satomiのきまぐれ日記

二次創作ポケモンストーリーをいくつか連載しています。他、日記とかをちょいちょいと

空と海 第13話

「黙れや、鳥」


「うわぁ……おっきい……」
チコちゃん、開いた口がふさがらないようで。……まぁ、私もだけれども。
おっきいプクリン……の形をした建物です。これが、ギルドかぁ……始めて見たぁ……あ、入口に柵がしてある。
「ようこそ、プクリンギルドへ!」
ポチャさんが私達に向かって言った。
おぉ!! なんか、やる気が出てきた気がするなぁ……とってもワクワクする!
でも、どうやって入るのかな……
そんな私をよそにピカさんはチコちゃんに指示をしていた。
「じゃ、ここ乗って。まずはチコちゃんから」
「ここって……これ!?」
チコちゃんが驚くのも無理はないだろう。だって、落とし穴みたいな穴に柵みたいな感じので落ちないようにはなってるけど……あぁ……なんて説明すれば……
とにかく、怖い。いたずら?
「あー、大丈夫、大丈夫。落ちたり落とされたりしないから」
「は、はい……よ、よし!」
そーっと乗ったチコちゃん。
ポケモン発見! ポケモン発見!」
うわぁ!! どこからか声が!? ってか、ポケモンって言う人もいるんだな……まぁ、人発見とは言わないけど。
「誰の足形? 誰の足形?」
「足形はチコリータ! 足形はチコリータ!」
へぇ……足形見るんだ……なにがわかるんだろう? 種族しかわからないんじゃ……
「チコちゃんいいよ。次、イブちゃん」
あ、はーい……
落ちないとわかっていても……ね。身が引けます。
でも、そんなこと言ってられないので、そろり、と乗る。
ポケモン発見! ポケモン発見!」
「誰の足形? 誰の足形?」
「…………え、と……イーブイ?」
あ、詰まった。
横を見てみると、ピカさんとポチャさんは笑ってる。チコちゃんはハラハラしているみたい。
「しっかりして!!」
「はぁい!! イ、イーブイだと思います……多分……です」
なんか、かわいそうになってきた……
イーブイってここら辺じゃ見ないんだもーん!! わかんないよぉ……」
あわわっ!! なんか泣きそう……
恐らくギルドの人達であろう二人の会話を見かねたのか、ピカさんが穴に向かって説明し始めた。
「やっほー、聞こえる?」
「あ、ピカさん!! 帰ってきてたんですか!?」
「うん、今帰ってきた! この子はイーブイだよ! 自信もっていいよ。あと、悪い子たちじゃないからね」
「そうですか! よかったぁ……」
なんとかなりそうです……ふぅ。
「リムー、聞いてたでしょ? 開けてよ」
「ピカさんが言うなら……では、開けるので少々お待ちくださいね」

ふぇー……広いなぁ……
現在地、地下一階。それなのに明るいのは窓がついているためだろう。
なんか、いっぱい人がいるなぁ……
「あ、スカイの二人じゃんか」
「いよーす。最近、どうよ?」
「依頼をこなす日々だよ。お前らは?」
「私達もだよ。いい情報ないからさー……じゃあ、親方に用があるからこれで」
「おう、じゃあな」
ザングースサンドパンとストライクの探検隊だろう、という見当しかつかないんだけど……
誰ですか?
「チームかまいたちの三人。ここは、ギルドの人じゃなくても、出入りしているところなの」
ふへー……
「ここで、仕事を探したり、情報交換したりするんだよ……あ、この仕事やりたい」
ポチャさん、説明しながら、掲示板みたいなところでなんか見ている。
仕事って言っていたから、仕事の掲示板なんだろうけど……両わきにあるんだよね。なにか、違いでもあるのかな?
「私達から見て、左側……ポチャがいる方が普通の依頼掲示板。右側がお尋ね者の依頼掲示板」
へぇ……そうなんだぁ……
「そろそろ降りよっか。ポチャ、行くよ」
「はーい」

現在地、地下二階。地下一階とは違い、ガランとしている。ピカさんとポチャさんは迷うことなくある扉の前に止まった。
「チームスカイのピカです」
「同じくポチャです。入ります、親方様」
ピカさんとポチャさんの二人が入るという意思表示を見せ、ピカさんが扉を開ける。迷いがないのはよく来ているからだろう。でも、こっちは違う。
……すごい怖いです。躊躇なく開けられると、心の準備がぁ!!……という心の叫びが二人に聞こえるわけもなく。
「失礼します。親方様、ピカです……あ、鳥」
「む、ピカか。何の用だ」
「黙れや、鳥。お前に用はない。親方は寝てるのかな……」
正面に後ろ向きの人がいる。きっと、その人が親方様なんだろうな……
で、鳥、と呼ばれたペラップさん。お怒りのようで……翼をバタバタと羽ばたいている。
「ピカ! ごめん、ペラップ……親方ー! 起きてください! ギルド入門者達を連れてきました!……親方?」
ポチャさんにそう話しかけられた、親方様は急にくるっとこちらを向いた。
「やぁ!! 久しぶりだね! ピカ、ポチャ。ギルド入門者? うんうん、一緒に頑張ろうねっ♪」
あれ? なんだろう、この脱力感は。
このほんわかしている人が……その、親方様?
種族については見当がついていた。
プクリンギルドだから、プクリン。そこまではいい……いいんだけど……
こんなほんわか雰囲気だなんて聞いていない!! もっと怖い人かと思っていたのにっ!! なんか損した気分になるのはなぜ……?
「キミ達、名前は?」
「い、イブです……」
「チコです! でも、これは本名じゃないです」
「うんうん、構わないよ。ピカに聞いたんだよね? じゃ、説明はいらないかな? ではでは、チーム名を決めよう♪」
思っていたよりもとんとん拍子で決まっていく。逆に恐ろしいくらいです。
チーム名?……あ、ピカさん達のスカイ……みたいなやつですか?
「そうだよー♪ あ、なんでもいいからね?」
なんでも……と、言われると……困るなぁ……どうしよっか、チコちゃん。
「うーん……イブに任せるよ。ワタシ、こういうのへたっぴだからさ」
そっか……じゃあ、私が。えっと……ピカさん達はスカイ……空だよね……
「じゃあ、海……オーシャン……?」
「イブ、それいいね! それにしようっ!」
ちょっとした対抗心だったけど……尊敬の意味も込めて……ね?
うん! よし、決まりました!
「なにかな?」
「私達は……チーム“オーシャン”です!」



~あとがき~
題名の意味がわかりましたね~(*´∀`)
そうです! ピカ達のチーム名とイブ達のチーム名でした。
大体、わかってる方もいると思いますが……メインキャラは、ピカ、ポチャ、イブ、チコ、フォースの五人です。

次回は、今度こそトレジャータウンへ!
施設の案内をします(*´∀`)♪
本家ポケダンとは、メンバーが違うのでご注意を!
ギルドについては、メンバーは少しだけ違いますが……
では!