言う割には軽いんだよね」
あはは! ここくらいは明るくいかねば、病んでしまいそうです!!
ピカ「書けなくてひーひー言ってるだけでしょ」
そうとも言う……


戦線離脱し、走ること数分。その短い間でも、ヴァルツは目を閉じて回復に専念しているらしい。トリスは話し相手もいないため、黙って走っていた。
そして、救護テント付近まで近付くと、マリーの姿を発見した。その近くにもえぎの姿はない。
「あ、マリー」
「兄様。……あぁ、愛し子よ! なんて無茶を……!」
ヴァルツの姿を見て、どういった状況なのかを完全に理解したらしい。神器と主は心で繋がっているため、様子は近くにいなくとも感じ取れるのだ。それでも、ヴァルツの命を忠実に守って、もえぎをここまで連れてきた。そこは称賛すべきものだろう。
「ねえ、僕に何か言うことはないのぉ?」
「ありません」
「うっわぁ……清々しいほどにキッパリ言うね。いいけどぉ~……ほら、ヴァルツ。ついたよ」
「……ん」
トリスの呼び掛けにうっすらと目を開けた。ふわりと欠伸を漏らしつつ、しっかりと自分の足で立った。数分とはいえ、休憩したことでいくらかは回復したようだ。また、ピカに薬を投与されたことも相まって、回復も早まったように感じる。軽くストレッチをしながら、体の動きをチェックする。問題ないと確認すると、二人と向き合った。
「それで? 雷姫の主に言われたこと、やるの?」
「まあ、そうだな。……マリー、探れるか」
「はい。……問題ありませんわ」
「トリス。お前はふぃーのところへ戻れ。そっちの方が回復も早い」
「えー? ここまで来たら最後までお供したぁい」
「我儘だな。腹が立つほどに」
「愛し子よ、もえぎ様には会われないのですか?」
「会う?……まだ寝てるんだろう? 必要ない」
救護テント付近は怪我人でごった返しているわけではないが、全く人がいないわけでもない。それなりに忙しそうに動いており、怪我の手当てに道具の補充にと奔走しているらしい。ぐるりと見回していると、偶然レンと目が合った。レンも気が付いたようで、ヴァルツの方へと近寄ってきた。
「ヴァルツ~♪ 生きてたんだな~」
「勝手に殺すな。仕事しろ」
「厳しい……っ! あ、もえぎ嬢なんだけど、パパっと手当てしといたよん。命に別状はないから、安心して」
「? 別に心配してないが」
「素直じゃないね」
「あ?」
「そだ。ピカに会った? いなくなったんだけど」
「ピカなら戦場を駆け回っている。……仕事あるから、これで」
レンに背を向けて本部方面へと歩を進めた。後ろでは「会ったの!?」や「マジで!?」といった驚きの声が聞こえてきたが、それに振り返ることはなく、無視して歩いた。マリーがその後を追いかけ、トリスは珍しくヴァルツの指示に従い、二人の後にはついかなかった。我が物顔でテントの中に入り、あるベッドの前で立ち止まる。そのベッドの上ではある人物がブランケットに包まり、体育座りで小さくなっていた。
「やぁ、もえぎ。元気?」
「……うぅ。私、役立たず、です……」
そう言いながら、もえぎが顔だけブランケットから覗かせる。表情から、かなり落ち込んでいるのがうかがえた。
「落ち込むことないよ。もえぎは頑張ったよ~? ほとんどはもえぎが倒したんだし」
「でも、大事なときに、やられて……全然、力になれませんでした。……いつも、そうです。ヴァルさんの、パートナー……なのに」
「僕を所有しているだけでも大したもんだと思うけどぉ……」
「そんなこと、ないです……うぅ……」
もぞもぞと動き、また隠れてしまった。こうなってしまうとしばらくは閉じ籠ったままだろう。トリスは肩をすくめ、もえぎの中に戻っていった。

