読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ピカ(ラル)の裏話 その3

ポケダン 裏話

前回までは!
ラル「一つ目に見つかったんだけど」
ジュプ「オレのいない間になにやってんだ?!」
ラル「私のせいじゃないもん!」
ジュプ「…………」
ラル「始めまーす♪」
ジュプ「ラル………お前……」
ラル「私のせいじゃない……よね?」
ジュプ「だと……思いたいがな」
ラル「あの……信じてよ?」

~~~

物語~善と悪~

ラルは直ぐ様逃げようと、きびすを返す。が、ポケモンと人間の運動能力を考えると、部が悪かった。
ヨノワールに攻撃されてしまい、逃げるのが難しくなる。

「………ぐっ」
「逃げられると思うなよ……ラル…貴様といえど、ジュプトルがいなければ、逃げれまい。……更に、手負いとなれば……な」
「なんでこんことするかねぇ……」
「貴様どもが、歴史を変えようとするからだろう?」
「まあ……世界を変えようとしてるからね。歴史も変わるわな」
「なぜ、そんなことをするのだ。正しいと思ってやってるとでも?」
「私的には、正しい、と思っているわ。けれど、それが本当に正しいかは、わからない」

ヨノワールと話しつつも、逃げる機会を伺う。
そして、今まで思っていたことをそのまま、相手に言ってみる。これで、隙ができれば……と考えての行動だ。

「つまり、よ?……誰も……誰一人として…」
「…………?」
「なにが正しくて、なにが正しくない、なんてわからないものだから」
「…………なんだと?」
「私たちにとって、正しくて、ヨノワールたちにとって、正しくない、でしょう? また逆もしかり。だから、正解なんてどこにも存在しない……その行動が正しい、と思えば、それが正解なのだから。……だから、私は自分の信じた道を行く」
「ふん……それは、私のしていることも正しい、と言っているようなものだな」
「そうね。自分でそう思うなら、そうなんじゃないの?……私は否定するけどな」
「私もお前の行動を否定しよう。我々は、身を守るのだからな」
「あっそう? まあ、とりあえず……おやすみなさい、ヨノワールさん♪」
「!?……………これは…」
「私の武器だよ? あ、返してよっと……」
「短剣……だと…?」

ヨノワールとは、かなり近づいて話していたため、ラルの持つ、短剣がヨノワールに刺さったのだ。もちろん、すでに回収済みだが。

「これで死ぬとは思ってないわ。大体、これに殺傷能力は求めてないから。……これは、ただ、逃げるための手段だからね」
「……………くっ」
「でもでも、刀身に毒なんか塗っちゃってるけどな♪ ま、そこまで致死量ないからさ、安心してね?」
「まっ…おまえ…」
「んー? あ、怪我のことならご心配なく。これ、血糊なんでっ♪ これも、逃げるための手段。それでは、いい夢を~」

そうして、ヨノワールから逃げ、家路につくのだった。

帰ってきたラルを見て、ジュプは、「あの手か」と悟り、なにも知らないセレは、かなり慌てていた。
半ば面倒な顔をしながら、セレとジュプに今まであったことを説明した。

「ちょっと……血糊?!」
「逃げるための手段としてね。あ、マトマの実だから。辛いよ? 舐める?」
「舐めないわよ」
「使ったのか……しかし、オレがついていないときに……ラルってやつは」
「私じゃないよ? あっちがつきまとうの」
ジュプトルさん、マトマの実のこと、知っていたんですか?」
「あぁ……かなり幼稚な手だかな。目眩ましにはなるかと……と、いうか、投げるはずだったのだが」
「攻撃してきたの見て、血に見せられるかなぁ……と。でも、痛かったけどね」
「そりゃそうだな……まあ、無事でなにより」
「うん」

そんなこともありながらも、ラルとジュプは、過去の世界へと行く日になる。
最後の確認として、ラルは、目の前の二人のポケモンに聞く。

「これで、この世界は変わる。けれど、それは、私たちの最期、ということになるけど。二言はない?」
「ない。ここまでやってきたのだ。やってやろう」
「失敗しないでよ、ラル♪」
「え、私だけ……? えっと、努力するよ……ジュプ」
「なんだ、ラル?」
「お互い、なにがあっても、やり遂げよう。離ればなれになるかもしれない。どちらかが、捕まるかもしれない……それでも、やり遂げよう!」
「もちろんだ。なにがあってもやり遂げるさ」

二人は硬い決意と共に、 ときのかいろうへと、飛び込んだ。

タイムスリップ中の事故により、ラルは、記憶喪失となり、更にピカチュウになってしまい、ジュプとも離ればなれになる。
が、なんとか再会し、二人はしっかりとやり遂げるのだが、それはまた別の話。


終わり!


セレ「出番ないんだけれど……?」
ジュプ「………………」
ラル「ふにゅ……まあ、仕方ないよ」
セレ「仕方ないよ、ですまないよ?!」
ジュプ「セレビィ
セレ「…は、はい……?」
ジュプ「気にすることはない。なぜなら、一回も出ていないやつらもいるのだからな」
セレ「……………あ」
ラル「ヤミラミ軍団、ドンマイ☆」
ジュプ「ヨノワールは出たが、それも、最後だけだ」
ラル「ですな」
ジュプ「だから、気にすることはない」
セレ「……………////」
ラル「さりげないフォローだね、ジュプ?」
ジュプ「そうか? 思ったことを言っているだけなのだが」
ラル「………だろうと思ったよ」
セレ「……………////」
ジュプ「?」
ラル「さてさて、しめますか。次回は、ピカとして出ると思うから」
ジュプ「ピカチュウとして……ってことか」
ラル「質問内容によっては、私が出る。でもまあ……基本、ピカチュウじゃん?」
ジュプ「じゃあ、人間としては、ここで終わりか」
ラル「…………そうね」
ジュプ「では、次回で」
ラル「ではっ♪」

次回、質問や感想やキャラトークですっ!
ではでは~(*´∀`)♪