読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

ポケダン~約束~ 第7話

ポケダン 約束

~前回までのあらすじ~
ライ「進化途中で止まるってどうよ……って質問からだな」
レア「今回は、回想ですね♪」
ライ「……そうなの?」
レア「そうなんです♪」
ライ「あ、そう」
はっじまるっよんっ♪
ライ「作者、無理すんな。変だから」
あ…あい……( ;∀;)


「進化が途中で……止まる?」
ライから発せられた疑問をショウは、とりあえず繰り返してみる。ライは、眼鏡を取りながらショウに問う。
「で、どう思う?」
「俺、主旨が読めませんが……てか、まず、進化が途中で止まるってあり得るんですか?」
「私は聞いたことありません」
「俺もだ。……とりあえず、ざっと説明するよ」

ライとレアが入った一室は、診察室だ。本来、一人でやるものだが、レアが嫌がるために、ライも一緒に入るはめになった。
しばらく、「やれ」「嫌です」の言い合いをしていると、ガラッ、と扉が開く。そこから、顔を覗かせたのは、雅だった。
「……ライ、レア。患者」
「了解。……レア、やれ」
「うにゅうぅぅ……ふあーい」
ストン、とレアが椅子に座るとライは、白衣をひるがえし、扉に近づく。
「雅、患者さん入れてくれ」
「……わかった」
雅が引っ込み、しばらくすると、二人入ってきた。
一人はブースターで、もう一人は大きさからすると、イーブイだろうか。しかし、マントを身に付けていたために、本当かどうかわからなかった。
「よろしくお願いします」
「どうぞ。診るのは、僕ではないですが」
「あ、はい。……あ、診てほしいのは僕じゃないんですが……こいつです」
「わかりました。……レア」
「はい。……では、こちらへどうぞ」
ライはレアの後ろに移り、ブースターはマントのイーブイらしき人物の後ろに移った。
「……初めまして。レアっていいます♪ 外科医なんですけど、まあ、気にしないでください。あ、お名前を聞いてもいいですか?」
「……イル」
とても小さい声だったが、可愛らしい女の子の声だった。
「イルちゃんですね♪ 可愛らしいお名前ですっ!」
先程まで、診察を嫌がっていた人とは思えないくらいの変化っぷりを見せる。レアはスイッチが入れば、できるのだ。スイッチが入れば。
ライとレアでは、診察風景が違う。人が違うのだから、当たり前なのだが、レアの診察はどちらかというと、子ども向けである。
「では、イルちゃん。マントを脱いでもらってもいいですか?」
にっこりと笑いながら頼むレアだったが、イルは抵抗があるようで、動じなかった。
「イル」
「だって……」
「大丈夫ですよ。私、怖いことはなにもしませんから」
「………ホント?」
「はい♪……あ、私の後ろの人もなにもしませんよ? いい人なんで! ねっ!」
急に話を振られ、ビクッと体を震わせる。
「ライくん、起きてます? 寝てません?」
「寝てないし。ていうか、いきなり振るなよ」
「ビックリしました? 可愛いですねぇ」
「……………はあ?!」
「……まあ、こんな人なんで、大丈夫です」
「大丈夫です、の意味がわからないけど?!……まあ、なにもしないから。イルちゃん、とってもらってもいいかな」
ライとレアのやり取りで、少し安心したのか、こくん、と小さいながらも頷く。
ライは、これも計算か、と考えるが、基本的になにも考えないのがレアだ、と勝手に納得する。
しかし、そんなのんきに言ってられたのもここまでだった。イルがマントを脱ぐと、二人は言葉を失ったのだ。
「……これは……」
「いろんなとこ行っても……わかんないって言われたの」
「ライくん、これって」
「もしかしたら、例のない症例……か?」
「でも、イーブイの大きさのまま……姿はリーフィアって……」
イルは、見た目は確かにリーフィア。しかし、大きさがイーブイのまま、という姿になっている。
ふむ、と考え込み、どうやら、現段階で治療法を見出だすことはできそうにない、と判断する。ライは、そんなことを考えながらイルに触れる。
「……進化したの、いつですか?」
この質問はイルに投げかけたものではなく、保護者と思われる、ブースターに投げかけた。
「進化したのは、先週です。僕は一緒にいなかったのでなんとも……こいつが…妹が帰ってきたのを見て……」
「妹さんでしたか……で、そのあとは?」
「もちろん、近くの診療所に。……でも、先程も言ったように、わからない、と。それで、他を転々としたんですが、同じ答えばかりで」
そして、ここに行き着いた、ということだろう。
「ここは、優秀な先生がいるらしい、と聞いたので……でも、やっぱりわかりませんか?」
その優秀な先生、というのは誰なのかはさておき。
「現段階で治療法を見出だすことは……しかし、原因を探してみます。なにか理由があるはずですから。……レア、お前、担当医よろしくな」
「了解です。……一応、入院、と?」
「そうだな。なにかあるとまずい。よろしいですか?」
「は、はい。……あ、ありがとうございます。ここまでしてくれたの、初めてです」
だろうな、とライは話を聞きながら思った。大きい病院ならさておき、町の診療所や村の診療所ならば、受け入れできない、と答えるものだ。
こんな症例、関わりたくない、と思うだろう。奇病と思われても不思議ではない。
「そうだ。貴方の名前は?」
「あっ……僕は、ロキです」
「最初に言えば、よかったですね。……僕はライ、こっちがレアです。少しの間、よろしくお願いしますね」
「……僕もいていいんですか?」
「もちろん」
ロキとイルは安心したような顔になる。
「………レア、案内してくれ。あと、ノアたち、呼んでくれ」
「了解です」