「愛し子よ、本当はもえぎ様が起きていたこと、分かっていたのではありませんか?」
「分かっていたとして、何になる?」
「愛し子は、お優しいお方ですわ」
「……好きに解釈しろ」
本部へ足を運ぶと、目的の人物を簡単に見つけることが出来た。彼に近付くと、彼も知っていたようでパッと顔を明るくした。
「えと、ヴァルツ……お兄ちゃん! だよね! ボク、ピカに言われたの。お手伝いしてって!」
おおよそこの場には似合わない、幼く無垢な少年は無邪気な笑顔でヴァルツに話しかけた。
「ピカのところの、フィフィ、だったか? 敵の弱点を探るのはいいが、それをどうするつもりだ?」
「うんっ! フィフィだよー! あのね、ボクがみんなに見せるの。ここだよーって! ボクにしか出来ないってピカが言うから、がんばる。……“レーヴ・スリュー”!」
フィフィが腕を振ると彼の周りに多くの水のスクリーンが現れた。ここ一帯の地形が表示され、点滅している丸印が敵の位置なのだろう。これを目の前の子供が行ったのだとすれば、彼もまた、スカイの優秀な一員である。
「これで、なんとなくは、わかる、かな?」
「“レーヴ・スリュー”……あらゆる情報を可視化して、使用者に伝える技。……マナフィって優秀」
「まあ……♪」
「それで、探った情報をお前に伝えるのか」
そう聞くと、フィフィを首を横に振った。少し困った顔をして、ヴァルツを見上げた。
「うりり……言われても、わかんないから、こーするの! せつぞくっ!」
接続と言ったものの、その実、フィフィと手を繋いだだけである。“レーヴ・スリュー”を使用した人と繋がることで、情報共有を行い、それをスクリーンに写し出すことが出来る。つまり、ヴァルツが見つけた弱点を一気にスクリーンへと情報としてまとめあげられるのだ。しかし、それ相応の情報量をフィフィが抱えることになる。普通なら、パンクして絡まってしまうものだが、フィフィならば出来るとピカが確信しているらしい。ヴァルツはそれに乗っかるしかないのだ。
「マリー」
「はい。愛し子よ」
短剣へと姿を変え、情報を探るために目を閉じて集中する。フィフィと手を繋いだまま、片膝をついた状態で全体の敵の弱点を拾い上げていく。
「……初期より、減ってはいる……のか」
『はい。……しかし、ほとんどが偶然によるものでしょう……あと、一分弱で全てを揃えます』
「了解」
「ほわわ~……たくさんだ~♪ えいえいっ!」
ヴァルツが弱点を探り上げ、それをフィフィが新たな情報として更新していく。全てを探り終えたのと同時にフィフィのスクリーンには膨大な情報が写し出された。敵の位置、弱点の位置が事細かに記されていた。敵の位置に関しては、時々変動しているため、動きに合わせて場所もずらしているのだろう。これはヴァルツが敵の位置と弱点を把握している間のみだろうが、それだけでも大したものである。
「えとえと。……これをー……みんなに、見せる! んー! “マーキング”!」
ぐるぐると手を回し、勢いよく拳を突き出した。水色の光が中に上ると、四方に飛び散っていく。まるで光のシャワーのように降り注いだ。
「これで、みんなにも、見えるようになったね! かいじょー!」
繋いでいた手を離すと、フィフィはニコッと笑った。対してヴァルツは、とんだ大者を隠し持っているものだと心の隅で冷や汗をかく。これを口にすることはないだろうが。
「ピカー! 出来たよー!」
どこからか取り出した通信機で連絡をする。交戦中だと返事も返ってこないのではとも思ったが、その予想を裏切ってピカの気の抜けた返事が返ってきた。
『……はぁい。さっすが、フィっくん。私の愛する息子だねぇ~♪ あとでよしよししてあげよう!』
「やったー! ピカも、がんばって!」
『はいは~い。ヴァルツさん、お疲れ様でした。あとは、適当にこっちでやっときまーす』
「……そうしてくれるとありがたいね」
『一生分の働き、したんじゃないですかね♪』
「そうかもな。……ところで、お前、随分余裕あるみたいだが、終わったなんてことはないだろう?」
『そっすね。……結構、面倒です。最悪の場合も視野に入れてますよ。今はまあ、ある種の休憩時間、ですかね?』
何らかの方法を使って、敵の自由を奪っているのだろう。ピカは攻撃技だけでなく、そういった、妨害可能な技もいくつか取得している。
ヴァルツは先程まで戦っていてたどり着いた一つの答えを言う。これは戦っていて得たものと、今まで蓄積してきた情報による一つの予想であった。
「……ふうん。俺から言えることはないが……俺の予想だと、そいつも周りの敵と大差ないように思う。そういった技を使うやつがいるんだ。“ヴァルガン”の上層部に」
『……ですよねぇ。そんな気はしてました。ってことは、明確な弱点なんてないですね。こいつ』
「一種の“ネクロマンシー”だな。周りとそれは別の人物によるものだろう。造り方が違うし、目の前のそれは、本物の人を使わなければあり得ない」
『……ふふ。人が悪いですね? スパッと言ってくださいよ。ゾンビって♪』



