satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第30話

「読め」


お、多い。
何冊あるんだろう、これ。
「何十冊って感じですね。これで全部ですか?」
「探せばまだあるわ♪」
まだ一部か……
気の遠くなりそうな作業です。
「ライブ~……これも」
ネーブルさんがフワフワと、本たちと一緒にやって来た。おそらく、“サイコキネシス”だろう。そして、今思ったけど、“サイコキネシス”って、言いにくい。
「ありがとう。ネーブル、まだある感じかしら?」
「う~ん?……うん、あるよー? 持ってくるの?」
と、ネーブルさんに聞かれ、ライブさんはソルさんに視線を移す。
「持ってくるの?」
「持ってくる、でお願いたします」
にっこりと笑顔で返した、ソルさん。
「はーい……この様子だと、ほんとに入り浸るわね。ま、いいんだけどね」
「最悪、寝泊まりしますよ」
「あら、大歓迎♪」
このやり取りを見ていると……この二人も、できているんじゃないだろうか。と、思うのは私だけ?
テトテトと奥に消えてくライブさん。そのあとにフワフワとついていくネーブルさん。
また、ソルさんと二人きり……
が、今はやることがある。
「ソルさん、どれから見ていきますか?……私、古代文字とか、読めませんよ?」
いや、すーくんなら読めるけども。
すーくんに訳してもらう、という方法もあるのか、と言った後で気がついた。
「あ、いや古代文字のやつは保留ですね。ピカさんが読めるので……」
へぇ……ピカさん、古代文字、読めるんだ、スゴい。ほんとにあの人、スゴい。
「なので、読めるのだけでいいですよ。……なんか手伝わせてすいません」
いえいえ! 結構楽しいですし……大丈夫ですよ。出来ることがあるなら、手伝いますし!
「イブさん、ありがとうございます。……というか、コンのやつはどこ行ってんだ」
迷ってたりしないですかね?
ソルさんはふるふる、と首を振る。その仕草が、なんとなく、かわいいなぁ……と思った。
「多分、やりたくないだけです。……こういう作業、嫌いなやつなんで」
あ、そうなんだ。
「ま、いた方が助かりますが、いなくても大したことじゃありませんし……やりますか」
はーい!
コンさんのこと、かる~く、けなされていたような気もしないでもない。まあ、気にしても仕方ないけども。
そんなわけで、コンさん抜きで取りかかることに。
……そういえば、私は今までに、こんな量の本を見たことはない。先ほどまで気にしていなかったが、改めて見てみると、かなりの本の量だ。天井まで本がキレイに並べてある。ネーブルさんが上の方を並べているのだろうか。
この中から、お目当ての本を見つけることは至難の技だ。
もしかして、ライブさんとネーブルさんは、全ての本の場所を把握しているのではないのだろうか。
そう思うと、スゴい人たちだ。
この町にきてから、スゴい、しか言っていないような………?
そんなくだらないことを考えながら、ペラペラとページをめくってゆく。
正直、コンさんが嫌いになるのは、わかる。めくってもめくっても終わる気がしない。
私の中では、すーくんのテンションのさっきまで、上がっていた。(読みたいとか呟いていたし。)が、今は全く声も聞こえなかった。

それからしばらくたった頃。私の集中力パラメータがゼロに差しかかりそうです。
『すぅ、ストップ』
うわっ……ビックリした……
「勝手にしゃべらないでよ……ビックリするじゃん」
『そこ、読んでみろよ』
はぁ? てか、私の言葉は無視か。おーい?
『読め』
……………あい。
すーくんに言われて、(半分、脅しっぽかったが)読んでみる。
が、全く読めない。これ、古代文字じゃないか。うわぁ……少し……いえ、かなーり、無意識だった。流れ作業だったから。
いいわけだな、これ。
「すいません、いじめ? 私に読めるとか思ってんの?」
『え、今更? てか、気づかずに読むとか……バカ?』
否定できないところが、ムカつく。……ま、正論なのだけれど。気づかなかったのは事実だし。言いたくないけど、集中力も切れていたしな。てか、すーくん、私のこといじってるし。
すーくんは仕方ないな、という感じで訳してくれた。
『時を守りし者、宇宙を守りし者、四季を守りし者、規律を守りし者』
……………は?
『前に神の部類つったろ? 守り人ってのは、セレビィジラーチシェイミ、ミュウの四人なんだけど』
へぇ…………え?
「すーくん、なんだけどって……知ってるじゃん。ここにくる前はほとんど知らなかったんじゃないの?」
『おれはおれで調べた。なに、聞かなくていいわけ?』
ごめんなさい! ごめんなさい! 聞きます、聞かせてくださいぃぃぃ!!!
すーくんは、そこまで言わなくていい、と呆れた声で言う。そして、私に守り人についてを教えてくれた。



~あとがき~
まず最初に。
ソルとライブ、できてません。
仲はいいですけどね。

フォースとイブのやり取りは基本的に心の中で行われているので、聞かれませんが、イブがバカ…いえ、ドジったら、バレますよね。イブの声は皆に聞かれますので。
フォースがどこで情報を得たかは、わかるよね♪

次回はフォースの成果(?)と守り人について、ですね。
あと、敵さん、とーじょー?

やっと、敵さん登場です。やっと、堂々とフォースを出せる。
フォース「……………( ̄▽ ̄;)」
ピカとも二度目の接触をさせたいし。
ピカ「マジかよ」
フォース「え、ラル、嫌なのか」
ピカ「フォース君と会うのはいいんだよ。でも、めんどくさくない?」
フォース「そこかよ」
ピカ「そこだよ?」
ピカとフォース、なかなかいい感じだと思うんだけどね。
ピカ、フォース「!?Σ( ̄ロ ̄lll)」
ではでは、次回もよろしくお願いいたします♪
ピカ「なにがいい感じ? ねぇ、どういう意味!?」
フォース「知らね……でも、友人関係だと思いたい」