一通り話終え、ふう、と息をつくライ。
「まあ、今いるんだけどな。……で、ここまで話しといてなんだが、質問ある?」
「はいはーい! ライ先生、質問です!」
「はい、ノアさん、何ですか」
「根本的に、進化ってどうなってるんですか! なんていうか……原理がわかりません。てか、進化ってなんですか?」
「………他の質問あるひとー」
「無視すんなあぁぁぁ!!」
ノアは叫びながら、ライを殴る。今回の技は“きあいパンチ”だ。
「いっってぇ!!……てめっ、ふざけてんの?! バカなの? ねぇ!」
「無視する方が悪い」
今まで黙っていた、雅がパタン、と本を閉じる。
「ライ、教えてあげれば? 今回のは、あった方がいい知識だと思うのだけれど?」
「そうっすよ。ライ、よろしくお願いします」
「ショウはともかく。……雅、お前、知ってんじゃねぇだろうな」
ライに見られ、ふいっ、とそっぽを向く。
「………………知らない」
「嘘つけ! 知ってる顔だよ?!」
そう雅に突っ込み、はあ、とため息をついた。そして、外していた眼鏡をかけると、皆に向き合った。
「お前ら、しっかり聞いとけよ!! 二度は繰り返さん!」



~あとがき~
ライは診断医というお医者さんです。
まあ、ほんとは内科医なんですか。
レアは外科医。基本的に怪我の治療や、手術が主です。
ノアは薬剤師とカウンセラーです。
雅も診察とか治療とかできなくはないですが、面倒なので、やってません。探検隊のみです。
ショウは完全素人です。こちらも探検隊のみ。

次回、進化ってなんだー……みたいな。
ライの授業です。
本家とは関係ありませんからね!
できれば、審議的なのも。

雅「………ねえ、ノア」
ノア「なあに? 雅」
雅「なんで、ライを殴るの?………技で」
ノア「ノリ」
雅「……………“おうふくビンタ”とかじゃ、ダメなの?」
ノア「ダメダメ。ダメージが小さいもん」
雅「…そ、そう……」
ノア「技といえば、雅はなんの技が好きなの?」
雅「………“イカサマ”………相手の攻撃力を利用するから」
ノア「それって、ある意味……あたしより、たち悪いよ?」
雅「そう?……ノアも“イカサマ”、使えば?……ライも攻撃力、高いもの…」
ノア「確かに!」
ライ「………?!Σ( ̄ロ ̄lll)」

ではでは♪