~あとがき~
さくっと雑魚処理は終わりました。あとは警備員さん達が適当に駆逐してくれます……!

次回、他のスカイメンバーの話でもするか。せっかくなので!! 時間軸はずれると思います。申し訳ねぇ。
なんかさらっと情報出ましたけど、次回以降で説明しますんでお待ちを。

フィフィはスカイ最年少ですが、立派な隊員です。やれば出来る子! それがフィっくんなのです。
“レーヴ・スリュー”は作中でも説明がありましたが、簡単に言えば、コンピューターみたいなやつですね。スクリーンに見立てるのは水じゃなくてもいいんです。可視化できるような媒体であれば何だっていいんです。重要なのは、使用者の持つ情報……その中でも必要なもののみを一気に写し出し、利用することが出来る点です。他人の情報を写したければ、使用者に触れて情報を思い浮かべれば直接流れ込み、目の前のスクリーンに写る仕組みです。完全サポート技ですね。後方で展開して、後ろで指示出しする的な。そんな技です。
次に“マーキング”ですが、これも似たようなものです。特定のものにマークして、見えるようにする技です。本来の使い方は敵につけて、追跡するときに使用する感じかな? 今回はそれを全員に見えるようにして、弱点を表示するために使いました。
ここまで語ればわかるかと思いますが、フィっくんは完全後方支援型の戦い方を得意としています。もちろん、攻撃も出来るけど、誰かのサポートに回ることが多いです。そんなフィフィをよろしくね!

ではでは!

ただいま!

帰ってきましたよー!! 日本っていいね!!
ということで、先日無事に日本に帰ってくることが出来ました。全体的にトラブルもなく、スムーズな研修になったので、付き添ってくれた先生方もよかったと言っていましたしね。
今回、私が行ってきたのはヨーロッパ! その中でもイギリスですね。イギリスのオックスフォードとロンドン中心に回ってきました。(研修なんて名ばかりの旅行みたいなもんですね←)
飛行機で約11~12時間程なのですが、まあ、しんどいよね。でも、テレビが座席一つ一つについていて、映画を見たり、ゲームをしたり出来て、楽しかったです。帰りの飛行機なんて半分くらい寝てましたし(笑)

今回は6泊8日の日程で動いていました。前半はオックスフォード、後半はロンドンのホテルに泊まってましたね。ホテルに関しては何も言うことはないよ……細かいごたごたはありましたが、快適に過ごせました。

観光地は有名なところをぐるぐるした感じてすね。写真は撮っていたんですが、後半からは面倒になってきてカメラを構えることすらしませんでしたね……まあ、友達が撮ってくれたのでそれがあるからいいか((

f:id:nyanco-sensei:20180912154718j:plain
↑ブレナム宮殿(ブレナムパレス)

2日目の日程で訪れた宮殿です。これ、個人の持ち物で今でも人が住んでいます。案内をしてくれたガイドさんもここで働く人でお世話しているそうな。お屋敷掃除したり、中にある家具を整えたり……もうね、触りたくもない高価なものばかりで凄かったですよ。

f:id:nyanco-sensei:20180905110424j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180905111521j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180905112113j:plain
↑宮殿の中で見た

他にもたくさんありました! なんだろう。異国の地って感じが伝わってきて日本じゃないなって。いや、日本じゃないんだけどね? 日本ではあり得ないなって。雰囲気が。(語彙力)

あとは色んな教会を見ました。シェイクスピア所縁の教会やハリー・ポッターの撮影が行われたところなど! お腹いっぱいだね!

f:id:nyanco-sensei:20180905152602j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180907134902j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180907135519j:plain
↑教会の写真

色々回って、どこがどこだか覚えていないと言う事態に(・・;)
マグナカルタが置いてあるソールズベリー大聖堂なんかも見てきました。文字が印刷かよってくらいにきれいに書かれていて、手書きだって聞いたときはビックリでしたね。

f:id:nyanco-sensei:20180912172418j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180908115933j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180907103850j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180909091245j:plain
↑色々行ったよ!

シェイクスピアの住んでいたお家、ストーンヘンジハリー・ポッターで書かれた駅。(実際は別のところの駅だったらしいけども)タワーブリッジなどなど。

写真はありませんが、ロンドン塔、ピカデリーサーカス、オックスフォード大学周辺などなど回りました。オックスフォード大学なんて言ってもたくさんある中の少しのカレッジを回ったんですけどね。

あとは美術館、博物館。大英図書館なんかも見てきました! むっちゃ楽しい(*^^*)
私の所属する学科が文学部なのもあって、たくさんの美術館、博物館を見学してきました。時間が全く足りなくてゆっくり見たいなって思うくらいです。時間は有限なので仕方ありませんけど。

f:id:nyanco-sensei:20180909110624j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180909151332j:plain
f:id:nyanco-sensei:20180909153834j:plain
大英博物館と自然史博物館

イギリスの博物館等は無料で代わりに寄付金をお願いしているのです。いたるところにボックスが置いてあるのだ。日本もそのシステム入れてみればいいのに……まあ、お金寄付しようって思えるような展示品しないとダメだけど。
日本と比べると、人も多く、賑やかなイメージでした。もちろん、静かに見ているのですけど、何かのアトラクションのようで日本とはまた違う感じでしたね。有名なところをばっかり行ったせいかもしれませんが。

こんな感じで色々な観光地を訪れ、ときにお土産を買い、お金を使いつつも楽しい1週間でした! お金はかかりましたし、準備は大変だったけど、行ってよかったです。





それでは、今後の話を少し。
今週の金曜からは学校が始まります。やったね(泣)
しかしまあ、近い内に何か小説あげます。どれかはわからんけども。そのときの気分ですね。
学校が始まれば、週1~2のペースで出したいと思います。どんな感じのスケジュール管理になるかにもよるけど、最低でも月1は出せると思います。出来るときは増やすけどね。
ここで言ったので、お知らせは出しませんが、そういうことでご理解お願いします。


全く関係ない話をしていいですか。
ポケモンのSwitchめっちゃ可愛いですね!? もうこれ、買うしかないよね!? 買うわ!! ありがとう! ジョイコンが可愛い。なんなのあのカラーリング! ピカブイ可愛すぎかよ!!! ピカブイ最近、押しまくりすぎだろとか思っててごめんなさい。めちゃくちゃ可愛いです。はい。可愛いは正義だよ。うん。
どっかで本体買わなきゃなぁ~……たけぇなぁ……セット売りしないかなぁ……なんて思ってたんですけどね! ありがとう!
ソフトを何にするかは決めてないんですけど、とりあえず、あれだ。買います。学費のために貯めてるバイト代で買います。もう秋学期の学費は払ったからいいよね! ありがとう!!
支離滅裂でごめんなさい。でもね。これだけは言っておきたい。可愛い。これだけは伝われ。以上。




ここまで閲覧ありがとうございました!
ではでは! 

お知らせ

はーい! お知らせです!!
前に少し言ったんですが、校外研修が明日からあるため、更新を一週間お休みします! もうね、日本にいないです。ヨーロッパ方面へと行ってきます! いやぁ……荷作りめんどくせぇ~((
日本語通じないよ。辛いよ。大丈夫なのか私。
まあ、仲のいい友人も参加するし、一人ではないのでなんとかなるでしょう! こういうのは楽しむが勝ちよね。
ってことで、無事に帰ってきたら、帰ってきたよってお知らせしますんで! 一週間以上経っても更新なかったら……うん。察して?

H/K

この研修が終わればすぐに学校も始まるため、更新も週一(理想)に戻るかと思います。
なかなか夏祭り編が終わらなくて頭を抱えてます。ひえぇ~
今年を目標にあいつらの夏も終わらせたいですね。三日間を書くのに二年以上使ってる私です☆
いや、別に開き直ってはないんだけど! 明るくやってこーぜ! 的なね!?
はい。頑張りますよ~



ではでは、皆さん、一週間お元気で! 私も元気に帰ってくる(予定)ぞー! 

☆第16回 ゆるゆるトーク☆

~前回までのあらすじ~
どうすれば元の世界に戻れるのかは分かったらしいけれど、これからどーするんですかねぇ……?
ポチャ「ゆるトークのコンセプトをぼくは知りたい。こんなんだっけ?」
ピカ「あっはは~♪ 絶対違うね!」
うーん。ネタの吐き所かなぁ~?
ポチャ「うわぁ」
ピカ「本編に組み込むことはしないけど、やりたいネタをぶっこんでいくって感じ?」
そう! そういうことだよ!!!
ポチャ「それに巻き込まれてるのか」
ピカ「そういうことだね」


ピカ「おはよ、ポチャ~(*≧ω≦)」パッ
ポチャ「……あ、お、おはよ……(=_=)」ネムネム
(いい笑顔してるなぁ~……
朝はやっぱ、起きれない……こっちのポチャは起きれてたみたいだけど……ぼくは無理……)
ピカ「昨日、変な時間に二度寝しちゃったから、また僕の方が早かったね♪」
ポチャ「うん……そうだね……」
ピカ「今日はどこに行こっか? 場所を任されたのに、こんなこと言っちゃって頼りないけど」
ポチャ「あー……ピカの行きたいところでいい」
ピカ「うーん……そう言われると、たくさんあると言えばあるんだよな。……うぅーん」
ポチャ(ピカが悩んでいる間にしっかり目を覚まさないと……いや、でも、めっちゃ眠い……)
ピカ「じゃあ、あそこにしよ! リュケイオン!」
ポチャ(……リュケイオン? ぼくの世界にもあった気がするけど、名前しか知らないな。どこだ、それ)
ピカ「行ってみたかったところなんだ。君と」
ポチャ「へぇ……ぼ……んんっ。私は名前くらいしか聞いたことないな」
ピカ「あれ、僕、話したことなかったっけ? じゃ、楽しみにしててよ」
ポチャ「自信満々だねぇ」
ピカ「へへっ♪ まあね!
じゃ、そろそろ行こう? 善は急げってね」
ポチャ「あぁ、うん。……いいよ」
(朝から明るいなぁ……ぼくもテンション上げてかないと)

~リュケイオン~

ポチャ「うっわぁ……」
ピカ「その感想はどういう感情なのかな? 引いてるの? 感動してる?」
ポチャ「どっちかって言うと、感動。……えーっと? 『花と水の都リュケイオン』……だって。だから、こんなに自然ばっかりなんだ」
ピカ「綺麗でしょ? こういうの、好きかなーって思ってさ」
ポチャ「うん。結構、好きだよ♪」
(うちのピカは好きだろうな。ぼくは……なんて、言っちゃ駄目だな。うん)
ピカ「この辺、歩いてみよう!」
ポチャ「あ、うん」
(このピカからすれば、デートみたいな感じなのな。でも、ごめん。ぼくは男なんです。いや、もうなんの拷問だよ……!?)
ピカ「あっち、何かのお祭りやってるのかな。それか催し物かな? 見てみよっか」
ポチャ「いいね。面白そうっ」
(さて、どうしよう。このままじゃいけないし、どこかで打ち明ける必要があるんだけれど。……それは今じゃない、よな。少なくとも今日一日は付き合って……いいよね? ピカ、ぼくがいなくても仕事してるかなぁ……いないことをいいことにサボって仕事溜めたり、だらだら堕落生活送ったりしてないかなぁ……)
ピカ「ポチャ? 何か考え事? 君ってばいっつも難しいことばっかり考えるから、ぜーんぜん考えてること分かんないんだぞ?(´・ω・`; )」
ポチャ「ごめんごめん。今日は難しいこと考えないから。……というか、忘れさせるくらい楽しませてくれるんでしょ? ピカ」
ピカ「! もっちろん!」
ポチャ(あー……罪悪感)
ピカ「あ、見て見て! 出店みたいなのがたくさんある。あれだな。フリーマーケット!」
ポチャ「有志団体による催し物って感じだね。色々あるなぁ……生活雑貨から本……アクセサリーまで。何でもどーぞって雰囲気」
ピカ「見るだけでも楽しくなってくるなっ♪ 何か欲しいものあれば買っていこうね」
ポチャ「そうだね~……っと」
(物から見るに、文化的変化は大してなさそうだ。ぼくの世界と変わらない。そもそも、町の名前も変化ないし、小さいことは変わっていても、大きな物に変化はない。となると、歴史の変換みたいなそういう、大それたこともないって考えでよさそうだ)
ピカ「あっ! これ、可愛いよ? 君に似合いそう! 花のコサージュって言うのかな? ほらっ」
ポチャ「えっ…Σ( ̄▽ ̄;)」
(あぁぁぁっ!? そうか!? そういう展開もあるのか! 頭から抜けてた!!)
ピカ「着けてあげるっ」
ポチャ「まっ……ピカ、まだ商品だし、そういうのは駄目なんじゃ……」
店員「いえいえ! 大丈夫ですよ!」
ポチャ「……ソーデスカ」
ピカ「……よしっ! どうっ? スカーフに着けてみたけど」
ポチャ「ど、どうって……よく、分かんない」
店員「お似合いですよー!」
ピカ「ポチャはこういうの、好きじゃないか? 似合ってるんだけどな~」
ポチャ「そ、う……かなぁ?」
店員「モチーフのお花は紫苑です♪ たくさん咲いているときれいなんですよ~」
ポチャ(紫苑……)
ピカ「店員さん、これ、ください!」
店員「は~い♪」
ポチャ「えっ、ピカ!?」
ピカ「君、似合ってるし、プレゼント!」
ポチャ(そこじゃない! 恥ずかしいんだけど! って、あー!!?? 会計してるー! いや、もう、いらないなんて言えないし……仕方ない)
ピカ「よーし! 次行こう!」
ポチャ「あ、うん……」
(すっごい強引……)
ピカ「ポチャは気になるものないのかい?」
ポチャ「うん? そうだね……ん? これ」
ピカ「? 本? というかすっごく古いね」
ポチャ(……家で見たことあるやつか。あれ。地図が付属してある?)
「……えっと、これは」パラパラ
ピカ「色々書いてあるけど、僕は読めないな」
ポチャ(家で読んだものと若干、内容が違う……? そりゃ、世界が違うから些細なことだろうけど。……地図。この地図は見たことがない)
「別のところに保管してあるのか……家の保管庫か? いや、見たことないな。なら、紛失……あ、ん? ちょっと待って?」
店員「熱心に見てるねぇ」
ピカ「あ、ごめんなさい! 立ち読みしちゃって」
店員「いいよいいよ。こんな本ばかりのところ、人なんて来ないから。じっくり見てって」
ピカ「ありがとうございますっ!」
ポチャ(……どっかで、見たぞ? この構図と印の位置……でも、どこで)
ピカ「あ、これ、面白そう」
店員「それはね、ある国の少年少女の物語で…」
ポチャ「……あ、あぁぁぁっ!?」
ピカ「わあぁぁっ!? な、何!? どうしたのさ!」
ポチャ「あ、ごめん。自分の世界に入ってた。……これ、いくらですか?」
店員「うん? ここら辺全部、五百だから五百ポケかな」
ポチャ(やっす。損してるな、それ)
「じゃ、これでお願いします」
店員「……はい。確かに!」
ポチャ「ありがと!」タタッ
ピカ「ポチャ、待ってよ! 店員さん、ありがとうございました! それじゃあ!」

ポチャ「……マジかあぁ!」
ピカ「もー……急に走り出すからビックリしたよ」
ポチャ「とにかく、逃げ出したいというか、叫びたい衝動に駆られて」
ピカ「だから、逃げたの? こんな人気のないところまで?? まあ、いいや。それで?」
ポチャ「これ、なんだろうなって見ていて、思い出した。これ、昔の地形で分かりにくいけれど、七つの秘宝がある場所だ。でも、この本とは全くの無関係」
ピカ「それは何の本なの?」
ポチャ「え? えーっと、ざっくり言えば、ある文明に関する書物、かな? もちろん、歴史的に価値あるものだと思うし、こんなところで売られるのもどうかと思うレベルの。というか、これがなんでこんなところにあるんだ。ちゃんと保管しろ、王様め!」
ピカ「でも、現代語じゃないんだよね? ポチャ、読めるの?」
ポチャ「そりゃあ……何度も読んだし、自分の国の歴史だからなぁ。ってそんなのはいいんだよ。問題はこっち!」
ピカ「……地図?」
ポチャ「さっきも言ったけど、これは七つの秘宝の在りかを示す地図! ぼくらが探したときは謎の小瓶から芋づる式に探しまくったのに! 結構な時間をかけたよ!? あの苦労が水の泡だよ~……ショック……いや、楽しかったけど。あれはあれで! 楽しかったけどもだ! 一年前の話を持ち出すのも変だから! いや、でもさぁ……この安易な宝の地図とか見たくなかった。もっと隠そうよ。そっちの方がロマン感じるじゃん?……ってか、そもそも、本のジャンル違うってところから前の所有者が雑すぎるんだけどな………………あっ」
(完全、素で喋ってたぁぁぁっ!! というか、八つ当たりしてた!? ごめんなさい!)
ピカ「……」
ポチャ「えーっと……」
(これは、忘れてたぼくが悪い……ピカじゃないから、適当な言い訳も浮かばないですね……)
ピカ「こっち」
ポチャ「……はい」
ピカ「……」
ポチャ「……」
(無言。こっちから話しかけるか……?)
ピカ「……」
ポチャ「……」
(いやいや、こっち見てくれない! というか、どんどん町から離れて……)
ピカ「ごめんなさい。あんまり人には聞かれない方がいいと思って、離れてるんだ。……何から知りたい? ポチャ……ポチャ君、でいいのかな」
ポチャ「……知ってたんだね。ぼくが違うところから来たって」



~あとがき~
ポチャが最後まで演技なんて出来るわけがない。

次回、色々謎が明らかになるのではないかと思われ。(何が謎なのかさっぱりやけど)

これが終わったらまたわちゃわちゃに戻したいと思っています。はい。

今回の話、どうなっているのか分かるでしょうか……ただ反転してるわけじゃないんだけども、それは次回以降のあとがきで解説していこうかな。

イブ「出番がない(´・ω・`)
フォース「おれらは蚊帳の外だから」
チコ「ワタシ達で言うなら、ポチャさん以外はほっとかれてるのでは……?」
ピカ「私は最初の前書きにいっつも? 出てるから皆勤賞だよぉ~♪」
イブ「むぅ……ずるいです、ピカさん(・ε・` )」
フォース「次回作はピックアップするよ、多分」
ピカ「特に何も思いついてないけどね~」
チコ「ゆるトーク自然消滅しそうですね」
ピカ、フォース
「それは言っちゃいけないやつや」
イブ「あー……前科ありますし」

ではでは!